歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

韓国映画『軍艦島』予告編を観た映画専門の西洋人YouTuberの反応は?

time 2017/10/05

広告

THE BATTLESHIP ISLAND | Korean Movie | Trailer Reaction w/ Ashley & Morgan!

韓国映画『軍艦島』予告編への反応

 

(動画の大意)

スゲー!

面白いけど、かなりヘビーな映画だね。

WIKIPEDIAによるとこの映画は、軍艦島から朝鮮人が命がけで脱出するところを描いたものだってよ。

描かれている話は事実らしい。すくなくとも事実に基づいたものらしい。

1000メートルもの地下の炭坑で危険な作業を強制されていたんだって? なんてこったい

これはヘビーな映画だ。5分も見ていられないかもしれない。

しかしこれは事実に基づく映画だ。その意味で重要な映画だと思う。

 

(コメント)

●衝撃的な映画だ! みんなも観るべきだ!

●この映画をほめたら日本人の右翼に攻撃されちまったぜ。お前らも気をつけろ。友達を失くすぞ!

●この映画は事実を描いている。

●朝鮮人が日本によって奴隷状態に置かれていた36年の歴史を、この3人は知っているのかな?

●こんにちは、僕は韓国人です。この映画を取り上げてくれてありがとう。英語が下手でごめんなさい。

広告

●捏造だらけの最低のB級映画だ。これは悪意に満ちたプロパガンダ映画だ。『The battleship island fake fantasy by New York Times』という動画の予告編があるからそっちを観てみるといいよ。

●92歳の生存者が軍艦島での生活を明かしてくれた。それによると映画の登場人物のような人はいなかったが、厳しい労働や懲罰があったことは事実だという。そしてそれに耐えかねて脱出しようとしたことも事実だったらしい。

●以前、レイプオブ南京で30万人の中国人が日本人に殺されたことを学んだ時、日本兵に対して大きな怒りを感じた。その後、天安門虐殺事件のことを知った時は中国政府を憎んだものだ。今この映画を見て再び私は衝撃を受けている。人間はどうしてこれほど恐ろしいことができるんだろう? 歴史はいつも私を恐れさせる。人間の暗い側面である残酷さを見せつける。私は悲しい。

●これは真実の物語だ。

●事実はほんの少しで、ほとんどがフィクションだよ。

●日本は歴史を歪めている。そのせいで外国人は真実を知らない‥。

●この映画は嘘だ。歴史的事実にそったものじゃない。これはたんに日本を貶めるための映画だ。私の言うことが信じられないなら、自分で歴史を調べてみるといい。ほんの少しでいいから。

●嘘、嘘、嘘だらけだ。

●事実を否定してばかりの日本を思うと本当にむかつく。

●韓国映画って面白そうだね。韓国人もなかなかやるね。

●誇張だらけのハリウッド映画より韓国映画の方がよっぽどいいね。

●これは本当にあったことだよ。日本はいまも否定しているけどね。

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。