代替案もないのに何をどう反省しろと? 戦前日本を非難する左翼は「あの戦争」の代替案を示すべきである

広告

「あの戦争は間違っていた」と非難する左翼は「あの戦争」の代替案を示してからそうすべきである

産經新聞にケント・ギルバート氏の最新刊『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』(PHP新書)の紹介記事がありました。

戦争防ぐ方策に触れない自虐報道は無責任 「愛国心」に何かしらの抵抗感持つ日本人

別にケントさんの回し者ではありませんが、記事にあった以下の部分に共感しましたのでシェアさせていただきたいと思います。

毎年8月になると、日本のテレビや新聞は、戦争の悲惨さだけに焦点を当てた自虐的な報道をたくさん流す。戦争の惨禍を繰り返してはならないが、過去を自虐的に反省してさえいれば、日本は二度と戦場にならないとでも信じているのか。

 悲惨な戦争をいかにして防ぐのか。具体的な方策に何も言及しない自虐報道は無責任だ。過度に厭戦(えんせん)気分を煽り、日本人の国防意識を低下させたのでは、利敵行為とすらいえる。

まったく同感です。もういい加減、自虐のための自虐はやめるべきです。

いまもなお日本悪玉論を叫ぶ左翼たちは、「軍部が暴走して戦争を引き起こした」と言って戦前の日本を非難します。しかし、そういう人たちに、「ではあの戦争を防ぐにはどうすればよかったのか」と尋ねるとどういうわけかとたんに口をつぐんでしまいます。

スポンサー
スポンサー

広告

もしある選択が間違っていたというのであれば、そこには必ず正しい代替案があるはずです。もしそれがないとすれば、すなわち避けられない選択であったならば「あれは間違った選択だ」というのは論理的でもないし、実際的にも意味がありません。代替案もなくいったい何をどう反省すればよいのでしょうか? 「あんなことをしてしまった。もう取り返しがつかない。どうしよう‥」といつまでもじくじく自らを責め続けるのはどうみても健康的な態度とはいえないでしょう。

過去を反省するというのは、間違った選択に代わるよりよい代替案を見つけることのはずです。そうして将来、同じような状況になった場合、同じ過ちを繰り返さないようそれを鑑にするのが過去に学ぶ、歴史に学ぶということのはずです。

日本が悪かったと非難する人たちは、まずそれに代わる代替案をきちんと出してからそうすべきです。いたずらに抽象的な議論で煙に巻くのではなく、具体的にいつどこで間違ったのか、その際どうすればよかったのか、一般の人にもわかりやすい言葉で教え示すべきです。それがもし可能であればの話ですが‥。

そうでなければ、戦前と似たような国際情勢になりつつある今、私たちは無意識のうちに同じ過ちを繰り返すことになってしまうでしょう。そしてもしそうなった場合、その責任は「反省ばかりを求め、代替案はもちろん建設的な方策を考えることさえ邪魔してきた」左翼にこそあるというべきでしょう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

7件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 日本はなぜ負けたのかという議論は多くあるが、どうしたら勝てた(戦争に入る前の状況を好転させられたか)という議論がほとんど無いのが問題だと誰かが言ってたなあ。
    そうしないと先へ繫がらないと。もっともだと思った。
    誰から聞いた話しか忘れたけど、ケントさんだったかも知れない。

  2. 当時の政策として間違えていたのは
    ・韓国の合併
    これは他の国が半島に経済軍事の援助を一切しないように交渉して李朝を放置しておくべきだった
    もちろん移民も受け入れない
    国連の場では属国から開放された地域への再属国化へのあらゆる干渉を禁ずることとして条約として成立させてしまうべきだろう
    ・中国への世論掌握
    当時中国は大都市を各国に租界にされて不平等条約を結ばされていた(日本も山東省を事実上租界としていた)
    それを開放すること(日本も含め)と近隣国の植民地としての状況をまず中国の人民にビラあたりでばらまきそれから国民党に「共闘」をもちかける
    相手が乗らなくても人民に不満を募らせて抗日から抗欧州へさらには国民党内部での意見をばらばらにしてから侵攻すべきであった
    そしてあくまで国民党の本部は南京のままでいさせ日本は補給経路として軒先だけ借りる形にする
    重慶まで追い詰めてしまったせいで戦線が広がりすぎた

  3. こういう老害はあと少しで滅びるけど、この意思を継ぐ中国、朝鮮の帰化人がいる。
    これも中国人、朝鮮人の日本帰化に反対の理由のひとつ。

  4. なんでもいいから日本を批判し続けないと死んでしまう病気の人たちだから・・・

  5. あの戦争は戦うか奴隷として生きるかの二択だったと思ってる
    もしいまあの時と同じ状況に日本が陥ったらやはりまた戦うだろう