【速報】北朝鮮ミサイル問題の陰でアジア覇権奪取への動きを加速させる中国

広告

北朝鮮の裏に見え隠れする中国の動きがどうも気になってしようがないのですが、そのもやもやを解くヒントになりそうな記事をビジネスジャーナルに見つけましたのでシェアいたします。

北朝鮮ミサイル発射の裏で中国が尖閣諸島を実質半分支配か…米軍は動かない可能性

習近平の最終目標は、中国をかつてのようなアジアに君臨する大帝国にすることであり、AIIBや一帯一路を通してそのための布陣を着々と打っている中国は北朝鮮問題を隠れ蓑に尖閣諸島の実質的な支配をも強化しつつあるという話です。

以下、抜粋です。

ーー彼(習近平)がやろうとしているのは、『習近平思想』を中国共産党の規約に盛り込むことです。それに成功すれば、彼は毛沢東と肩を並べることができる。

ーーただ、毛沢東思想が受け入れられたのは中華人民共和国を建国したという圧倒的な実績があったからです。

ーー一方で、習近平にはそんな業績はありません。毛沢東も鄧小平も超える、少なくとも肩を並べるような何かが必要です。そこで考えているのが、対外的な勢力拡大です。

ーー中国をアジアに君臨する一大帝国につくり上げる。それができて初めて、毛沢東や鄧小平に肩を並べることができるわけです。

ーー習近平が目指しているのは、一帯一路やAIIBで経済的に周辺地域を支配し、最終的には軍事的にも支配することです。

スポンサー
スポンサー

広告

ーー一帯一路などの経済政策は、何をもって成功とするのか、わかりづらいですよね。しかし、仮に尖閣諸島を手に入れたということになれば、目に見える業績です。何の説明もいりません。

元記事:http://biz-journal.jp/2017/09/post_20679.html

ちなみに満州族が中国本土を支配したのは始祖ヌルハチから数えて3代目の順治帝でした。またモンゴル族が中国全土を支配し、元朝を興したのは始祖チンギスハーンから数えて5代目のクビライハーンでした。

もしかして習近平は中華人民共和国の順治帝あるいはクビライハーンにでもなろうとしているのでしょうか?

いずれにせよ、北朝鮮の派手な動きにばかり目を奪われていると、中国というトンビにいつのまにか西太平洋の覇権という油揚げをさらわれてしまいかねないように思います。

北朝鮮=中ロの鉄砲玉説 アメリカを威嚇するあの自信はどこから?

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

3件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 米国は米国本土を攻撃されずに北朝鮮を武力で制圧することは、可能だろう。しかし、韓国、日本は戦火を免れまい。問題はその後だ。アメリカは北朝鮮の制圧しても意味がない。中国、ロシアどちらとも対峙するより、中ロどちらかが併合または傀儡国とすることを望む事になる。
    中ロ両国の考え方次第なんだろう。しかし両国ともに北朝鮮は国としてあった方が得なんだ。
    これらのことを考えると、戦争を起こ理由がない

  2. 尖閣諸島は中国に奪われると思う
    政府の対応を見てると、とても守れるとは思えない
    もう日本の実効支配は完全に崩れ去っている
    だから日米安保は適用しないよ、アメリカにいわれてももう仕方がない状況になっている
    そもそも日本自身が守る意志と勇気がないのに、アメリカが自国の兵士を犠牲にして守るわけない

  3. 日米首脳の最近の動きは、むしろ対中国だと思います。
    その本気度を示すためにも、対北朝鮮では妥協はないと。

    気になるのはドイツですね。
    対北では他の国々に比べ、まだ言うことが甘い。反トランプの可能性もありますが、対中国で気を遣っているように見えます。