歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【朗報】印中間でも歴史戦勃発!「満州は中国ではない!」インド人と中国人との論争 その1

time 2017/10/27

広告

China Doesn’t Claim Territory Lost to Russia
ロシアに領土返還要求をしない中国

 

印中間の緊張が高まるなか、中国に反感をもつインド人が増えているようです。そのせいか、「満州は中国ではない!」と中国の歴史捏造を非難する声がインド人の間からも上がっていました。

(以下、動画の大意)

1858年と1860年、ロシア帝国は外満州を占領した。そこは歴史上一度は中国の領土だったところだ。

ロシア革命が起こるとそれらの土地を中国に返そうという声が上がってきた。

しかし、スターリン率いるソ連が帝国主義化するなか、結局それは実現されなかった。

1929年にはスターリンは東清鉄道の支配権を奪おうとさえした。

1950年から60年代にかけて、毛沢東はそれらの領土についてソ連と交渉しようとした。

しかしソ連は拒否した。

2017年現在、中国政府はこの問題はすでに解決したと考えている。

1990年代から2000年代にかけて中国とロシアは互いの国境を確定し、条約を結んだからだ。

中国は外満州を放棄し、代わりにアムール川にあるいくつかの島を返還してもらった。

私はこれはいい考えだと思う。

19世紀、われわれがそれらの領土を失ったのは国力が弱かったからだ。したがってこれはやむをえない損切りというものだ。

それに外満州はすでに150年もの間、ロシアが支配している。それをいまさら返してもらっても仕方がないだろう。むしろロシアとの間に友好関係を築き上げる方が得策だ。

中国とロシアは協力しあうことで世界をよりバランスのとれたものにできるだろう。

ところで台湾はどうなのか?

外満州は放棄したのになぜ台湾はそうしないのか? これはダブルスタンダードじゃないのか、と疑問に思う人もいるだろう。

しかしこれはダブルスタンダードなどではない。

外満州については条約ですでに決着済みだ。したがって領土返還を求めないのは当然のことだ。

一方、台湾はこれとは事情が異なる。

第二次大戦で日本が敗れた後、台湾は中国に返還された。

我々は台湾の領有権を放棄していない。

ただ内戦という特殊な事情により、現在、台湾は北京政府から高度な自治を認められているだけだ。

このように台湾と満州はまったく異なる問題なのだ。

(以下コメント)

Jitesh Chandnaniスレ主)(インド
歴史的にみて満州が中国の領土だったことは一度もない。満州は満州族のものだ。

広告


hongkongsmartboy(香港)
だけど満州人はいまや中国人とすっかり同化しちゃっているぞ!

Derlin Claire(不明)
スレ主の言う通りだ。満州はアルタイ語族系である満州人の故郷だ。満州人は16世紀に中国に侵入し中国最後の王朝、満州王朝を打ち立てたんだ。

Warcy(不明)
中国の一部でいるか、そこから分離独立するかはいまも満州人の決断にかかっている。

Shane W(中国)
何だって? 満州人は定義からいっても中国人だぞ。なにも知らないくせにでまかせを広めるんじゃない。

VIJAYA KUMAR(インド)
スレ主の言う通りだ!

chesterchugallery(中国)
スレ主は中国の歴史をまるで知らないようだ。事実は満州人という純粋な民族はもはやいないということだ。何千年も隣同士で暮らす間、彼らは本土の中国人と完全に混血してしまったんだよ。侵略者だったアングロサクソンが土着民族と混血したのと一緒だ。そしてこの場合、侵略者は満州人の方だ! 君は人の国のことをとやかく言う前にまず自分の国であるインドのことを学ぶべきだ。

theagent3(中国)
満州人はモンゴル人と同じ遊牧民族だった。彼らは歴史上(元朝と清朝)、中国を支配したことがあるが、その際、中国文化になじんだ彼らは最後には漢化されてしまったんだよ。

VIJAYA KUMAR(インド)
(theagent3へ)嘘をつくな! 満州人は農耕も狩猟も、漁業もやっていたんだぞ。

Jitesh Chandnani(スレ主)
(chesterchugalleryへ)
アングロサクソンはイギリスに土着したゲルマン系部族のひとつだ。満州と中国は異なる文化を持っている。どうして満州人がそのアイデンティティを捨ててまで中国人にならなきゃならないんだ? ヨーロッパには多くの少数民族がいるが、長年、隣り合って暮らしていても他の民族になりたがる人などいないぞ。

chesterchugallery(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
もう少し説明してやろう。君はまずなぜ満州人が満州にいたのかから知るべきだ。彼らはもともと中国本土に住んでいたんだ。ところが他民族から追い出され、辺境の地で遊牧民となったんだ。これはモンゴル人も同じだ。だから彼らはいつも故郷である中国本土に戻りたがったんだ。これはかつて中国を占領し、北京に首都を置いたモンゴル人も同じだ。さらに何千年も歴史をさかのぼれば日本人もそうだ。
そもそも時代をさかのぼれば彼らは満州族という名では呼ばれていなかった。金や锡伯などと呼ばれていた。さらにさかのぼれば彼らは中国本土にNorth Wai(北魏?)、Tang(唐?)、そして金という王朝を打ち立てたこともある。何も知らないくせにわかったようことを言うんじゃない。まずは自分の国インドのことを勉強しろ!

chesterchugallery(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
いまや純粋な満州人などどこにもいない! 彼らは漢民族と同化し、一緒に幸せに暮らしている。これはあんたらインド人には関係ないことだ!

chesterchugallery(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
もうひとつの事実を教えてやろう。満州人というのは第一次世界大戦中、日本人が作った言葉だ。満州と中国を分離させる目的でそうしたんだ。

chesterchugallery(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
あんたの理屈でいったらインドなぞ何百もの小国に分かれてしまうだろうよ。

chesterchugallery(中国)
(Derlin Claireへ)
君の知識は浅すぎる。

chesterchugallery(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
君のゲルマン民族のたとえはまさしくその通りだ。しかし、そうであるなら満州族も中国系の一部族ってことになるだろ?

chesterchugallery(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
そもそも中国の公用語が満州化されているのを知らないのか? 中国語のことを別名マンダリンというのもそのためだよ。

VIJAYA KUMAR(インド)
N TO KOREAN TOO BRO JITESH.
(訳者注:なんだか面白い意味のようですが、訳者の英語力では翻訳不能です。誰か訳してください!)(追記:「韓国人にも言ってやるといいぞ、兄弟!」くらいの意味でしょうか?)

The Mythbuster(中国)
(Jitesh Chandnaniへ)
君は西洋的な視点から書かれた歴史しか知らないようだな。西洋的な視点というのは香港は中国ではないといったたぐいの視点のことだけどね。そもそも君は中国人と満州人、韓国人を区別できるのか? 東アジア人は先祖をさかのぼればみな中国人に行き着くんだぞ。

The Mythbuster(中国)
(Derlin Claireへ)
アルタイ系だって!?
アルタイ系語族もまた中国本土に起源を持つ可能性がある。君は中国の歴史をまるでわかっていない。白人は本当にアメリカ人なのか? あんたらはみな移民だろ? ネイティブアメリカ人がどこから来たか知っているのか?

theagent3(中国)
私はもちろん現状には同意できない。本来、外満州も中国領土であるべきだよ。

VIJAYA KUMAR(インド)
(The Mythbusterへ)
中国人がすべての先祖だとお? ハハハ。ならばアメリカ原住民(赤いインディアン)は赤い(共産主義者)中国人だったってわけかい? この嘘つきめ!

VIJAYA KUMAR(インド)
(The Mythbusterへ)
モンゴル人と中国人が同じなのか? この大嘘つきめ。お前は大ボラ吹きだ。

The Mythbuster(中国)
(VIJAYA KUMARへ)
知能の低いインド人に歴史書は読めないだろうね。待て! そもそもインドの歴史なぞ白人が書いたものだろ? マハラジャも英国国家を歌ってたんだろ?

VIJAYA KUMAR(インド)
(The Mythbusterへ)
この大嘘つきめが! 俺様の偉大なインドの歴史など知らないくせにいっちょまえの口を叩くな! お前らは共産主義者のフェイクニュースでも読んでりゃいいんだよ。俺たちはお前らより10万年長い歴史があるんだからな。

 

(この後、中国人とインド人による子供の喧嘩のような非難の応酬が続くので省略いたします。また文量も長くなりましたので、ここでいったん区切りとします。次回はこの続編になります。)

 

こちらもおススメ↓

「満州は中国ではない」海外の人が作成した日本擁護動画が正論すぎてびっくり

満州が中国領土であるならば大英帝国はインド領土である

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

コメント

  • 朗報と言えば朗報だけど話があまり面白くないな(失礼)

    それにもう完全に中国の一部で独立運動もあるわけじゃないから、今更いっても仕方がないよ
    チベットも完全に同化していずれそうなるんだろうな

    相変わらずアクセスも伸びていないようだし、もっと歴史以外のカジュアルな話題もお願いします
    もっとここの記事を日本人に見てほしいんだよ

    by 匿名 €2017年10月28日 9:38 AM

  • そりゃ、近代中国(と世の中では思われている)である清を作ったのが満州人なんだから、中国人からしてみたら、同じ民族・同じ領土とねつ造するしかないだろう。

    だって、中国4000年の歴史の中で、最も輝かしく、また現在の中国の基礎となった清朝が実は他民族の国でしたなんて、恥ずかしくてとても言えないだろうからね。

    略歴を載せておくよ。

    ・1115年 金を建国(満州人)
    ・1234年 金が元(モンゴル)に滅ぼされ、元の一部に
    ・1368年 元が明(漢民族)に滅ぼされ、明の一部に
    ・1616年 後金(満州人)を興して中国を統一、国名を清(満州族)に変更
    ・1931年 日本帝国が満州を占領し、満州国(日本人)を建国
    ・1945年 終戦と共にソ連の侵略と中国の内戦で南北に分割支配され、今に至る

    で、その日帝時代の産業基盤のお陰で、中国は内線後の混乱と経済を凌げて、今の中国があるってのが歴史的事実。

    そして、その清との戦争の末に日本が統治権を譲り受けたのが台湾。
    中国人の国家では無い清から、更に日本に移って、その後に終戦。
    この経緯を見て、一体、台湾のどこが中国の領土と言えようか。

    そもそも200年以上も支配して搾取と差別しか行わなかったクズ中国人が、どのツラ下げて台湾を同族扱いするのか。
    最近の中国人が韓国ばりにねつ造を繰り返しているのには反吐が出るわ。

    いや、そもそも中国人とは中華民国(台湾)の人達の呼称であり、今のクズチャンケ共の呼び名ですらない。
    妄言とオナニーとねつ造を繰り返す大陸ヒトモドキなど、クズチャンケでも十分過ぎる呼び名だろう。

    by tata €2017年10月27日 10:56 PM

  • 中国人は長城の内側に帰れ!

    by 匿名 €2017年10月27日 10:18 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。