【速報】慰安婦問題への視点から透けて見える石破氏の歴史観と国家観とは?

広告

韓国の東亜日報に対して「日本は韓国の納得を得るまで謝罪し続けるしかない」と語ったとされる自民党の石破茂氏。その真意に疑念を抱いた歴史認識問題研究会事務局長代行の山岡鉄秀氏が、その歴史観、国家観を問いただしていました。

この石破氏ですが、情報が限られ、国民の多くも騙されていた20年前ならいざ知らず、これだけ事実関係があきらかになった現在、いまもなおこのような時代錯誤ともいうべき偏った歴史観を持っているというのはどういうことなのでしょうか?

知的理解力に劣っているはずがないので、たんに新しい情報に接していないのか、あるいは接していてもそれをもとに自ら考察することを怠っているのか‥。

しかし、歴史観とそれにもとづく国家観は政治家にとってその存在意義を左右するもっとも重要な部分であるはずです。私たち有権者が政治家を選ぶのはその政策もさることながらその根底にある国家観を吟味してのことなのですから。

いくら忙しいとはいっても、政治家としての肝ともいえるその根幹部分に対して不勉強だったというのでは、政治家である以前に職業人としてのモラルが問われるのではないでしょうか。

言論プラットフォーム アゴラより一部転載

慰安婦問題「韓国が納得まで謝罪」石破氏の歴史観と国家観 — 山岡 鉄秀

自民党の石破茂前地方創生担当相が韓国の東亜日報のインタビューに応じ、慰安婦問題に関して「日本は韓国の納得を得るまで謝罪し続けるしかない」と述べたとする記事が東亜日報電子版に掲載されたことを産経新聞が報じ、波紋を呼んでいる。(2017年5月24日)

広告

スポンサー
スポンサー

そこで、韓国語のオリジナル記事を入手し、全文を和訳して内容を確認したうえで、石破事務所に電話して、改めて「謝罪発言」の真偽について質問したので、読者と共有したい。

東亜日報のインタビュー記事には慰安婦問題に限らず、石破氏の歴史観と国家観が凝縮されている。ポスト安倍を伺う有力政治家の歴史観と国家観を正確に把握することは、日本国民にとって極めて重要だと考える。

まず、問題の「謝罪発言」だが、これは産経が伝えるように、平成27年の日韓合意に関するものでは必ずしもなく、改憲や靖国問題について持論を語る中で、「慰安婦問題全般」に関して語られたものであることがわかる。これが問題の個所である。

――慰安婦問題などで韓日関係が難しくなっていることについては、どうお考えでしょうか。

「本当に難しい問題です。慰安婦問題について日本にも多くの意見がありますが、人間の尊厳、特に女性の尊厳を侵害したという点において、あってはならないことであり、謝罪すべきです。ただ、何度も歴代首相、日王まで謝罪の意を明らかにしても、韓国で受け入れられていないことについては不満も大きい。それでも、納得を得られるまでずっと謝罪するしかないでしょう。」

続きは元記事でお読みください→http://agora-web.jp/archives/2026412.html

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→

ブログ主

シェアする

6件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 納得まで千年かかるらしいからあなたがちゃんと生きて千年謝罪し続けて下さいね。
    罪のない子供達に謝罪はさせないで下さいね。

  2. ダメだろう。石破は
    その場しのぎに韓国におもねっても、所詮は朝鮮人、日本人と同じくらいの権利を与えられても日本人として扱われても、それじゃあ立場が悪いとばかりに日本人に謝罪ばかりを求めて来る
    あいつらは自分たちが哀れな植民地だったとなにがなんでも世界に認めさせたい根っからの奴隷根性でたかることしか考えてないこじきだから付き合うのは無理

  3. 日王ってなに?
    石破が直接言ったのか東亜日報がわざと誤訳したのか知らないけど、まあ後者だろうけどどちらにしろアウトだよね。
    はなから日本を貶めようと思う気持ちが全面に出てる。、