歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

韓国「ありがとう米軍様!」日本「米軍がなぜ朝鮮人を救出する必要があるんだ?」「慰安婦映像資料」をめぐる日韓の論戦

time 2017/08/30

広告

Comfort Women Video

先日、韓国の研究者らが米公文書記録から発見し、公開した朝鮮人慰安婦の姿を映したとされる映像資料。それを「日本軍による性奴隷」の証拠として報じる韓国のニュース動画のコメント欄ではいまも日韓の熱い議論が交わされてます。そのなかから興味深い議論をひとつ、翻訳してご紹介します。

●(日本人)
この動画のいったいどこに日本兵が映っているんだ? 君らは日本兵の軍服を知っているのか?


(韓国人)
日本兵などいないよ。なぜならこれは日本軍を撤退させた後に米軍と中国軍が撮影した映像だからね。これは捕虜となった慰安婦を中国軍がインタビューしている映像だよ。

(韓国人)
日本人の嘘に騙されるな! これは中国軍と米軍が朝鮮人慰安婦を日本の悪鬼どもから救い出した時の映像だ。これは米軍が撮影した映像であり、米軍の資料室に保存されていたものだ。

(日本人)
また朝鮮人の嘘が始まったな。1944年9月7日付けの中国軍の報告書によると、「我が軍は敵の婦女5名を捕獲した」(「 此外並俘敵婦五名」 。遠征軍司令長官衛立煌自保山報告攻占松山及俘獲與我軍傷亡情形電-民国三十三年九月七日)と書いてあるぞ。https://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/528.html

(日本人)
朝鮮人と中国人は嘘つきだ。彼らは「嘘も百回言えば真実になる」と考えている。彼らは精神に障害があるんだよ。

(日本人)
このビデオは中国、松山における3ヶ月にわたる長期包囲戦の末、中国軍に捕えられた10人の慰安婦(うち日本人2名、朝鮮人8名)を映したものだ。彼女らは裸足で服もぼろぼろだった。が、それは日本兵に虐待されたからではなく、長期にわたる包囲戦という過酷な状況からそうなったものだ。

広告

当時米兵向けに発行されていた『ラウンドアップ』という新聞によると、一人の朝鮮人女性は足を負傷した父親の治療費を払うため自ら進んでこの仕事に志願したと答えている。1500円を朝鮮で前借りしたとも言っている。この金額は当時、家を二、三軒建てられるほどの大金だった。ちなみに当時、日本兵の月給は7〜8円だった。彼女らはみなお金目当てだったと語っている。

(韓国人)
あんた馬鹿か? このビデオは彼女らが救出された後に撮影されたものだよ。

(日本人)
あんた馬鹿か? このビデオには日本兵など映っていないぞ。

(日本人)
まあ落ち着け。少し理性的に考えてみろ。当時、米軍が朝鮮人女性を救出する必要などあったのか? もっと冷静に考えてみろ。

女性たちは日本軍が撤退した場所にいた。だから米軍と中国軍は彼女らを捕えた。当然だろ? なぜなら彼女らは日本側の人間なんだから。だから米軍と中国軍は彼女らを敵側の人間として扱い、尋問した。ここまではいいかい?

もうひとつ重要なのは、女性たちの不安そうな表情だ。むしろこれがすべてを物語っている。もし彼女らが中国人だったなら、米軍と中国軍は女性たちを「救出」しただろう。しかし女性たちは朝鮮人と日本人だった。だから彼女らは「捕虜」とされたんだよ。

わかるかい。これは「救出」なんかじゃない。これはただの捕縛だ。なぜならあの当時、朝鮮人は日本人だったんだからね。君らには悲しいことかもしれないけれどこれは事実だ。

過去の出来事を見る場合、私たちは歴史的な文脈をもとに見る必要がある。時系列に沿って、またそれぞれのポジションを正しく把握した上で見る必要がある。

女性たちの不安げな表情を見ろ。あれが救出されて喜んでいる表情に見えるか?

それからもうひとつ、この動画は「慰安婦の存在」を示すという点ではたしかに重要な証拠だ。しかしこの映像だけでは、彼女たちが誘拐されてきたのか、あるいは親に売られたのか、はたまた自ら志願したのか分からない。同様に、誰が誘拐したのかも、誰が売ったのかも、誰が募集したのかも分からない。

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

コメント

  • 当時の法と倫理を、現在の法と倫理で問うことは、単に倫理の変化があったという結論に至るだけだ。
    慰安婦は居た。それは合法だった。たったのこれだけの事実じゃん。
    占領地であらゆる商業ができないなら、何のために戦ってんだよ。

    しかし、それを理解できる人物ばかりなら、我が国がこんな論難に巻き込まれるハズがないんだよな。

    by 26 €2017年11月1日 1:13 AM

  • >(日本人)
      まあ落ち着け。少し理性的に考えてみろ。
      当時、米軍が朝鮮人女性を救出する必要などあったのか?
      もっと冷静に考えてみろ。

    理性的や冷静に考える事が韓国人には一番難しい問題かもしれない。

    by    €2017年8月31日 4:12 AM

  • 朝鮮人はオメンコ好きの恥知らず民族だ!日本に5万人もオメンコアガシ売春婦を送り込んでおいて70年前のオメンコ慰安婦の事でグダグダ言うな。

    by 朝鮮人はオメンコ民族○ €2017年8月31日 2:06 AM

  • 最初に言いだした奴が捏造だって認めてるのにトンスラーはまだネッシーがネス湖にいると言い張るのかwww

    by 匿名 €2017年8月30日 11:29 PM

  • この画像関係ないってテキサス親父が調べてたろ
    詳しくはぐぐってくれ

    by 匿名 €2017年8月30日 10:51 PM

  • 朝・鮮・人に正論をぶつけても無理です
    反日教の朝・鮮・人には理解できません

    by 匿名 €2017年8月30日 10:32 PM

  • コメント主の名前って掲載したらダメなの?
    それが分かれば、あーまたコイツの発言かとすぐわかるから

    by 匿名 €2017年8月30日 10:17 PM

  • 最後の(日本人)の冷静で理路整然とした説明も、韓国人のガラクタの詰まった頭では一切理解できないだろうな。

    by 匿名 €2017年8月30日 10:16 PM

    • そうですね。韓国では、世界史=韓国史=妄想の公式が成り立ち、それはイスラム教のコーランレベルの信仰力で絶対的存在ですから、彼らに事実を突きつけても意味がありません。

      by 匿名 €2017年8月31日 7:31 AM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。