【???】韓国人学者曰く「歴史上日本軍と戦いらしい戦いをしたのはアメリカ軍と大韓帝国軍だけだった」

広告

韓国がまたなにやら謎だらけの歴史解釈を持ち出してきたようです。

韓国紙・中央日報に大韓帝国時代の歴史の見直しを促す韓国人学者のコラムが掲載されていたのですが、読んでいて頭が痛くなってしまいました。

まず最初に頭が痛くなったのは、東学党の乱が「甲午倭乱」、日露戦争が「甲辰倭乱」となっている部分です。韓国では以前からそのように称しているのでしょうが、しかし日露戦争はまだしも東学党の乱がなにゆえ「倭乱(=日本人の反乱)」になってしまうのでしょうか? あれは純然たる朝鮮人の宗教団体による反乱だったはずです。謎です。

次に頭をひねったのは、「 1894年6月、甲午倭乱の時に侵入してきたが、明成(ミョンソン)皇后殺害に怒った百姓(ペクソン)の武装蜂起と、高宗(コジョン)の俄館亡命で一時退却した日本軍は、1904年(甲辰年)2月に再び侵入して韓半島(朝鮮半島)全域を占領した」という部分です。

これは日清戦争から日露戦争にいたる時期のことを記述しているようですが、しかし日本軍が軍を引き揚げたのは清国に勝利したからであって、高宗がロシア公使館に引きこもったからではありません。そもそも高宗がロシア公使館に引きこもった露館播遷は1896年からのことで、日清戦争終結後一年以上経ってからのことです。

さらに頭を抱えたのはそのすぐ後に続く記述です。

日帝の全面侵攻に国軍と民軍(義兵)が力を合わせ、全国各地で6年間にわたってすさまじい「国民戦争」を繰り広げて抵抗した」。

日露戦争後6年といえば、1910年の日韓併合までの期間だと思いますが、その間、朝鮮半島でそんな「大戦争」が繰り広げられていたとは初耳です‥。

しかし、これに驚いてはいけません。最後にきわめつけの一節がその後に続きます。

広告

清軍とロシア軍に勝った日本軍に戦いを挑み、戦いらしい戦いをした軍隊は、その後米軍を除いては大韓帝国の国民軍しかなかったが、このような事実を私たちは知らずにいる」。

分かりにくい日本語ですが、要するに「清国軍とロシア軍に勝った強大な日本軍と正面から戦ったのは歴史上、アメリカ軍と大韓帝国の国民軍だけだった」という意味のようです。

‥いやまあ、なんですな、これ以上突っ込むとますます頭が痛くなりそうですので、後の突っ込みはみなさんにお任せしたいと思います。

大韓帝国は無気力に滅びたのではない(1)

大韓帝国は無気力に滅びたのではない(2)

(追記)
義兵戦争ねえ‥。一応知ってますけど。ただ「怪しすぎる戦争」なので触れなかった次第です。この義兵戦争、ここにあるように「すさまじい国民戦争」というほどの規模の「戦争」だったんでしょうかねえ。昔は「義兵戦争」ではなく「義兵闘争」と呼ばれていたはずですが‥。ここではそれがあたかも「日米戦争にも匹敵する規模の全面戦争」とのニュアンスだったので、皮肉も込めて「初耳」だし「頭を抱えた」と言ったつもりなのですが‥。それにこの程度の「戦闘」なら満州あたりの匪賊討伐の際にもしばしばあったように思うのですが‥。そもそもこの義兵戦争、誇張されているのかどうかは知りませんが、その説明が年々、「立派」なものになっているのも気になりますし。以前誇張しすぎとして自爆した青山里の戦闘の例もあることですし‥。

朝鮮と中国の歴史を見る際は、上記「朝鮮カルタ」にある「歴史捏造 匪賊も烈士」という珠玉の言葉を肝に銘じておくべきかと思います。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→

ブログ主

シェアする

8件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 韓国人は、自尊心の核となるものが何ひとつ無いので、嘘で埋めないと生きていけないのです

  2. ”本格的”に闘った結果、強姦男も売春女も倍増ニダ。ベトナムはインフラ資金をフランスに返還した愚か者ニダ。ウリ達にそんな良心など皆無ニダ。

  3. あのさ、少しは調べてから言おうぜ。
    調べもせず馬鹿にするだけじゃ第三者から見て論破されたなと思われるのはこっちだよ。
    その学者が言ってるのは特に1907年から始まった第二次義兵運動のことでしょう。
    鎮圧に約2年かかっています。当時の忠清北道警務部長曰く「実に一国の大乱であった」とのこと。
    第二次義兵運動での韓国(暴徒)側の犠牲者数は17,779人、
    なお日本側の犠牲者数は136人。
    簡単にいうとインド大反乱のミニミニ版といったところで、インド人からすれば「韓国はその程度で自慢するのか?」って感じだろうけどね。
    でも、最低限の知識だけは入れておいてね。一応戦いがあるにはあったわけなのだから。「正面から」というのには疑問あるけどね。
    その件は他にもいろいろ言いたいこともあるけど、ここで言っても仕方ないので割愛。

      • 第一次義兵運動の方(1906年)には当時の大韓帝国の皇帝高宗が関与されていたとされています。
        反乱の首魁がいずれも宮廷に近い人物で、特に全羅北道泰仁で蜂起した崔益鉉の陣営では挙兵を促した朱印が押された指令が見つかったそうです。
        しかし、当時の高宗といえば、表では日本に服従したふりしつつ、裏では反日活動してたっていう奴だからね。
        外国の新聞社には第二次日韓協約を無効だと言いつつも、伊藤博文に詰問されると「そんなことは言っていない」と否定する、なんてことを繰り返していました。
        それで日本も第一次義兵運動の方はすぐ鎮圧したんだけど、高宗の関与については敢えて不問に付したんだよね。その直後に明らかになったハーグ密使事件で結局「やっぱりダメだこいつ…」ってなったんだけどね。

        第二次義兵運動も簡単に言うと韓国の軍隊を日韓協約に基づき解散させようとしたことが発端となった反乱。

        つまり、どちらも一部で言われているような単なる匪賊とはちょっと違うんだよね。まあ一般民衆を脅かす匪賊も多々いたとされているし国民軍といえるほど支持されていたかというと疑問があるけどね。

  4. 朝鮮人の自称学者がこの手の幼稚なプロパガンダ満載な発言をした時に返す言葉は一つだけ
    道理で何時まで経ってもノーベル賞が取れない訳だわ

  5. 今更韓国人は何を言いだそうが特に驚きはしないが、韓国では学者レベルの人間までがこういう狂った見識を持っている。
    日本にも頭のおかしな奴はいるけど、韓国人は更にその上を行くイカれっぷりだ。
    『1+1=3』だと言い張る人間に数学を教えることは不可能。
    韓国人と議論することは小学生に高校生レベルの勉強を教えるようなもの。
    まさに時間の無駄。