【速報】紹介しちゃって大丈夫? 韓国紙が東京裁判で日本無罪論を主張したパル判事の業績を紹介

広告

戦犯全員に無罪意見、インド判事の顕彰碑まで建てた日本

東京裁判で日本無罪論を主張したインドのパル判事に触れた記事が韓国紙・中央日報に掲載されていました。記事は終戦記念日にちなんだのか、靖国神社の風景を韓国人の目からレポートしたものですが、当然ながら全編批判的な視点で貫かれています。

たとえば「韓国人も2万1000人が含まれている。強制的に戦争に動員された彼らは死んでもA級戦犯と魂がまとめられたまま苦痛を受けているのだ」という具合です。

ただ奇妙なのはいくつか「おや?」と思う箇所があることです。非難と同時に日本側の主張がきちんと併記されているのです。もちろん、それは「妄言」であるとして切り捨てる目的で持ち出したのだと思いますが、問題はその切り捨て方が例によってまったく論理的でも実証的でもないことです。そのため、見方によっては日本側の主張の正しさがかえって強調されているように見えるのです。

たとえば、日清戦争と日露戦争については「『欧米帝国のアジア侵略を防ぐための決断』と、日本側の視点を正しく説明してくれていますし、韓国併合についても「『韓日強制併合』をまるで両国間で平和に締結された平等条約のように描写した」と韓国内ではあまり知られていない平和的な側面もあったことをさりげなく示唆してくれています。

また南京虐殺についても、「『南京虐殺』は日本軍の治安維持のための活動と描写されていた。『当時民間人の服を着た敗残兵などにより無秩序だった南京市を日本軍が包囲するとすぐに平和が訪れた』という形で説明していた」と、これまた日本側の主張をきちんと書いてくれています。

広告

スポンサー
スポンサー

さらに「太平洋戦争後のアジア各国の独立に対しては『日本軍の輝かしい勝利以後』だったと主張していた。戦争がアジア解放のための戦争だったことを間接的に示している」と、アジア解放論にまで踏み込んで紹介してくれています。

そして本題のパル判事についてですが、「『日本が犯罪を犯した』『日本は侵略の暴挙をした』などのゆがんだ罪悪観を背負って卑屈、退廃に流れるのを私はただ見ていることはできない。誤った歴史は書き換えなければならない」というその言葉を紹介すると同時に、「東京裁判が連合国の敗戦国日本に対する野蛮な復讐の儀式にすぎないことを看破し…博士(パール判事)の裁定は今や文明世界の国際法学界における定説と認められた」という顕彰碑に記された碑文まで紹介してくれています。

たしかに日本非難を目的とした記事であることは間違いないのですが、はたしてそう単純に受け取ってよいものなのかーー。もしかしたら、記者は日本批判に見せかけて韓国のあまりにも偏ったウリナラ史観を批判するためにこの記事を書いたのではーー。

そう思う一方で「 先祖の位牌が祀られたところに向かってお辞儀をして福を祈る」「A級戦犯14人の位牌も一緒にある」という表現を見るかぎり、日本に対してそれほど深い知識を持っているとは到底思えないし‥。

なんというか、妙に困惑させられる記事でした。

戦犯全員に無罪意見、インド判事の顕彰碑まで建てた日本

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

6件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. A級戦犯なんていません!勿論BもCも居ません!彼等はもう罪を許されています!記憶が曖昧ですが国会で議論され彼らの罪は無くなったと聞きました

  2. 日本の左翼ジャーナリストもそうだけど、事実を間違った論理と主張でねじ曲げて記事にする。
    事実が記事のメインじゃなくて、左翼ジャーナリストの主観で記事を書き印象操作をしてるのが現在のマスゴミ。

    • パル判事がまるで日本を擁護していたかのような記事を書く歴ニンも同じだな。

      パル判事は法の精神を重視し、平和に対する罪という事後法で日本を裁くのは間違っているとした。
      実際彼は南京事件で日本を批判しているし、日本の侵略行為は通例の戦争犯罪(戦時国際法違反)として断罪すべきとしている。
      また同じ帝国主義の欧米が日本を裁くのも間違いとした。
      被害国に対する日本の罪を認めなかったわけではない。

      • パール判事は「日本無罪判決」を書いたんだよ。

        >同判事は日本の教科書が東京裁判史観に立って「日本は侵略の暴挙を犯した」「日本は国際的な犯罪を犯した」などと教えていることを大変に憂えて「日本の子弟が、歪められた罪悪感を背負って卑屈、頽廃に流されて行くのをわたくしは平然と見過ごすわけにはいかない。」とまでいって励ましてくれた。