支那事変の仕掛人が中共であるもうひとつの証拠ーー百団大戦

広告


姉妹サイトの『中国捏造近現代史の旅』からの転載です。

何度も和平交渉を持ちかけた日本。その度に邪魔をした中共。百団大戦は中共こそが日中戦争の仕掛け人だったことを示すもうひとつの動かぬ証拠である。

百団大戦跡

山西省陽泉市の百団大戦記念館

 

1940年8月、国民党内に対日妥協機運が生まれたのにあせった中国共産党は、そうした機運に水をさすべく計115師団、40万の兵力を投入して華北の主要な鉄道にいっせい攻撃を加えた。これが中国共産党が自画自賛する百団大戦なる戦闘である。

これはたしかに支那事変中もっぱら山岳地帯に隠れ潜んでいた中国共産党がその重い腰をあげて立ち上がった数少ない抗日戦闘のひとつである。しかしその実態はといえば、一般人を装ったゲリラや民兵を動員して引き起こした同時多発的なテロ活動にすぎなかった。

とはいうもののその結果、正太線がズタズタに寸断され、また満州鞍山製鉄所の燃料供給源であった井(脛) 炭坑もしばらく採炭不能に陥るなど日本側にもそれなりの被害をもたらしたこと、またそれにより両軍の間にきざしていた停戦機運が雲散霧消し、和平に向けたそれまでの日本側の長年にわたる努力も水の泡となってしまったことは事実である。

正太線は 正定と太原を結ぶ鉄道路線。井(脛) 炭坑は河北省石家荘の西にあった。

(解説)
国民党内に生まれた対日妥協機運というのは、もうこれ以上日本軍と戦うのはやめようということです。要するに停戦です。しかし当初から山岳地帯に隠れ潜み、日本軍との戦闘には消極的だった中国共産党がここへ来てなぜ突然そこまでして停戦に反対したのでしょうか?

その理由は両軍が交戦していた方が中共にとって都合がよかったからです。そのことは戦中、みずからはほとんど日本軍と戦うことのなかった中国共産党が日本軍撤退後、国民党を追い落として政権を奪取した事実からも見て取れます。実際、中国共産党はその間、日本軍との戦いは国民党軍に任せたまま、自らはその背後で支配地域を着実に拡大していたのです。

広告

スポンサー
スポンサー

そもそも日中戦争自体、中国共産党がしかけたものでした。盧溝橋事件で最初に発砲したのは中国共産党北方局の劉少奇麾下の部隊でしたし、船津和平協定の当日に大山大尉殺害事件を引き起こし、停戦協議を邪魔したのも中共でした。つまり日中戦争そのものが日本軍と国民党軍の共倒れをねらう中共がしかけた一大謀略だったのです。要するに中国共産党は最初から漁父の利を狙っていたのです。

口を開けば平和と戦争反対を訴えていた中国共産党の真の狙いがどこにあったのか、この百団大戦はその本音がポロリと漏れでた事件だといえるでしょう。

(参考)支那事変の前後に日本が試みた和平交渉

1、現地停戦協定(松井-秦徳純協定)1937年7月11日
2、宮崎竜介和平工作 1937年7月19日
3、船津和平工作 1937年8月9日←同日午前、大山大尉殺害事件が発生し
中断
4、トラウトマン和平工作 1937年11月5日
5、汪兆銘和平工作 1939年〜1940年
6、桐工作 1939年〜1940年

これをみて奇妙だと思わないだろうか? 仮に日本が中国を侵略したくてそうしたのであれば、なにゆえ和平交渉などもちかける必要があったのだろうか? 国際世論を意識したたんなる外交的なポーズ? だとしたらなにゆえ何度もそうしたのか? また中国側が真に和平を望んでいたなら、なにゆえその度に拒否しつづけたのか? 心の底から平和を望んでいたなら、条件が少々不利なものだったとしても妥協するのが普通だろう。ましてや開戦以来、負け戦続きだった中国である。力関係からいってもそうするのが当然だったはずだ。

しかし、どういうわけか中国はそうしなかった。むしろ強気で交渉に臨み、なにやかや理屈をつけては一方的に交渉を打ち切るという高飛車な態度をとり続けた。

これをみるかぎり、中国は和平など望んでいなかったように見える。日本と中国、戦争を望んでいたのははたしていったいどちらだったのであろうか?

こちらもどうぞ→【盧溝橋事件の真実】支那事変は、壊滅寸前の共産党がしかけたワナだった!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

1件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 日本側の度重なる和平交渉は余り知られてないんだよね。

    ザイニチ臭の強いメディアが放送するワケもないし、戦後の米英は自分達の蛮行を日本に転嫁して濡れ衣着せるのに躍起になってたからね。
    日本側からは真っ当なハナシばかり出てくるから、もみ消すのはさぞ大変だっただろうけどね。

    口先だけで何もせず、自分達の保身ばかりにかまけていた中共なんて、ISISやアルカイダ以下のゴミテロリストだろ。
    テロすら起こせず逃げ回って、アメリカ様が日本を負かしてくれたラッキーに乗じて無抵抗な相手を一方的に虐殺し、国民を洗脳して独裁。
    宗教戦争よりも更に醜悪なクソ。