歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

ベトナム人虐殺碑をめぐってベトナム・韓国間の対立が激化

time 2017/08/20

広告

ベトナム民間人虐殺50周忌を控えて…慰霊碑撤去を主張する参戦団体

韓国紙・ハンギョレによると、ベトナム戦争中、韓国軍が引き起こした民間人虐殺事件を記念する慰霊碑をめぐり、韓国軍人団体と現地のハミ村との間で摩擦が起こっているようです。

原因はなんだかややこしいのですが、直接のきっかけは慰霊碑の建立を支援した韓国側が今になってその撤去を求めたことにあるようです。もっともそこには慰霊碑に対する両者のそもそもの考え方の違いもあるようで、韓国側が「亡くなった韓国軍人と住民のすべてを慰める和解の碑」ととらえていたの対し、ベトナム側は「韓国側が過ちを認め民間人犠牲者を記憶するという前提の下に慰霊碑の建設を受け入れた」との認識だったようです。

広告

こうしたもともとの認識の違いが最初のボタンのかけ違いとなり、その上に様々な誤解が生じたあげくの摩擦だったようです。

日本を貶めようと世界中に慰安婦像や徴用工像を立てようと躍起になっている韓国ですが、このベトナムでの泥仕合をみていると「天罰覿面(てんばつてきめん)」「人を呪わば穴二つ」という言葉が思い起こされます。くわばらくわばら‥。

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • 人は、こんな場合自分はどうするか?で、相手のするであろう行動を判断するそうです。

    韓国人の場合、相手も騙すだろう、裏切るだろう、馬鹿にするだろう、などマイナスに考えるのは自分がそうだから。
    それを日本に押し付けられるのも本当に迷惑。

    まあ、韓国人は人というかヒトモドキですが。

    私も、最初は日本の感覚で韓国人をみていたから、本当にこんな愚かな民族かと疑いビックリしたけど、今では日本の幼稚園児以下と認識してます。

    by あき €2017年8月22日 10:21 PM

  • 韓国は全ての面において嘘偽りで自分本位のねつ造しかしない。

    だから、記事を読むまでもなく、全て韓国が悪いし、謝罪と賠償をしなければならない。

    by tata €2017年8月20日 10:11 PM

  • 全部韓国が悪い

    by 匿名 €2017年8月20日 9:19 PM

  • 味方の村焼き始めて米兵が引きつったんだっけ

    by 匿名 €2017年8月20日 5:41 PM

  • まさに因果応報

    by 匿名 €2017年8月20日 2:43 PM

  • 南朝鮮人から発せられる和解という言葉ほど自己中なものはないな。
    ただ、ベトナムも南朝鮮と同じような民族的性質を持った厄介な国だからこのままずっと泥仕合やってろって個人的には思う。

    by 匿名 €2017年8月20日 12:26 PM

    • そうみたいだなw
      信用できそうなとこといえば台湾ぐらいだが、もうすぐ中国の一部になりそう・・・

      by 匿名 €2017年8月21日 2:06 AM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー