反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【海外の反応】日本の植民地支配はイギリスのせいだと言い張る韓国人のウリナラ理論に困惑するイギリス人

  

スポンサードアド

Dr Shashi Tharoor MP – Britain Does Owe Reparations
「イギリスはインドへの賠償責任がある」と主張するインド人作家・シャシ・タルール

 

オックスフォード・ユニオン協会という世界で最も伝統あるディベート・サークルが開催した「英国はその旧植民地に賠償金を払うべきか」というテーマの討論会の動画がYouTubeにアップされていました。

コメント欄をのぞいてみると、ほとんどがインド人とイギリス人によるものでしたが、そのなかに「韓国が日本に植民地支配されたのはイギリスのせいだ」という意味不明な主張をする韓国人のコメントがありました。それに対して、一人のイギリス人が論戦を挑んでいるのですが、韓国人お得意のウリナラ理論の前に、さすがのイギリス人もどう対応したものか困惑している様子でした。

さて、どんな議論が繰り広げられていたのでしょうか? ちょっと長いですが、よろしければ最後までお読みください(全部を訳すとさらに長くなるので要点だけ超訳しました)。

 

なお、スピーチの日本語訳はこちらで読めます。興味のある方はこちらをご覧下さい。→alterglobe.net

 

インド大反乱(セポイの乱)

インド大反乱(セポイの乱)

 

kr(韓国人)

日本に植民地にされた経験をもつ韓国は日本に謝罪を求めてきたが、拒否され続けてきた。インドもイギリスに謝罪を求めてきたが、同様に拒否され続けている。

韓国人慰安婦の問題には、多くのイギリス人が韓国側に立った「リベラル」な意見を表明する。なのにインド植民地支配の問題となると、手の平を返したように批判的な意見が噴出する。

インドはイギリスに完全な謝罪と賠償を求めるべきだ。韓国がそうしたようにイギリスもそうすべきだ。むしろインドは韓国以上にそうする権利があると思う。

イギリスのインド支配は、日本のそれよりも過酷だった。もちろん、日本もひどいことをした。それでも、インド人が受けたダメージは韓国人よりも大きかった。

インドと異なり、韓国では、日本人による虐殺はなかった。それに日本の韓国支配は、その準備期間をいれてもせいぜい70年間だ。それに対して、イギリスのインド支配は、その三倍もの長きにわたるものだった。

他の韓国人はこれを読んで、僕が日本の植民地支配を矮小化していると思うかもしれない。しかし誤解しないでほしい。僕は安倍首相をふくむ日本の右翼的な考え方には真っ向から反対している。

ただし、インドは韓国の轍を踏まないよう気をつけてほしい。韓国は謝罪を日本に求め続けた結果、自らの利益を損なうことになってしまった。しかし、インドは大丈夫だろう。韓国と日本との関係とは異なり、強硬な態度に出ることでインドがイギリスから失うものはそれほど多くないはずだからだ。

韓国とインドばかりじゃなく、アフリカも、東南アジアも、それにオーストラリアのアボリジニもみな旧宗主国に謝罪と賠償を求めるべきだ。+124


in(インド人)

そうはいうけど、韓国はもう豊かな国になったじゃないか。あんたらは幸せもんだよ、俺たちの貧しい国インドと違ってね。+1

 


kr(スレ主の韓国人)

君の言う通りだ。だけど残念ながら韓国はまだ統一国家じゃないんだ。北朝鮮には圧政に苦しむ同胞が残っている。南北の分断は、日本による植民地支配の直接的な結果だよ。+14


(国籍不明)

よく知らないけど、北朝鮮が共産主義イデオロギーをかざして韓国に侵略したんでしょ? 日本は関係ないとおもうけどな。+1

 


kr(スレ主の韓国人)

分断は、朝鮮戦争が原因で起こったものじゃない。それ以前から分断されてたんだよ。直接的にはアメリカとソ連のせいだ。だけど日本の朝鮮支配がなかったら、南北分断もありえなかった。もちろん、南北分断は日本が意図したものじゃない。だけど責任は日本にある。+8


gb(イギリス人)

あんたのようなアカくずれを助けるため朝鮮戦争で多くのイギリス兵が戦死したことが悔やまれるよ。あんた、北朝鮮に支配されてた方がよかったと思ってんだろ?

 


kr(スレ主の韓国人)

イギリス兵には感謝してる。だけど、イギリスという国にじゃない。そもそも日本による朝鮮併合を支持したのはイギリスだろ? 朝鮮併合さえなかったら朝鮮半島が南北に分断されることはなかった。それに朝鮮半島の分断を認めたのもイギリスだろうが。南北分断さえなければ、朝鮮戦争もなかったんだよ。+1

 


gb(イギリス人)

いったいいつイギリスが日本の朝鮮併合を支持したって言うんだ?
それに朝鮮戦争をおっぱじめたのはソ連と北朝鮮だろ? 日本は関係ないはずだ。

 


kr(スレ主の韓国人)

1902年の日英同盟を背景に日本は朝鮮を併合した。当時、日本は朝鮮を足がかりに世界を征服しようとしていた。そしてそれにお墨付きを与えたのが日英同盟だった。それとハーグでの国際平和会議で、日本の侵略に抗議する韓国側が派遣した密使を門前払いしたのもイギリスをはじめとする西洋諸国だった。つまりイギリスは、日本の侵略を間接的に後押ししたということだよ。
ここで重要なのは、第二次世界大戦後、ヨーロッパではドイツが分断されたのに、アジアではどういうわけか日本ではなく朝鮮が分断されたということだ。
それから1883年に韓国とイギリスとの間で結ばれた不平等条約のことも忘れないでほしい。まあ、ここでの話題は、イギリスはインドに謝罪すべきだということだけどね。

 


gb(イギリス人)

ドイツが分割されたのは、ソ連がその東半分をすでに占領していたからだ。同様にソ連は北朝鮮をすでに占領し、衛星国家にしようとした。それに対して我々は新たな戦争を望まなかったし、イギリスもなす術はなかった。
また日英同盟の後、韓国を侵略したのは日本だろう? イギリスじゃない。そしてイギリスは日本の侵略を止める術はなかった。
しかし、なんだな。君はまたどうして無関係な国ばかり非難したがるんだ? 君らを侵略したのは、日本とソ連だろ? イギリスじゃないぞ。+1

 


kr(スレ主の韓国人)

朝鮮半島分断の責任は、おもにアメリカとソ連にある。同時にイギリスにもある程度責任がある。しかし、一番悪いのは日本だ。日本が朝鮮を侵略したのがそもそもの間違いのはじまりだったからだ。そしてその日本を支持したイギリスとアメリカにも一定の責任があるというのが僕の主張だ。

君はイギリスが日韓併合にも、また南北分断にも反対したように言っているが、実際はそうじゃない。むしろイギリスは日本やアメリカがそうするよう裏で支持したんだ。

当時のイギリスは国際政治において大きな影響力をもっていた。なのに、その影響力を日本やアメリカをけん制する方向に使わず、韓国の利益を犠牲にする方向にのみ使った。ハーグ国際会議で、イギリスや西洋諸国が日本に遠慮して韓国の使節団を閉め出したのもそのひとつの例だ。

僕は日本による朝鮮支配とアメリカによる南北分断が直接的にイギリスの責任だと言っているわけではない。それらの責任の多くは日本とアメリカにある。しかし、一方でイギリスもグルだったのは間違いない。君は、朝鮮戦争を戦ったイギリス兵に感謝しろといったけど、そもそも朝鮮戦争の遠因を作ったのは君たちイギリスだ。

たとえば、日本人(アメリカ人でもいいが)が君をナイフで刺すのを僕が助けたとしよう。その後で僕がナイフを君の身体から抜き取ったとする。その場合、僕は「君のナイフを抜いてやったから感謝しろ」なんて言えないだろ? なぜなら僕はむしろ共犯者なんだからね。

 

広告

 


gb(イギリス人)

もし連合国の介入がなかったら、韓国は日本の一部になっていたか、北朝鮮の支配下に入るかのどちらかだっただろう。いずれにせよ、朝鮮戦争でイギリスをはじめとする連合国の介入がなかったら今の韓国の繁栄はありえなかった。その意味で、君たちが今こうして便利な生活ができるのは、イギリスのおかげでもあるんじゃないのか?

1902年の日英同盟は、ロシアの南下政策への対抗手段として締結されたものだ。というのに、なんでまたイギリスが韓国のことまで気にかけなきゃならないんだ? 韓国にしてみれば日本に対抗するカードとしてイギリスを利用したかったのだろうが、それは君らの都合というものだ。そして僕らには僕らの都合があるんだよ。

北朝鮮がソ連に支配されたのは、東ヨーロッパがソ連に支配されたこと以上に連合国の責任だというのかい? ソ連はすでにそれらの地域を占領していたし、連合国はそれを防げなかった。また新たな戦争をしてまで取り戻そうとはしなかった。ただそれだけのことだよ。

スポンサードアド

道義的な責任があるのは、実際に手を下した者だけだ。もしそうでないというなら、日本の韓国併合によってイギリスがどんな利益を得ようとしたのか、あるいは北朝鮮の占領によって連合国がどんな利益を得ようとしたのか、君は立証してみせなければならない。おそらく君は「共謀罪」という理屈をもってくるだろうが、君の主張はどれも何の根拠もないものばかりで、到底立証に価するようなものじゃあないよ。

 


kr(スレ主の韓国人)

たしかに連合国は、日本の圧政下から朝鮮を救ってくれた。だけどその一方で、連合国は自らの利益を満たすために朝鮮半島を分断したことも事実だ。もし僕が強姦魔から女性を救ったとしよう。しかしその後で僕自身が強姦魔に豹変したとしたらどう思う? 僕は最初に女性を強姦魔から救った。そのことをもって僕は罪を免れることができるのか?

君は朝鮮戦争で果たしたイギリスの役割を過大に評価している。第二次世界大戦後、朝鮮が日本から解放されたことに関しても同様だ。イギリスの役割はそう大きなものではなかった。その一方で、日本の朝鮮併合の陰にあったイギリスの大きな役割に関しては、無視を決め込んでいるんだ。

日本の朝鮮併合とイギリスの利害に何の関係があるんだと君は尋ねる。それは僕にもわからない。しかし、ならば第二次世界大戦中のドイツによるホロコーストはイギリスに何の関係があるんだ? ボスニアでの虐殺とアメリカは何の関係があるんだ? 君はおそらく、それは人道的な問題だと言うだろう。

もし日本人の男が僕に知り合いの女性をレイプしてもよいかと尋ねたとしよう。それに対して僕がいさめることもせず、同意したとしよう。この場合、僕にも道義的な責任があると思うけど、君はどう思う? わかるだろうけど、この女性は君らの東南アジアの植民地を意味しているんだよ。君らはあとになってから「日本人が俺の女をやっちまいやがった」って怒り狂っているわけだよ。

朝鮮半島分断は連合国の責任だ。君はソ連ばかりを悪者にしたがるようだけど、実際にはソ連とアメリカ、そしてその裏にいたイギリスがもたらした歴史の悲劇だ。

P.S.何度も言うけど、これはもともとインドとイギリスに関する話題だ。「恩知らずな韓国人め。お前らは北朝鮮の支配下に入りたかったんだろう」なんていう暴言を君が吐くからこうなってしまったんだ。

 


gb(イギリス人)

もし君が体格のよいいじめっ子で「お菓子をよこせ、さもないと殴るぞ」と言ったら、僕はお菓子を差し出すだろう。殴られたくないからね。だけど、それは僕が君に完全に同意したことを意味するわけじゃない。他に選択肢がなかったというだけだ。君は、お菓子を差し出したことを僕が自らの意志で選んだかのようにいうが、実際はそうではない。その上、君はさらに敷衍してこう言う。「君が協力したのは事実だから共犯者だ。だから同じように責任を負うべきだ」ってね。君の理屈はまったく理解できないよ。そしてそのことを君自身が理解しないかぎり、この議論は平行線のままだ。

 


kr(スレ主の韓国人)

君のたとえでいう「お菓子を差し出す人」というのはイギリスのことかな? そしていじめっ子というのは、日本か、ソ連か? だけど、よく考えてみなよ。日本とソ連が当時のイギリスを殴るなんてありえないだろ。君はイギリスを被害者の立場に置こうとしているけど、当時のイギリスはそんな深刻な脅威にはさらされていなかったはずだ。だから、もっと適切なたとえを言えば、こうだ。ーイギリスはロシアと対抗するという条件のもとで日本が韓国を殴り、レイプするのをとめなかったー。

君は英国が韓国に結ばせた不平等条約については触れようとしない。だけど、不平等条約こそ他国の主権を奪う植民地体制の根幹をなすものだ。そしてこれに対して非難されるべき国はイギリス以外にないはずだ。

イギリスは日本の韓国支配を望んでいたし、実際にそれを助けもした。日英同盟の条文には、イギリスが日韓併合に対して支援を行うということが明記されている。要するに韓国は、ロシアに対抗するための質草にされたんだよ。

だから朝鮮併合に関してイギリスはあきらかに日本の共犯者だったし、朝鮮分断に関してもイギリスはアメリカとソ連の共犯者だったということだよ。

このスレッドを読んでいるインド人へ。イギリス人というのは、ここにみられるように頑固で無知で尊大で、とんでもなく嫌みなやつらだから、気をつけた方がいいぞ。

 


gb(イギリス人)

もし君が僕に銃を売ったとしよう。そして僕はその銃で誰かを撃ったとする。その場合、君もその犯罪に責任があるというのかい? 君の理屈はどこの法廷だって通用しないよ。

条約というものは、正義とか公正とかには無関係だ。それはたんに国同士の間で結ばれる約束事でしかない。しかもそれは相手国のすべての行動を縛るものではない。相手国によってなされたある行動が容認できないものだったとしても、条文にないかぎりこちら側は何もできないものだ。

1883年の「不平等条約」は、たんに韓国内で活動するイギリス人の身の安全を守るための約束事だった。韓国の内政に干渉するようなものではなかったし、他の不平等条約ほどひどい内容でもなかったはずだ。こうしたささいなことに対して君らがなぜこれほど怒るのか理解できないよ。

1902年の日英同盟は、ロシアの南下政策をくい止めるためのものだった。そしてそれは日本軍が朝鮮半島に上陸することを認めてもいる。だけど、それは日本がそこで好き勝手なことをしてもいいという意味じゃない。君はどういうわけかそう考えているようだけどね。いずれにせよ、日英同盟とは関係なく日本が朝鮮半島に侵攻するのは、その後の歴史をみれば明白だ。

ハーグ平和会議の目的は軍備の制限にある。日本と韓国の問題を仲裁する機関じゃない。

1945年に第二次世界大戦が終結した時点で、ソ連はすでに北朝鮮を占領していた。そして敗戦国となった日本に代わってアメリカが韓国を管理下に置いた。だから南北が分断されたのは、国家間の条約とは無関係だ。それは現実としてすでにそうなっていたんだよ。

 


kr(スレ主の韓国人)

君は否定するけど、日英同盟が日本の朝鮮支配を助けるものであることは、当時のイギリス人政治家は十分承知していたんだよ。

1883年の不平等条約がささいなものだって? 不平等条約というのは残虐な植民地体制のまさに根幹をなすものだ。君が朝鮮戦争におけるイギリスの「ささいな貢献」を持ち出すなら、僕は何度でもこの不平等条約を持ち出すぞ。

日英同盟は日本に朝鮮支配のお墨付きを与えることになった。もちろん、イギリスの同意がなかったとしても日本は韓国を侵略しただろう。しかし日英同盟がそれを促進したのはたしかだ。君のたとえ話でいえば、もし僕が君に銃を売ることを拒否したとしても、君は別のところで手に入れるだろう。しかしそれは僕が君に銃を売ることを正当化する理由にはならないはずだ。

ハーグ会議で重要なのは、西洋諸国が日本に肩入れして韓国を閉め出したという部分だ。ここでも西洋諸国は、韓国の尊厳を無視し、日本が韓国を植民地にするのを支援したということだよ。

南北分断に関しては、連合国が韓国人に相談もせず自分たちで勝手に朝鮮半島を分割してしまったことを批判しているんだ。私は事実だけを言っている。

 

 

広告

 


朝鮮併合も、南北分断も、朝鮮戦争も、あれもこれも、みなお前らのせいだ。韓国に一切責任はない(キリッ!)というところでしょうか。それにしても、たとえ話にやたらレイプを持ち出してくるのは、なんというかやはりお国柄なんでしょうかね。それに対して、イギリス人が銃の売買に、それも自分を悪人としてたとえたところは、仮にたとえであっても品を失わない、やたらに人のせいにしないというイギリス紳士ならではの矜持が透けて見えるようでした。

 

人種戦争――レイス・ウォー――太平洋戦争 もう一つの真実

新品価格
¥2,160から
(2015/9/2 06:05時点)

韓国人ってなんでこんな奇妙なメンタリティなの? と思った方はこちらをご覧下さい。
→「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

ハーグ密使事件などここで議論されていた歴史的な背景を知りたい方にもオススメです。

 

 

台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書)

新品価格
¥950から
(2015/9/2 15:30時点)

スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -大東亜戦争, 海外の反応 , ,