一人の英国人貴族の裏切りが招いたシンガポール陥落

大英帝国の栄華に終止符を打った英国人スパイ、ウイリアム・フォーブス=センピル

BBC Documentary The Fall of Singapore The Great Betrayal
邦題『チャーチルを裏切った男たち』

大英帝国に象徴される西洋植民地時代の終焉を決定づけた日本軍によるシンガポール陥落。その陰に一人の英国人スパイの存在があったことが最近あきらかになりました。スパイの名は、ウイリアム・フォーブス=センピル卿。第一次世界大戦中、英国航空隊で活躍した優秀な軍人であり、驚くことに英国王室ともつながりのあるれっきとした貴族でもありました。

スポンサードアド

1921年から日本軍の軍事顧問を務めていたセンピルは、どういう理由かはいまも謎のままですが、日英同盟が破棄された後も日本への肩入れをやめず、その後も国家機密を含む多くの情報を日本にもたらしたといいます。イギリス側によると、こうしたセンピルのスパイ活動によって日本海軍の航空戦力は大幅に強化され、さらにそのことが後の真珠湾攻撃やシンガポール陥落へとつながったとされています。

こうした視点からみると、シンガポールにおける英国軍の敗退をもたらし、数百年にわたる大英帝国の栄華に終止符を打ったのは、他ならぬ英国人自身だったということになります。この歴史に残る世紀のスパイをテーマにしたドキュメンタリー動画がありましたので、そこについていたコメントを意訳してご紹介いたします。

かなり長くなってしまいましたが、これでもそのうちのほんの一部です。興味のある方は元動画にあたってみてください。

 

元動画はこちら→

日本語版動画はこちら→

 

Singaporesurrender

 

 

●イギリスってのは、これまでも情報というもんを軽んじてきたし、自分に都合のいいように考えがちなんだよな。

 

●あの当時、連合国側は日本と戦争する準備をまだ整えていなかった。イギリスはヨーロッパ戦線で忙しかったし、アメリカは孤立主義で我関せずって態度だった。日本はそのスキをついてシンガポール、マラヤ、香港、フィリピンを陥落させ、さらにアメリカ本土にまで攻撃してきたんだ。そうしてアメリカ人とイギリス人は日本人からパンツをずり降ろされ、尻を叩かれた格好になったわけだよ。

 

●戦争には勝者はいない。戦争を始めた日本は国全体を破壊され、相応の報いを受けた。そしてその犠牲となった中国人が日本人を嫌うのも当然だ。だけど中国は中国で戦後、内戦状態に陥った。私は戦争で曾祖父を亡くしているけど、両親はいつもこう言っていた。「犠牲になるのは常に一般民衆だ」って。

 

●これって本当の話、それとも作り話?


●本当の話だよ。

 

●現地のアジア人とヨーロッパ人に対する残虐行為もさることながら、日本軍国主義がもたらしたもうひとつの災厄はアジアにおける共産主義勢力の伸長を許してしまったことだ。中国大陸と北朝鮮の人々はそのせいでいまも苦しんでいる。これはすべて日本の侵略戦争のせいだ。


●みな日本のせいだというのか? 違う。それはむしろ中国人自身の責任だ。じゃあ聞くが、戦後、アメリカが朝鮮戦争を戦わなければならなかったのはどうしてだ? そもそも日露戦争と満州国樹立は、共産主義の脅威から日本と東アジアを守るために日本が命がけで行った必死の防衛努力だったんだよ。
日本を敗戦に追い込んだのはアメリカの歴史的な間違いだった。その証拠にいまアメリカは、戦前の日本の代わりに共産主義の脅威から東アジアを防衛しなきゃならないはめになっちゃっただろ?

 

●よくできたドキュメンタリーだ。それにしても我々の運命がこんなとんでもない奴の手に握られていたなんて悲しいよね。

 

●とんでもねえ食わせ者だ。それにくらべるとチャーチルは愛国者だ。


●笑わせるな。チャーチルはただの身勝手で狂信的な右翼だよ。

 

●こんな奴とっとと殺しておけばよかったんだよ。交通事故とか、心臓発作とか、手段はいくらでもあったはずだろ。そうすれば秘密は漏れずにすんだだろう。


●ヒトラーナチスならそうしただろう。だけど、民主国家はきちんとした裁判もなしにそんなことはしないものだ。そして我々はその民主主義のために戦ったんだ。もっとも君のような輩が増えすぎたせいで、そうした理想ももはや失われてしまったけどね。


●暗殺すればよかったというのはチャーチルのことだよな? なら俺も同意だね。

 

●センピルはもっと早いうちに死ぬべきだった。MI5ならそんなことは簡単だっただろうに。

 

●イギリスがやったことはまさに中国のことわざにある「虎を野に放つ」だ。つまり可愛がって育ててあげたはずの日本にしてやられたんだよ。そして戦後の中国とアメリカの関係も同じような状況になりつつある。愚かなことだよ。

 

●そもそもだけど、イギリスはどうやってあんな大帝国を運営していたの?


●このドキュメンタリーはまさにその理由を説明しているよ。貴族政治というのはうまく行くときはうまく行くが、そうでない時はとんでもない大失態をしでかすんだ。そして俺のみるところその裏には、なにごともお上任せのイギリス人の奴隷根性がある。MI5など一部の政府機関がきわめて有能なのは、そうでなければ国全体が動かなくなるからだよ。


●イギリスは日本軍をあなどっていたし、まさか攻撃してくるとは思ってもいなかった。マラヤとシンガポールを失ったのはそのせいだ。一方、アメリカも同様だった。フィリピンの戦いではアメリカも日本にこっぴどくやられちゃったんだよ。

 

●映像のなかで英国政府高官が予測していた以外にも日本軍のマレー上陸を警告していた人物はいた。だけどどういうわけかそうした警告は無視されたんだ。しかも、プリンスオブウエールズとレパルスという戦略上きわめて重要な戦艦を無防備なままマレー東海岸に回航させた。
このあたり謎が多い。チャーチルはパールハーバーが日本軍に攻撃されることを望んでいたかもしれないが、マラヤとシンガポールを失うことは望んでいなかったはずだ。

 

●大英帝国なんてのはまやかし以外のなにものでもなかったんだよ。英国による支配が何百年も続くなか、いつしか白人が有色人種を支配するのが当然であるかのような風潮さえ出てきた。肌の色の違いが能力の違いでもあるんだってね。そこへ日本軍が襲ってきた。わずか3万の兵によって倍以上の兵力をもつ英国軍があっというまに蹴散らされた。こうして大英帝国と白人優越主義というまやかしが消えてなくなったんだよ。

 

広告

 

●日本軍に情報を提供していたスパイのことをイギリスが国ぐるみで隠蔽しようとしていたなら、ルーズベルトはなぜあれほどチャーチルを信頼していたんだろうか?


●ルーズベルトは日本を叩こうとしていたし、そのためにはイギリスの助けが必要だった。アメリカはまだその軍事力に確たる自信がなかったし、それを補うためにもすでにドイツと戦っていたイギリス軍の経験とノウハウが欲しかったんだよ。


●そうはいうけど、スパイを放置したままでは日本に勝てないだろ? ニューファンドランド島での英米両首脳の会談内容が数時間後には日本に筒抜けになっていたんだぜ。ルーズベルトはセンピルを調査すべきだったんだ。


●まあ僕もそこまではわからないよ。僕が言いたかったのは、要するにシンガポール失陥という歴史的な敗戦を喫した「愚かなイギリス」をアメリカは大目に見ていたということだよ。

 

●僕はシンガポール人だ。ともあれ僕たちはいま戦争終結を祝っている。独立記念日っていうんだ。僕たちは当時なにが起こったのかしっかり覚えているよ。


●僕も覚えている。


●だけど君は日本の支配の方がよかったと思ってんだろ? それは間違った考えだよ。

 

●この話の教訓は、「パブリックスクール出身者を信じるな」ということだな。

 

●なんてひでえ奴だ。このセンピルというのは信じられないくらい悪い奴だな。

自虐史観撲滅カレンダー2017


●それとチャーチルもな。

 

●第二次世界大戦の真実ーー日本は何を目的に戦ったのか?
動画→
人種差別の打破。そしてアジア諸民族は白人支配から解き放たれた。これは大日本帝国の手柄だ。

 

Yamashita_and_Percival_discuss_surrender_terms

 

●観てて腹が立ってきたよ。とくにMI5。奴ら、なんて無能なんだよ!一部の貴族の面子を保つためにシンガポールやパールハーバーでいったい何人の庶民の命を犠牲にしたんだよ。
ったく胸くそ悪い!


●僕はセンピルはダブルスパイだったんじゃないかと思うよ。


●最近じゃあ、センピルは「事故るべきだった」ってみんな言ってるよね。

 

●僕はアンダマン諸島出身だけど、当時、アンダマン諸島も日本軍に占領された。日本軍は現地住民とイギリス人を殺しまくっていたよ。こうした歴史の悲劇から僕たちは学ぶ必要がある。

 

●日本軍はシンガポールを落として大英帝国に勝利した。アメリカはその日本に勝利した。そうしてアメリカは世界に君臨することになったんだよ。

スポンサードアド

 

●過去に学び、将来こうした過ちを二度と繰り返さないようにすべきだ。

 

●イギリス人が悔しがっているのが目に浮かぶよ。劣等なはずの日本人が優秀な白人様のテクノロジーを使いこなしたという事実が受け入れられないんだろ? そもそもイギリスは第二次世界大戦中、空母すら持っていなかっただろ。そんなにくやしいんだったら日本軍以上に高性能な兵器を作ればよかったんだよ。


●君の情報はちょっと間違っているな。当時、英国海軍は17隻の空母を持っていたぞ。

 

●真珠湾攻撃は日本にとって大きな間違いだった。だけど、結果的にみればそれはよいことでもあった。なぜなら今では日米はもっとも親密な同盟国同士だし、それに戦後日本が達成した経済的成功は、戦前の日本が目指していた植民地帝国よりはるかにましだからだ。

 

広告

Escaping_from_Prince_of_Wales

●日本は名誉を重んじる国だ。そして日本人として言わせてもらえば、日本は必要以上に貶められている。
とくにイギリス軍は、捕虜に対する待遇が悪かったなどといっては日本人を野蛮人扱いしている。しかし、言っておくが、捕虜の待遇が悪かったのは日本軍が野蛮だったせいではない。ジャングルのせいだ。熱帯の過酷な気候が多くの捕虜を死に追いやったんだ。日本軍が直接そうしたわけではない。
そもそもシンガポールのイギリス軍は、無能で臆病でそうして弱すぎたというのが真相だ。シンガポールでの敗戦以来、イギリス軍は日本軍を野蛮だ、野蛮だといって非難し続けてきたが、それはイギリス軍自身の弱さ、臆病さを隠すための言い訳でしかない。
彼らには日本軍が永遠に野蛮なものでなければならないんだ。そうでないと、イギリス軍が弱くて臆病な軍隊だったという事実が白日の下にさらされてしまうからね。


●世界的にみれば日本こそ卑怯で恥ずかしい国だよ。日本政府はいまも自らの戦争犯罪に対して謝罪をしていない。それどころか歴史を書き換えようとさえしている。そういう意味では、日本はナチス以上に悪逆な国だよ。


●お前ら、南京でいったい何をした? 南京大虐殺は嘘じゃないぞ。他にも多くの虐殺を引き起こしただろうが。


●もしイギリスのプロパガンダのせいだとしたら、どうして中国人と韓国人が日本人を嫌うんだ? そもそも何の挑発もしなかった国を侵略し、多くの人を殺し、犯したのはどこの国だ? ドイツを見習って謝罪したらどうだ? そうしたら少しは尊敬されるかもな。


●レイプなんざ、どの国の軍隊もやったことだよ。アメリカ人兵士も含めてね。戦争というのはそういうもんだ。


●もし僕の祖父が生きてたら、お前のような愚か者をひっぱたいてくれただろう。彼はよく小さかった僕に当時のショッキングな話を聞かせてくれたよ。


●あんたは大ボラふきだ。


●ということはなんだ、南京で多くの人が死んだのも気候のせいか? そりゃたしかに虐殺なんぞどの戦争でも起こりうるよ。だけど、通常の戦闘の中で起こるそれと、ナチスや日本のように計画的におこなったそれとはまったく違うものだということにあんたは気づくべきだ。


●友よ。君は悲しいほど間違ってた情報を教えられている。いわゆる大東亜共栄圏を建設するという名目で日本軍が何をやったか、もっと勉強してほしい。


●良い事、悪い事に関わらず過去を否定することはよくない。同じ過ちを繰り返すことになるからだ。


●戦前の日本人が虐殺や人肉食といった凄惨な事件を引き起こしたのは間違いない。だけど今の日本人はそんなことはしない。だからもういいじゃないか。


●バターン死の行進、ニューギニアでの人肉食、捕虜への凄惨な虐待の数々…。日本人ってのは本当に「名誉ある」民族だよな。


●日本人がもつ歴史修正主義的な傾向にはたしかにとまどうこともある。だけど今じゃ僕らは互いにいい友人同士だ。それにそうした戦争犯罪を行ったのは過去の世代だ。今の世代に罪はない。君ももしお隣の人だったなら、お隣さんを挑発しないようもう少し慎重な発言を心がけてもいいんじゃないかい?


●奴らは自分たちが悪い事をしたということすら認めてないんだぜ。


●僕たちアメリカ人は、ペリーが日本に何をしたかを承知している。フィリピンで何をしたかもね(もちろんそれは日本軍ほどひどいものではなかったけど)。僕が理解できないのは、日本人は何千年にもわたる、美しい芸術や文化に彩られた素晴らしい歴史があるのに、なぜそのほんの一部でしかない一時的な過ちを認めたがらないのかということだ。しかもその経験は世界中のみんなにとっての教訓になるというのに。


●日本人がどう思うかなんて知るか! このくそぼけ!


●ほら吹き! 僕はマラヤ出身だ。当時、多くの現地人が日本軍によって拷問され、処刑された。それを間近で見知っている家族もいる。日本軍の行為を否定するのはホロコーストを否定するのと一緒だよ。


●また否定しようというわけね…。じゃあ、私も言ってやろうかしら。真珠湾攻撃はなかったってね。なんて厚かましい奴!


●中国人が南京大虐殺を忘れないのはいいことだ。日本列島は2050年までには焦土となるだろう。もしアメリカがそれを邪魔したら、次はアメリカの番だということを覚えとけ!


●これを観てほしい。とくに58分からのところ…。
動画→
これは日本軍占領後の南京を映した映像だ。日付は1937年の正月とある。ちょうど「南京大虐殺」の真っ最中に撮られたものだ。仮に君が日本の宣伝工作機関の有能な映像ディレクターだったとして、大虐殺の狂宴が行われているすぐ隣でこれほど平和的な映像を撮る自信はあるかい?

 


●いいかげん洗脳から目を覚ませ! 君たちはみんな騙されているんだよ。戦前の日本人は野蛮で好戦的だった? 中国人は貧しいながらも平和的だった? 戦後、日本人は心を入れ替えて礼儀正しく道徳的になった? そんなのはみなでたらめだ。長年培われてきた民族性がそう簡単に変わるわけないだろ。今の中国人をみてみろ。彼らは貧乏で平和的か?
さらに君たちは当時の中国がまるで統一国家であったかのように勘違いしているが、事実はそうじゃない。当時の中国はいまでいえばソマリアやシリアのような失敗国家だった。そして中国共産党はちょうどいまのイスラム国のようなものだったんだ。こうした崩壊した国家が隣にあった場合、君たちはどうする? 国際政治を学んだ人ならわかるだろう。答えは、「国際政治は権力の空白を嫌う」だ。もし僕の言うことが理解できたなら、日本が当時なぜあのような戦争に巻き込まれたのかも理解できるはずだよ。

 

●英国軍がインド人部隊を置き去りにして逃げたことはどうなんだ? これこそ「大いなる裏切り」じゃないのか? チャンドラボース率いる自由インド軍がインド解放のために日本軍とともにデリーへ向けて進軍していた事実に誰も触れないのはどうしてだ? 私の叔父はインド解放のために戦った。


●自由インド軍だあ? いったい何やったってんだよ。お前らインドなんぞ、チベットを失うわ、カシミールは手放さないわ、ろくなことしてないだろ?

●チベットはインドの一部ではない。歴史上ずっと独立国だった。カシミールに関しては、分離主義者が騒いでいるだけだ。

 

広告

 


 

それにしてもセンピル卿はなぜスパイ行為などに及んだのでしょうか? 一説によると巨額な借金があったということですが、誇りある英国貴族ともあろうものがただ金のために国を売るようなまねをするのでしょうか? しかも日本から授与された勲章を死ぬまで離さず、棺桶にまで持っていったという話もあり、なにゆえそこまで日本に入れこんだのかも含めて大きな謎が残ります。

もっとも反ユダヤ主義や親ナチス的なグループのメンバーであり、右翼的軍国主義的な思想の持ち主であったともいわれ、背景には思想的な動機もあったとされています。とはいえ、仮にそうだとしても祖国を裏切ってまでナチズムに傾倒したイギリス貴族がいたという事実を前にすると、あの戦争がナチズム対デモクラシーという構図だったと教えられてきた私たち戦後生まれの日本人はどこか腑に落ちないもやもやしたものを感じてしまいます。

ナチズムと反ユダヤ主義は公の場で語ることを禁止されるほど、欧米ではいまも根強いタブーとなっています。ということは、もしかしたらセンピルをめぐる謎もそうしたタブーと何らかのつながりがあるのでしょうか? いずれにせよヨーロッパにおけるナチズムと反ユダヤ主義をめぐる闇は、極東の島国に住む私たち日本人には想像以上に深いものなのかもしれません。

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 匿名 より:

    実際日本の立場主張してる英語文献なんて中国や欧米の主張と比べてあんま無いからこうなるのも仕方ない
    英語で反論してる日本人も強硬意見は「過激過ぎ」柔和意見は「弱すぎ」って
    特アだけじゃなく日本側からも責められるってオーストラリアで慰安婦像建設阻止行動してる女性がブログで困ってたよ

  2. 匿名 より:

    身の丈に合わない事をしたから結果やられたんだろうな。
    どいつもこいつもそれが結論だ。

  3. 匿名 より:

    いつも思うんだけど、実際に起こった事だけを感情論抜きで議論できないもんかね?
    各国の立ち位置から見えてる場面は違うからすれ違いがあるのは理解できるけど、嘘や架空の出来事を軸に議論しても不毛だろうに。
    事例をあげるならばキッチリと複数の証拠を以って証明するべきでは?

  4. 特命希望 より:

    >さらに君たちは当時の中国がまるで統一国家であったかのように勘違いしているが、事実はそうじゃない。当時の中国はいまでいえばソマリアやシリアのような失敗国家だった。

    易幟事件くらい調べてから書き込みましょう。満州事変の何年前だと思ってるのですか?

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑