ロヒンギャ問題を世界の「お前ら」はどう見ているのか? BBC動画のコメント紹介

広告

村が放火されたり、民族浄化が取りざたされるなど、再び世界の耳目を集めているロヒンギャ問題。現地の村を取材したBBC記者の最新動画についたコメントを翻訳してご紹介します。

Who is burning down Rohingya villages? – BBC News
ロヒンギャの村を焼き払ったのは誰なのか?

 

日本語版はこちらです↓
https://youtu.be/xHFc9hOxa24

●嘘つきの仏教徒の舌を引っこ抜け!

●ロンドン市長サディク・カーンは恥を知れ! 彼がイスラム教徒であるならこの問題に対してもっと声を上げるべきだ。

ミャンマー人や仏教徒、ミャンマー政府、アウンサンスーチー、そしてインド政府はみな戦争犯罪者だ。やつらは1960年代からロヒンギャへの虐殺を繰り返してきた。しかも、それに抵抗し、正義の戦いを挑むロヒンギャをテロリスト呼ばわりしてきた。

ヒンドゥー教徒、クリスチャン、ユダヤ人、そしていわゆる平和的な仏教徒たちはみな偽善者だ。この問題からは、インドのモディ首相、イスラエルの野蛮人ども、そしてプロパガンダマシーンと化したマスメディアの真の姿が透けてみえる。

●この糞ムスリムどもをサウジかパキスタンあたりに追放しろ。

●ここはムスリムへのヘイトコメントだらけだな。

●本来であれば1947年にアラカンを独立国にするか、東パキスタンに編入すべきだった。こうなったのはイギリスの責任だ。いまやミャンマーの仏教徒がテロリストとなってロヒンギャを虐殺している。

●アラーの神は獣のような仏教徒からムスリムを救うだろう。

●アウンサンスーチーは仏教テロリストだ。ビルマの仏教テロリストは無辜のロヒンギャ族を殺害している。少数民族のロヒンギャを助けろ! 人権を守れ!

●BBCはくたばれ。仏教徒とミャンマーよ永遠なれ。

●このロヒンギャたちはかつて日本軍と戦うためイギリス軍によって徴兵されたものの、実際には日本軍と戦わず、もっぱらラカイン州のミャンマー人を殺して回っていた。だからミャンマーがイギリスから独立した際、彼らはミャンマー国民として認められず排除されたんだよ。以来、彼らはチャンスさえあればミャンマー人を虐殺してきた。彼らの戦術は、「撃つ、焼く、逃げる、そして泣き叫ぶ」だ。さあてBBCさんよ、今度こそはこの悪魔どもに騙されるんじゃないぞ。この人権侵害をやめさせたいと本当に願っているなら、やつらには強壮剤入りのビスケットではなく、コンドームを配るべきだ。

●どうかロヒンギャのイスラム教徒たちを助けてください。

●2002年、インドのグジャラート州で大勢のヒンドゥー教徒の巡礼者を乗せた列車が炎上した事件があった。その際、列車を焼き討ちしたのがムスリム暴徒であることをBBCは報道しなかった。今回もそれと同じだな。恥を知れ、BBC!

●イスラム国がすみやかに復讐してくれることを願う。アッラーアクバル!

●イギリス政府にはロヒンギャを救い出した上、イギリス国内に安住の地を提供する道義的な義務がある。なぜなら彼らを労働者としてミャンマーに送り込んだのはイギリスだからね。自分で作った負債は自分で返さなければならない。今こそその返済の時だ。

スポンサー
スポンサー

広告

●長年、仏教は平和的な宗教だと思っていたけど、どうやらそうでもないらしい。仏教からもテロリズムが生まれるんだな。

●ミャンマーがもし2人までしか子供を持てないようにしたら、ムスリムたちは入ってこれないだろう。なぜなら彼らは10人から15人の子供を持つのが普通だからな。その増える速度はウイルス以上だ。そうして国の資源をくいつぶしたやつらはやがて他の宗教を圧迫し、テロを引き起こすことになる。これがイスラム教の歴史だ。

欧米各国でテロが発生しているが、残念ながらいまだ目が覚めない人が多いようだ。奴らに情けをかけてはならない。もし情けをかければ、将来どうなるか? あんたの子供が首を切られることになっても、やつらは情けなどかけてくれないぞ。ムスリムどもは根こそぎ殲滅すべきだ。

●このリンク先のサイトが真実を教えてくれるだろう。どのイスラム国家もロヒンギャを助けないし、パキスタンをはじめ多くのイスラム国家は自国民虐殺の歴史を持っている。ビルマだけを非難するのは間違っている。
https://timesofislamabad.com/israel-is-behind-the-rohingya-muslims-massacre-iran/2017/09/11/ (ロヒンギャ問題の裏にイスラエルがいる)

●はっきりいうわよ! ムスリムは庇護されるべきだって? キリスト教徒を殺す人たちにいったいどんな庇護を与えろっていうのよ?

●ビルマが中国に対抗するためインドと手を結んだことを忘れてはならない。ミャンマー政府がロヒンギャに国籍とパスポートを与えないのは彼らをバングラデシュに追放したいからだ。この問題は1950年代から続いてきたが、国際社会の注目を集めるようになったのはここ十年のことだ。この問題は国連の場に持ち込む以外、解決の見込みはないだろう。

●仏教は平和的な宗教だ。かといって仏教徒の権利が奪われていいわけじゃない。我々にも自分の国と家族を守る義務がある。ロヒンギャはアラカンに元からいた人々ではない。しかも彼らはミャンマーを分断させようと破壊工作を行っている。私たちが黙っていられないのはそのためだ。

●我々がどこに所属しているか‥。それは死んだ後に判明するだろう。

●ムスリムは嫌いだ。

●イスラム教徒ーユダヤ教徒 → 問題発生
イスラム教徒ーヒンドゥー教徒 → 問題発生
イスラム教徒ーキリスト教徒 → 問題発生
イスラム教徒ー人権主義者 → 問題発生
イスラム教徒ー仏教徒 → 問題発生
スンニ派イスラム教徒ーシーア派イスラム教徒 → 問題発生

ここには何らかの法則がありそうだな。

●なんでまた仏教徒がムスリムを恐れているんだ???

●ミャンマーはまもなく破壊されるだろう。これは神の意志だ。

 


管理人後記

今までの難民と違い、現地人や関係者からの嫌われっぷりが半端ないようです。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

15件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. イギリスの手駒として連れてこられてミャンマー人から奪った土地を与えられ、地元民を統治するという名目で弾圧した歴史があるからな
    ミャンマー人から超絶恨まれてて当然なんだよなぁ

  2. いつもの白人のやり口だよ
    敵国に犯罪者送り込んでトラブル起こして、犯罪者の方が善良な被害者だと嘘ついて犯罪者を処罰した側を批判する
    アメリカ大陸でインディアン殺した時もオーストラリアでアボリジニ殺した時も今現在日本叩きしてるのも同じ事
    そんなにロヒンギャが大事ならロヒンギャ擁護してる奴がロヒンギャ引き取れよ
    そうしないって事は擁護してる側もロヒンギャが悪党だって理解してるからだ

  3. 日本にいるロヒンギャも在日のデモに参加してたよね?
    保護してもらっているにも拘らず同様の「権利」(つまり金)を求めて。
    各地でそんなことをやっているのなら嫌われるのも分かる

    主人イギリスのもとに送ってやればいい。

  4. 日本の在日問題と同じで、グローバリストの常套手段。彼らは価値観が似ている者が集まる平和な共同体に「意図的に」それらに対立することが明らかな異質な民族を「配置する」。両者の対立が激化するほど、「配置者」に非難が集まることはない。世界中で行われている「分断統治」戦略。ミャンマー人が他国に行っても問題になることはないのに対し、イスラムが行くところは必ず問題が起きる。イスラムに問題があることは明らかだ。

  5. どうも、ロヒンギャの評判が悪い。
    そういう行動を続けてきたのだろう。
    さらにはロヒンギャなる集団すら、そもそも実体が怪しい。

    イギリスはインド・パキスタン系が多いから、
    マスコミ&リベラルのコンボでイスラム寄りになる。

    きれい事を騒ぐ連中こそトラブルメーカー。

  6. インドもイスラム教徒相手じゃ助けたくても無理だし(パキスタンの例)
    ミャンマー政府に強く訴える以外に方法もないから困りもの、しかしミャンマー国内の対立が治ったばかりの今この時期にミャンマー政府の求心力を弱めかねない行為を国際社会が求めるのは危険じゃなかろうか?
    まだミャンマーの軍閥は力を持ってるんだぜ、そこら辺も考えないと

  7. 偶像崇拝は悪として、遺跡像や神像どころか仏像や地蔵の首まで落とす奴が出てくる宗教だからな~ そりゃー嫌われるよ!

  8. 虎8でも言ってた、問題の根本が違うだろと。
    実際はロヒンギャ虐殺などしてないし、イギリスが問題を押しつけているだけだと。
    西洋諸国の負の遺産が多すぎるね。

  9. この件はイギリスに全ての責任がある。
    ロンドン市長は難民として受入れば終わりである。
    恐らくテロリストして活躍してくれる。

    • ほんこれ
      イギリス筆頭にヨーロッパがこういう話で正義ッ面する権利一切ねえから。
      全世界に起きてる対立問題の大半がおまえらの責任だよ
      日本は謝罪しまくって金ガッツリぶん取られてるけどお前らなにして償ってんのよ

  10. キリスト教のが遥かに多くの人間殺してるだろ
    自分を棚に上げる卑怯者どもが

  11. 因果応報。
    ムスリムが反省するかどうか。
    ヨーロッパでの惨状にどう対処したらいいか、クリスチャンはそれで判断しろ。

  12. イスラム教は国家の法律や習慣を、
    イスラム色に変更させやすく、拒むと騒ぎだすから難しい。
    まぁ、キリスト教も似たようなもんだけど。