「日本は沖縄を独立させるべきだ!」『永遠の0』を批判するNYTの記事に対する海外の反応

195673775_624

日本で大勢の観客を動員することに成功した百田尚樹原作の映画『永遠の0』。それを軍国主義復活の兆しとしてかみついたニューヨークタイムズ。そのコメント欄に、日本を非難したい側と日本を弁護する側による賛否両論のコメントが上がっていました。さていったいどんなコメントがついていたのでしょうか?

スポンサードアド

参照元→

 

【以下、記事の意訳】

右翼勢力が勢いづく日本

この映画は神風をテーマにしたものだ。ある若者はこの映画を3回観たという。そこに描かれている若者は、いまの若者たちが「草食系」と揶揄されてるのとは対照的にとても男らしい。この『永遠の0』という映画は、日本で大ヒットとなる勢いだ。

映画を観た安倍首相は「感動した」と語った。原作者は百田尚樹。安倍首相にも近く、昨年NHKの経営委員を務めた人物だ。百田は右翼的な言動でも知られている。東京都知事選の際、右派の田母神俊雄を応援したこともある。また南京大虐殺はなかったといって物議をかもしたこともある。

映画の上映と軌を一にするように日本は、神風をユネスコの世界記憶遺産に登録しようと準備している。対象となるのは、特攻隊員たちの手紙や日記、詩などだ。

これらの資料と映画はいずれも神風パイロットの真実を正しく伝えていない。日本の右翼勢力は、彼らが祖国のため自ら志願した英雄であると主張している。映画でも当初、特攻に反対し家族のために生き延びようとした「臆病」な主人公が最後にはいさぎよくミッションを遂行したことで真の英雄として描かれている。ユネスコに申請される予定の特攻隊員の手紙類もそうした「英雄譚」を補強するものと位置づけられている。

しかし、歴史家のエミコ・オオヌキ・ターニイによれば、多くの特攻隊員は事実上、志願するよう強制されたものだという。彼女はまた特攻隊員の手紙は厳しい検閲下で、場合によっては強要下で書かれたものではないかと疑っている。

韓国と中国がこれに抗議したのはいうまでもない。またこれに対抗して南京市当局は、南京大虐殺を同じユネスコの記憶遺産に登録しようと準備している。中国が、原作者である百田尚樹の言動に注視するのには理由がある。百田の仲間であり同様に日本の侵略戦争を否定している田母神俊雄は、以前、東京都知事選に立候補した際、当選こそ逃したもののかなりの票を集めた。朝日新聞によれば、20代の若者の20%ほどが彼に投票したという。

 

img_0

 

広告

 

【以下コメント】

●日本は危険な場所に向かっているように見える。日本の右翼は旧日本軍の蛮行を否定しするばかりか、美化してさえいる。
神風パイロットは、いまの自爆テロとなにも変わらない。
日本の若者は海外で歴史を学ぶべきだ。そうすればいつかこの反動的な流れが元に戻るだろう。そうしないと過去と同じことを繰り返すことになる。+42

 

●特攻隊の手紙は、検閲されていたし、ときに模範的なことを書くよう強要されてもいた。これは日本の文化の中にある悪弊だ。日本人は他人を騙すことはもちろん自らを騙すことを何とも思わないんだよ。+4

 

●東京の靖国神社を見学した時のことを思い出す。そこには特攻機とともに人間魚雷が展示されていた。解説文にはこう書いてあった。「いまの日本が自由で豊かなのはこの人たちのおかげです」。これこそ歴史のねつ造というものだよ!+31

 

●この記者は、エミコ・オオヌキ氏以外の人からもコメントを取るべきだった。もしエコノミストが、特定の国(たとえば中国と韓国)の利益を代弁する新聞社じゃないと言い張るならね。+5


中国のせいにするべきじゃない。そもそも日本は敗戦国であり、世界からみれば仲間はずれなのだ。そうした状況から脱却したいのなら、日本は過去の戦争犯罪を真摯に反省し、軍国主義の途上で無理矢理奪い取った沖縄を琉球民族に返すべきだ。アメリカをはじめ国際社会から許しを得るためには、それ以外に道はない。そうしなければ、日本に未来はないだろう。+3

 

●神風の話は、ヒトラー晩年のエピソードを思い起こさせる。1945年、ソ連赤軍の猛攻を避けるべく、ヒトラーは防空壕に隠れていた。防衛にあたっていたのは、まだ10代のヒトラーユーゲントたちだった。そしてヒトラーはわざわざ防空壕から出てきて、彼らに謝意を示したんだ。
しかし、枢軸国ってはなんでまた負け戦とわかっていながら、未来ある若者を無駄死にさせたんだろう?+22


彼らは国民の命などなんとも思ってないからだよ。彼らはただ自分たちの利益と野心しか頭にないんだ。彼らが滅んだのもそのためだ。日本人が過去の過ちに学ぼうとしないのはとても悲しいよ。+2

 

●神風パイロットの孫たちは祖先の愚かさを学ばないばかりか、いまもその行為を美化している。
たしかフランス人の哲学者(名前は失念したが)が言っていたけど、日本人は他のどの民族よりも野蛮らしい。
それと日本人の多くはアメリカには負けたが、中国には負けていなかったといまも信じている。これは危険な考え方だ。
日本が敗北した最大の理由は、中国戦線で中国軍の執拗な抵抗に悩まされていたからだ。
それと原爆が投下されたのは、日本軍がなかなか降伏しなかったからだ。それは自業自得だった。
問題なのは、原爆を口実に自らの戦争責任をごまかしていることだ。原爆の悲惨さを誇張することで、日本はまるで過去の罪過がすべて帳消しになったかのような態度でいる。
しかしたったふたつの都市で起きた100万にも満たない犠牲者をもって、中国大陸で犠牲になった4000万の中国人犠牲者と比べられるものではない。
しかも中国は戦後、日本人を中国大陸から平和裏に帰還させた上、さらにその国土再建までも手伝った。
日本がこうした恩を忘れ、ふたたび中国と戦争するというのであれば、いたしかたない。悲劇はもはや覚悟の上だ。
中国はかつての清朝のような腐敗した国ではない。アメリカでさえ、核戦争になるのを恐れて、いまの中国と事を構えようとはしないということを忘れるな。+24


ちょいと突っ込ませてもらうが、神風パイロットに孫なんていたのかね? ほとんどが20代前半だったはずだろ? それと日本兵の中国大陸からの帰還事業にはアメリカも一枚かんでいたよ。台湾の再占領もアメリカによるものだ。+22

 

●神風は馬鹿げているし、むしろ臆病な行為だ。現在の自爆テロの元祖でもある。
日本が神風を世界記憶遺産に申請することは、第二次世界大戦を戦った英雄たちを侮辱する行為であると同時に、911の犠牲者を公然と侮辱する行為でもある。
安倍首相は日本を再び軍国主義の国にしようとたくらんでいる。日本は平和への脅威となりつつある。+33

スポンサードアド

 

●記事がいうことには賛成だ。けど若者に責任はないと思うな。いまの若者はただ歴史を知らないだけだからね。重要なのはただしい歴史教育を行うことだ。日本政府はそうする責任があるし、国際社会もそうさせる義務がある。+35

 

●中国政府は南京大虐殺をダシに、日本の軍備増強を戦前の軍国主義に無理矢理むすびつけようとしている。同時に日本がかつての敵国であることを思い出させることで日米同盟に亀裂を入れようとしている。しかも、その陰で東および南シナ海で海洋進出を強めているんだ。

中国は南京大虐殺を非難する一方で、大飢饉、文革、天安門事件など自らが働いてきた残虐行為には目をつぶっている。その犠牲者は65000万人にものぼる。

自虐史観撲滅カレンダー2017

なかでも看過できないのは、チベットでの虐殺行為だ。チベットでは総人口の2割にあたる120万人が虐殺された。そしていまも民族浄化政策が進められている。これはボスニア・ヘルツェゴビナでのそれなど児戯とも思えるような大規模なものだ。これはあきらかに人道に反するホロコーストだ。これをホロコーストと呼ばずして何をそう呼ぶのか?

南京大虐殺は冤罪だ。もし司法の独立が保証された国に住んでいるとしてだが、君たちは裏付けのとれない証言だけで容疑者を有罪にするだろうか? そこには、嘘くさい証言以外、写真や映像もふくめ、いかなる信憑性のあるデータも存在しない。中国政府は、世界最悪の独裁国家だ。そんな中国が発信するプロパガンダに騙されてはならない。+4


たしかに中国はおせじにも立派な国とはいえないよ。だけど君らの国はどうなんだ。安倍政権という独裁政権のもとにある日本だってそんな立派な国じゃないだろう。
そもそも君らの国は独立国家なんかじゃない。アメリカの属国だ。なぜそうなったかわかるか? 君らが戦争中に、ひどいことをしたからだよ。
それに君らがいくら否定しようと歴史の真実は変えられない。いまの中国政府が良いか悪いかはそれと無関係なんだよ。
+22

 

広告

 

●なんでまたこんな映画で騒ぐ必要があるんだ。このくらいの戦争映画なぞ、日本ではいくつも撮られているぞ。最近では右派で有名な石原都知事が作った右翼映画だってある。それに中国では抗日映画やドラマなど山ほど作られている。それと何が違うっていうんだ? そもそも神風は敵艦を狙ったものだし、また多くの場合、実際に犠牲になったのはパイロット自身だ。中国人の視点からいうけど、神風なんて別に問題にするほどのことじゃないよ。

 

●もうひとつ重要な点は、この神風がアメリカに原子爆弾を使う口実を与えたということだろうな。+18

 

●南京大虐殺を非難する人が多いが、日本統治下の台湾で起こったいくつもの「ミニ南京虐殺」については残念ながら知る人すら少ない。日本が木材や鉱物など台湾の資源をほとんど枯渇寸前になるまで搾取し、それに抗議した住民を無慈悲に虐殺したという史実を知って欲しい。+26

 

●映画はどうか知らないけど、本を読んだ限りでは、原作はとてもよかったよ。映画だけをみてその作者に極右というレッテルを貼るのはフェアじゃないと思う。原作では、戦争に対してはむしろ批判的に描いているし、主人公も狂信的な兵士ではなく普通の、それも馬鹿げた戦いを強いられていることに自覚的な兵士だ。これが極右的な作品だと決めつけるのには違和感が残るよ。+4

 

●ヒロヒトをはじめ日本のファシストたちがはじめたあの戦争はこの神風ばかりでなく、慰安婦(性奴隷)を含む数多くの悲惨な出来事を生んだ。あの邪悪な国日本に対抗すべく我々が立ち上がったことは、道徳的に正しいことだったし、そう運命づけられていたんだよ。このことは、安倍晋三にはけっして理解できないだろうけどね。+28

 

●アメリカと日本の同盟関係にとって、これはささいな問題だ。より重要なのは、膨張を続ける中国にどう対抗するかだ。しかし中国にしてみれば、その脅威は外側からくるものではない。むしろ内側から発生するものだろう。バブル崩壊の危機にある経済、格差、腐敗、環境など問題は山積している。これらをうまく解決できなければ、中国は内側から崩壊してしまうだろう。+18

 

●日本のような自由な国で軍国主義の機運が高まっているというのは奇妙なことだな。しかし、政府は軍備の増強を図ろうとしているし、若者の間でも戦争アニメが人気だというから、きっとそうなんだろうな…。
日本にはいまこそ、その過去の暗い側面を真正面から批判できる家永三郎のような勇気ある人が必要なんじゃないのか。もちろん若い世代に責任はないけれど、その祖先が犯した戦争犯罪を知る事とそれに誠実に向き合う事は現代に生きる日本人全員の義務だと思うよ。+33

 

●9・11は21世紀の神風攻撃だった。そもそも自爆攻撃は戦略などというものではない。たんなる自暴自棄の行為だ。+3


で、日本軍兵士には「72人の処女」はあてがわれたのか?+1
(管理人注:72人の処女というのは、聖戦で死んだ男は天国で72人の処女があてがわれるというイスラムの教えのようです)

 

●日本がはじめた神風攻撃はまだ終わっていない。それはいまも疫病のように世界にひろがっている。
「イスラム聖戦士」というのは、現代の自殺志願者たちのカルトだ。+4

 

●「神風パイロットの多くは事実上、志願するよう強制された」っていうけど、じゃあ連合軍の兵士はどうなんだ? どこに純粋な志願兵がいたっていうんだ?+15

 

●神風パイロットは、強制されたものだっていうけど、それは不可能だと思う。誰だって死にたくはない。それが自然だ。しかし当時の風潮として、祖国を守るため国民が犠牲になるという考え方は美徳としてとらえられていた。だから彼らはそれを受け入れる事ができたんだよ。その意味で強制されたか、自発的だったかに関係なく、彼らは間違いなく英雄だった。それにしてもエコノミストの記者はなんでまた言論の自由すらない中国のプロパガンダをそのまま信じ込んでいるんだろうな。いまどき南京大虐殺を信じているジャーナリストがいるなんて信じられないよ。+17

 

●記者はこの映画を観ていないんじゃないか。他のコメンターも言うように、これは人間の愚かさと悲劇を描いたものだ。記憶遺産への申請に関して言えば、それは地元の人たちが何年も前から準備してきたものだ。この映画とは関係がない。また日本は戦後、サンフランシスコ講和条約を馬鹿正直といってもいいくらい律儀に遵守してきた。尖閣諸島も竹島も連合国が日本領土と確認した上で日本に返還したものだ。連合国が作った戦後体制に挑戦しているのは日本ではなく、中国と韓国のほうだろう。+4

 

広告

 


 

工作員とおぼしき人のコメントの中に、沖縄を独立させろというくだりがありましたが、これは沖縄独立論の裏に中国がいることを自ら白状したようなものですね。

 

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 匿名 より:

    明らかに映画見てないコメント多いな。
    映画を見てもいないのにイメージだけでコメントしている奴らにコメントする資格ないわ。
    この映画は神風特攻隊を推奨なんてしていない。

  2.   より:

    >日本は危険な場所に向かっているように見える。

    日本が核武装でもしてから言ってくださいな。
    核武装している国が平然と○国は危険だとか言ったり、常任理事国ってなんだよ?
    己の国は最終兵器というカードを持ちながら、出る杭は打つのはおかしな話でしょw
    特攻は人道的にダメで、原爆はOKと? なにがどう違うのよ?

  3.   より:

    日本人で批判してる人もそうだけど映画見てないだろ
    岡田演じる主人公が、教え子が特攻で死んでいく姿を見て、どんどんボロボロになってく描写を見ても戦争賛美というのか?これは間違いなく反戦ものだよ
    映画見てから言えよ

  4. 匿名 より:

    永遠の0が特攻賛美だの日本が軍国主義になるとか言い続けてる外人がこの程度の奴らということが見えたという点でこの映画は価値があったよ。
    ついでに日本でも宮崎駿とかのマヌケな似非平和主義者とかをあぶり出した点もね。

  5. 匿名 より:

    >●南京大虐殺を非難する人が多いが、日本統治下の台湾で起こったいくつもの「ミニ南京虐殺」については残念ながら知る人すら少ない。日本が木材や鉱物など台湾の資源をほとんど枯渇寸前になるまで搾取し、それに抗議した住民を無慈悲に虐殺したという史実を知って欲しい。+26

    こんなデマが書かれていて賛同している人がいることに驚きだ。
    木材や鉱物といった資源を日本は大切に扱った。伐採した後は植林もした。日本が守った山を戦後「大陸を取り戻す」ために台湾へ一時避難してやって来た国民党軍がことごとく山林を伐採し禿山にした結果が、今の台湾の土石流や自然災害を引き起こすきっかけとなっていることは台湾人なら知っている。
    明らかにこのコメントは戦後台湾に来た国民党の党員の発想だ。
    海外でこんなデマが吹聴されることに腹が立つ。
    日本政府は断固とした今までとは異なる談話を発表してもらいたい。
    特亜の言いなりになって日本を貶めるだけの自虐談話にはうんざりだ。
    これ以上英霊を傷つけることも許すな、と思う。

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑