歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】紹介しちゃって大丈夫? 韓国紙が東京裁判で日本無罪論を主張したパル判事の業績を紹介

time 2017/08/14

広告

戦犯全員に無罪意見、インド判事の顕彰碑まで建てた日本

東京裁判で日本無罪論を主張したインドのパル判事に触れた記事が韓国紙・中央日報に掲載されていました。記事は終戦記念日にちなんだのか、靖国神社の風景を韓国人の目からレポートしたものですが、当然ながら全編批判的な視点で貫かれています。

たとえば「韓国人も2万1000人が含まれている。強制的に戦争に動員された彼らは死んでもA級戦犯と魂がまとめられたまま苦痛を受けているのだ」という具合です。

ただ奇妙なのはいくつか「おや?」と思う箇所があることです。非難と同時に日本側の主張がきちんと併記されているのです。もちろん、それは「妄言」であるとして切り捨てる目的で持ち出したのだと思いますが、問題はその切り捨て方が例によってまったく論理的でも実証的でもないことです。そのため、見方によっては日本側の主張の正しさがかえって強調されているように見えるのです。

たとえば、日清戦争と日露戦争については「『欧米帝国のアジア侵略を防ぐための決断』と、日本側の視点を正しく説明してくれていますし、韓国併合についても「『韓日強制併合』をまるで両国間で平和に締結された平等条約のように描写した」と韓国内ではあまり知られていない平和的な側面もあったことをさりげなく示唆してくれています。

また南京虐殺についても、「『南京虐殺』は日本軍の治安維持のための活動と描写されていた。『当時民間人の服を着た敗残兵などにより無秩序だった南京市を日本軍が包囲するとすぐに平和が訪れた』という形で説明していた」と、これまた日本側の主張をきちんと書いてくれています。

広告

さらに「太平洋戦争後のアジア各国の独立に対しては『日本軍の輝かしい勝利以後』だったと主張していた。戦争がアジア解放のための戦争だったことを間接的に示している」と、アジア解放論にまで踏み込んで紹介してくれています。

そして本題のパル判事についてですが、「『日本が犯罪を犯した』『日本は侵略の暴挙をした』などのゆがんだ罪悪観を背負って卑屈、退廃に流れるのを私はただ見ていることはできない。誤った歴史は書き換えなければならない」というその言葉を紹介すると同時に、「東京裁判が連合国の敗戦国日本に対する野蛮な復讐の儀式にすぎないことを看破し…博士(パール判事)の裁定は今や文明世界の国際法学界における定説と認められた」という顕彰碑に記された碑文まで紹介してくれています。

たしかに日本非難を目的とした記事であることは間違いないのですが、はたしてそう単純に受け取ってよいものなのかーー。もしかしたら、記者は日本批判に見せかけて韓国のあまりにも偏ったウリナラ史観を批判するためにこの記事を書いたのではーー。

そう思う一方で「 先祖の位牌が祀られたところに向かってお辞儀をして福を祈る」「A級戦犯14人の位牌も一緒にある」という表現を見るかぎり、日本に対してそれほど深い知識を持っているとは到底思えないし‥。

なんというか、妙に困惑させられる記事でした。

戦犯全員に無罪意見、インド判事の顕彰碑まで建てた日本

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • ZOO.ZZ動物の鼾さん江
    おっしゃることは理解できます。では日本はいつどこで道を誤ったのでしょうか? どうすればよかったのでしょうか? 朝鮮にも中国にも迷惑をかけず、しかも日本も生き残れるような「正しい道」があったのでしょうか? それがあったのであれば、あなたの批判もある意味正当です。しかし「間違った道」に代わる「正しい道」がなければあなたの批判は意味を持ちません。他に選択肢のない、いわば避けられなかった「災難」をうまくかわせなかったからといってそれを過ちだと言って非難するのは論理的にもおかしくありませんか?

    by ブログ主 €2018年10月14日 7:56 PM

  • 琉球併合よりずっと砲艦外交によるペルーの真似事を朝鮮半島でやり、経済振興といえど常に軍力という強権力で物事を推し進めてきたことが「犯罪」とならないという考え方が欧米も植民地化の過程で同じkとをしているのだからという話で歪められた罪悪感」というのは植民地化を受けた側からするととんでもない話でしょう。裁判官が一方的に日本を擁護するような姿勢には戸惑いも感じます。むしろ犯罪を歪めて正当化しているとさえ感じます。訴追されただけでも10,000人以上の戦犯者がおられ、現代のことなら認知件数以上の犯罪発生は常にですから、戦前なら死人に口なしですから戦前の戦犯訴追件数は11,000人でも実際にはどれだけの訴追すべき事案があったのか予測すると10倍すらありえるのが現在の認知と検挙から比較しても想像できそうです。泣き寝入り、死人に口なしでも訴追11,000人です。その対象被害が10万人なら、泣き寝入り、死人に口なしの予測を入れると楽に数百万人の不幸が予測できます。それでも国際的犯罪はなかったと言うのであればそれこそ歪められた正義感ではないのでしょうか?事実を受け入れず罪悪感を背負う卑屈に対して同情することの裁判官のその同情心に疑問があります。それは被害者に対しては、被害者の子弟に足しては卑屈を背負う同情をしていないことにもなります。つまりは、裁判官殿の個人的思入れという話です。弁護士ならそれでいいでしょう。しかし裁判官と弁護士では立場が違うように感じます。しかしインド人としての日本人に対する義侠心としてはある意味で見上げた根性と言えるのかもしれませんが、その見上げた根性であるにせよそれを認めてしまうと歪めることを認めてしまうことになるので法の有体からするといくら同胞日本人を擁護する義侠心でもそれは公平ではないと思います。それを許してしまうと全てが利益に流されてしまうのでは?インド人にしてみれば気持ちは解るんですよ。ほんとにね。でもそれでは我田引水の裁判を認めることになります。被害者にしてみたらとんでもないことになります。裁判官の立場を放棄し日本人を擁護した義侠心として尊敬するべきか迷います。むしろ事実を受け入れるほうが日本同胞子弟のためになるとさえ感じます。東京裁判におけるインド人裁判官の判断が後日の日本人の感性に大きな影響をした。事実を受け入れない歴史認識に影響したならやはり義侠心といえど支持できない。これでは権力を盾に物事を推し量り間違いをこれだけ多く生み出した事実を否定するなど到底に受け入れることはできません。すべては力で言をねじ伏せてきた結果の燦々たる結果なのです。そのことを反省することこそ同胞子弟の教訓として残せるのです。事実を受け入れないこと、教訓として残らないことが問題です。罪悪感を背負って卑屈になるから同情したというのでは裁判官としての良賢、狭量を疑います。

    by ZOO.ZZ動物の鼾 €2018年10月14日 5:35 AM

  • 欧米帝国のアジア侵略を防ぐための決断』と、日本側の視点を正しく説明<陸奥宗光外相の回顧録によれば日本の植民地化政策は義侠心ではなく国益のためと回顧されているようです。伊藤博文首相に重用された最重臣の回顧は信憑性があります。南京虐殺は有名ですが旅順虐殺はほとんど知られていません。従軍外人記者の記事が紹介されているなかで旅順近郊にさしかかるところで日本兵の死体が無残にさらされているのを発見し激怒した日本将兵が虐殺行為をした内容がまるでエイリアンの人類狩り的な様子のごとく綴られていました。そして虐殺後の日本兵調査も行われて民間人の紛れ込む敵兵殲滅というのは生きるか殺されるかのなかでは躊躇していれば殺されるという葛藤のなかではどうしようもなかったというのが推理できますが・・・植民地化という軍備を背景にした経済活動がもたらした政策の間違いは明らかなので惨殺の原因である政策そのもに批判を向けるべきと思います。そしてそれは義侠心からの植民地化ではなく陸奥宗光外相曰く「義侠心ではなく国益のため」と証言されてしまえばもはや言い訳もできないでしょう。

    by ZOO.ZZ動物の鼾 €2018年10月14日 5:00 AM

  • A級戦犯なんていません!勿論BもCも居ません!彼等はもう罪を許されています!記憶が曖昧ですが国会で議論され彼らの罪は無くなったと聞きました

    by 匿名 €2017年8月15日 11:52 PM

  • 永久戦犯ニダ

    by 匿名 €2017年8月14日 5:47 PM

  • 日本の左翼ジャーナリストもそうだけど、事実を間違った論理と主張でねじ曲げて記事にする。
    事実が記事のメインじゃなくて、左翼ジャーナリストの主観で記事を書き印象操作をしてるのが現在のマスゴミ。

    by 匿名 €2017年8月14日 5:35 PM

    • パル判事がまるで日本を擁護していたかのような記事を書く歴ニンも同じだな。

      パル判事は法の精神を重視し、平和に対する罪という事後法で日本を裁くのは間違っているとした。
      実際彼は南京事件で日本を批判しているし、日本の侵略行為は通例の戦争犯罪(戦時国際法違反)として断罪すべきとしている。
      また同じ帝国主義の欧米が日本を裁くのも間違いとした。
      被害国に対する日本の罪を認めなかったわけではない。

      by 匿名 €2017年8月14日 6:01 PM

      • パール判事は「日本無罪判決」を書いたんだよ。

        >同判事は日本の教科書が東京裁判史観に立って「日本は侵略の暴挙を犯した」「日本は国際的な犯罪を犯した」などと教えていることを大変に憂えて「日本の子弟が、歪められた罪悪感を背負って卑屈、頽廃に流されて行くのをわたくしは平然と見過ごすわけにはいかない。」とまでいって励ましてくれた。

        by 匿名 €2017年8月15日 3:20 AM

  • A級戦犯というより、戦犯A項って言ったほうが正しいよな

    by 匿名 €2017年8月14日 5:07 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー