【歴史戦】「歴史を学ぶべきなのは習近平の方だ!」中国の歴史ねつ造を批判したエコノミスト紙の記事に対する海外の反応

file0001161151278

対日戦勝70周年を記念して予定されている中国での軍事パレードにからみ、歴史の教訓を汲み取るべきなのは、むしろ習近平だと主張する記事がエコノミスト紙に掲載されていました。中国サイドにしてみればとうてい受け入れがたい内容だったらしく、コメント欄は記事を批判するコメントで埋まっていました。

スポンサードアド

天安門事件を忘れるなTシャツ

【以下、記事の要約】

習近平国家主席は歴史の教訓を学ぶべきだ

過去の歴史を改ざんし、現在の侵略を正当化する中国共産党

9月上旬、習近平は北京で大規模な軍事パレードを行う。第二次世界大戦における勝利を記念し、同時に日本の侵略戦争で犠牲になった1500万人の中国人の功績を讃えるのが目的だとされている。たしかに中国はあの戦争でソ連と並び多くの犠牲者を出した。その熾烈な戦闘を戦い抜いた中国兵の勇気と歴史的な役割は中国にとって記憶すべき重要な史実であることは間違いない。

しかしながらこのパレードはたんに過去を回顧するためのものではない。それは、強大な軍事力をもつ大国となった中国の存在感を内外に示すためのデモンストレーションでもある。近隣諸国にとって、それはまるで戦前の侵略的な大日本帝国が再び現れたかのようでもあり、新たな不安の種を生み出している。近隣諸国が不安に思うのも無理はない。中国共産党は、過去の歴史を自らの現在の行動を正当化する道具として利用しているからだ。

中国に都合よく解釈された歴史

習近平中国のロジックはこうだ。中国は日本の軍国主義をアジアから追い出した。今のアジアの繁栄はその結果である。一方、日本はいまだ軍国主義を完全には捨て去っていない。このままでは日本は再びアジアの脅威になる可能性がある。それに対して中国はいつでも対抗できるよう準備をしておかねばならない、というものだ。

ここには巧妙な嘘が隠されている。ひとつは、当時、日本軍と戦ったのは共産党軍ではなく、国民党軍だったことだ。もうひとつは今の日本はもはやかつてのー南京大虐殺や慰安婦の強制連行、残虐な人体実験を行ったようなー凶暴な国ではないということだ。

たとえ、日本が過去の歴史を十分に反省していないとしても、今の日本にはかつてのような侵略国家になる力も意志もない。なによりも1945年以来、日本が一度も侵略的な武力行使をしていないことがそれを裏付けている。

一方的なレッテル張りの危険性

中国が日本を悪玉に仕立てることは公平でないばかりか、危険でもある。ナショナリズムというものはいつ巨大な炎となって燃え上がるかわからないからだ。これまでのところ、尖閣諸島における両国の紛争は幸いに威嚇レベルで終わっている。だがこれにしてもいつなんどき不測の事態が起こらないとはかぎらない。

東アジアでは戦争の傷跡はまだ癒えていない。朝鮮半島や台湾海峡はいまも事実上戦時下にあり、いつ火を噴くかわからない。しかも、アメリカはいつでも助けにこれるとはかぎらないのだ。

他のアジア諸国は、中国の野心がいつかアメリカとの衝突をひきおこすのではないかと心配している。もし東シナ海で日本と中国の武力衝突が発生したら、もし南シナ海で中国が滑走路を建設したら…。彼らはそうした事態が最終的にアメリカを巻き込んだ大戦争へとつながってしまうのではないかと懸念している。

戦後の東アジアはヨーロッパとは違い、いまもなお不安定だ。そこにはNATOもなければEU、ヨーロッパ連合もない。かつての侵略国を寛大に許し、平和のために共に努力するフランスのような国もない。そこにあるのはとうていひとくくりにはできない、経済的、政治的、文化的に互いに異質な国々だ。そこに台頭してきた巨大な独裁国家が自らを犠牲者だと言い張り、また将来にその弁済を求めるかのような行動をとっていることは、そこに生きる地域の人々にとって新たな不安の種でしかない。

東アジアで覇権を確立しようというのであれば、中国は必要以上に過去にこだわることをやめ、現在そこにある問題に対しいかに建設的にふるまうかを学ぶべきだろう。またこの地域での安定に貢献したいというのであれば、習近平国家主席は、自分自身歴史の教訓をきちんと学んでいるということを明確に示すべきだろう。さもないと同じことの繰り返しになるかもしれない。

 

元記事→

 

広告

【以下コメント】

●悪意に満ちた記事だな。中国は200年もの間、他国の領土を侵さなかった国だ。それがちょっとした軍事パレードをするからといって、そこに他国への侵略の意図を読み取るのは馬鹿げている。海軍力を増強しているというが、それは中国の通商路を確保するためだ。それによって14億人の生活を安定させ、さらにそれに依存する世界経済を安定化させるためだ。中国はアジアのインフラ形成に投資し、域内の貿易を活発化させ、そこにある国々の生活を向上させようとしているだけだ。+8

 

●中国の歴史は、周辺の民族や国を次々と奪い取ってきた侵略の歴史だ。しかし彼らの歴史書にそうは書いていない。中国は攻撃され、レイプされ、殺されたと書いてある。それが中国という国なんだよ。+4

 

●一番謝罪すべきなのはアメリカだ。アメリカは多くの国々を破壊したまま貧困に苦しむ民衆を放置している。+3

 

●英国はその残虐な植民地支配をけっして反省しない。やつらはアヘン戦争で中国を苦しめ、インドを奪い取り、さらにまた中東やアフリカを好き勝手に切り取った。+6

スポンサードアド

 

大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)

新品価格
¥648から
(2015/9/2 05:55時点)

●くそ記事だな。中国への偏見以外のなにものでもない。中国が地域の不安定要因だと? 日本の侵略は棚にあげてか?+5

 

●とんでもねえ記事だな。どっからつっこめばいいのかさえ分からないほど間違いだらけだ。+6

自虐史観撲滅カレンダー2017

 

●中国は2002年にアセアンと結んだ協定を無視して海洋進出を進めている。南シナ海は第二のチベットになるだろう。+6


せいぜい徴兵されないよう泣きわめいていればいいさ。+2

 

●筆者はなんで日本の立場に立ってるんだ。日本は侵略者だし、虐殺者だぞ。それに第二次世界大戦の犠牲者は中国だけだ。+9

 

●この記者は、中国の危険性ばかり強調したいようだが、日本はどうなんだ? 日本の政治家たちはいまも靖国神社を参拝しているが、それはスルーするのか?+19

 

●歴史は繰り返す。戦後世界の平和を脅かす新しい形のファシズムが出現しつつある。習近平、プーチン、メルケルなどがその体現者だ。このネオファシズムは、戦前のファシズムとは無関係なところから生まれた。彼らの支持者は、「謝罪しろ!」「虐殺を認めろ!」と言ってこの新たなファシズムを煽り立てている。+0

 

●中国は西フィリピン海を奪い取ろうしている。いかなる歴史的な根拠もなく、そこが「東シナ海」と呼ばれているというだけの理由でね。中国がかつての日本と同じ道をたどっているのは間違いない。しかしその先には、同じような悲惨な結果が待っているだろう。歴史の教訓を汲み取らないものは同じ過ちを繰り返すというが、僕はそれに「歴史を歪めるやつも」という一言を加えたいね。+3


南シナ海でフィリピンはどんな貢献をしたっていうんだ? 戦時中、南シナ海の島々は日本が占領していたが、日本敗戦後、それらの島々を奪い返したのはアメリカの同意を得た中国だ。それが、中国に主権がある揺るぎない証拠だ。むしろ島々を奪おうとしたのは、フィリピンの方だ。フィリピンは被害者のふりをしているが、早晩、そのつけは回ってくるだろう。+16

●「中国は近隣諸国を侵略しようとはしていない」っていうけど、記者は歴史を知らないのか? 中国の歴史は侵略の歴史だぞ。+15

 

●中国は台湾を武力で威嚇している。今後、中国国内に混乱が起こったら、台湾はすみやかに独立を宣言するだろう。アメリカもそれを支援してくれるはずだ。+9

 

●習近平は、当時日本軍と戦ったのが国民党軍と共産党軍の両方だったことを忘れてしまったようだな。そしてそのもう一方の国民党はいまや別個の国を持っている。台湾という国をね。+0

 

●中国は日本の侵略を声高に叫んでいるけど、彼らはみずからの侵略の歴史については触れようとしない。これは馬鹿げている。もし他民族への残虐行為を糾弾するのなら、もっとも糾弾されなければならないのは中国だ。以下はその女性たちが強姦され、その子供たちの肉が食べられ、その人々が大量虐殺され、そうして中国に併合された民族のリストだ。
1、壮族 2、満州族 3、回族 4、苗族 5、ウイグル族 6、土家族 7、彝族  8、モンゴル族(以下略)+7

↑彼らはみな中国人だ。中国が56の少数民族からなっているのは常識だよ。+5

彼らは中国に征服されるまで中国人ではなかった。中国政府は彼らを中華民族としてひとくくりにしようと試みている。だけど、いまのところそれはまだ成功していない。だから彼らは中国人ではないんだよ。+2

 

●「東アジアはヨーロッパに比べて不安定だ」っていうけど、1000年単位の歴史でみれば東アジアはむしろ安定していた方だぞ。たとえばインド人と中国人は5000年にわたり、混住してきた歴史があるが、そこでの領土紛争なぞヨーロッパのそれと比較したらほんのささいなものだった。+12

 

●西側では中国と違い、政府自ら国民を洗脳する必要はないようだ。代わりに大勢のジャーナリストがうまくやってくれる。+13

 

広告

 


日本軍と戦ったのは共産党軍ではなく、国民党軍だったということが最近、欧米人ジャーナリストの間にも少しずつ知られてきたようですね。まずは一歩前進というところでしょうか。

暗黒大陸 中国の真実

新品価格
¥1,944から
(2015/9/2 23:02時点)

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑