「真実の歴史を追求する端島島民の会」が軍艦島の真実を伝える動画を公開

広告

「真実の歴史を追求する端島島民の会」が制作した動画がYouTubeに公開されています。

 

〜端島で最も大きいガス爆発事故の記録が残っています。犠牲者は27人。うち日本人は18人、朝鮮人は9人。炭坑の最高幹部の一人も自ら最前線で犠牲者の救出を指揮し、二次爆発に巻き込まれ亡くなりました〜

「自分は死んでも部下を殺すという風習はない。それくらいにやっぱり人間味のある端島独特の人情論ですよ」

 

〜炭坑の新聞に掲載された戦時中のエピソードには、民族の垣根を越えた深い絆を表すものもありました〜

〜中国人が危険を冒して日本人を救出した〜

〜落盤事故で朝鮮人と助け合う〜

 

「端島から朝鮮に引き揚げるときに海岸に行って手を振ってさよならって言ってみんなを朝鮮に帰した」

広告

 

「お別れというのはものすごく悲しかった。船でお別れするときはね」

 

「そんときに、あらーあの人も朝鮮人やったかなあって思うぐらいでした」

 

「帰りにりんご箱ですね、りんご箱をいっぱい、お世話になったから、松本の爺さんにやってくれと」

 

「私たち何十年も端島に住みましたけど、虐待したとかそういうことは絶対にありませんので、どうぞ皆さん仲良くしていきましょう」

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→

ブログ主

シェアする

8件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 同じ動画の韓国語バージョン、英語バージョンもありましたよ
    概要ランからは飛べませんでしたが
    チャンネルからは見れました。

  2. 朝鮮人へじゃなくて世界に訴えるのだから意味あるよ
    朝鮮人のことなんて端から眼中にない

  3. 当時実際にここにいた韓国人達は今の状況をどう見てるんだろう。

    反対意見なんて言ったら袋叩きになる事は確実だから、
    日本に対しては悪意のフィルターを通した意見しか認められない。

    こんな国と友好を続ける事が可能なのか?

  4. 朝鮮人にメッセージを送っても無駄
    何もないと分かってて嘘言ってるんだから

    なので朝鮮人のアホな嘘を信じてる外国人に向けてメッセージを出した方がいい

    • 俺もそれには同意。

      よくここに紹介されてるやりとり見てると日本人の方がカッとなってアホな暴言のやりとりになっているのが多い。
      重要なのは朝鮮人以外がどう思うか。
      朝鮮人に理解させる必要は全くない。
      あくまで朝鮮人以外の外国人を意識してれば冷静さを維持できる。