歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】安倍首相グッジョブ!慰安婦問題で韓国特使を門前払い

time 2017/05/19

広告

昨日18日に行われた韓国大統領特使との会談で、安倍晋三首相は慰安婦問題に関する日韓合意の見直しを掲げる文大統領の願望を事実上、門前払いしたようです。

会談で安倍首相は「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と明言。「適切に~」というのは、もちろん「『最終的かつ不可逆的に解決される』とした日韓合意を順守せよ」「国家間の約束だぞ」という意味であり、「一度決めたものを蒸し返すんじゃないぞ」と釘を刺した形です。

安倍首相の一歩も引かない姿勢におびえたのか、文特使から歴史問題へのそれ以上の言及もなかったということです。

(ZAKZAKより転載)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170519/plt1705191100002-n1.htm

安倍首相、慰安婦問題を門前払い 領土問題挑発にも怒りの言及 韓国特使と会談

安倍晋三首相は18日午前、韓国大統領特使の文喜相(ムン・ヒサン)国会議員と官邸で会談し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任を受け、「未来志向の関係を築きたい」「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と語った。慰安婦問題に関する日韓合意の見直しを掲げる文大統領の願望を、事実上、門前払いしたことになる。韓国は特使派遣と並行して、領土問題で日本を挑発してきたが、安倍首相はこれにも断固抗議した。「極左・従北」とされる文政権に対し、決然とした姿勢を示した。

注目の会談で、文特使は「文大統領は早急にお会いすることを望んでいる」といい、両国間のシャトル外交の再開を求める親書を手渡した。安倍首相はこれに同意し、日韓首脳会談を早期に実現したい考えを表明した。

「核・ミサイル開発」を強行し、アジアと世界の平和と安定を脅かす金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮に対処するため、日韓で緊密に連携することでも一致した。

広告

一見、友好的な会談にも思えるが、慰安婦問題については違う。

安倍首相は会談で、「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と明言したのだ。「適切に~」というのは、「『最終的かつ不可逆的に解決される』とした日韓合意を順守せよ」「国家間の約束だぞ」という意味の厳命である。安倍首相の一歩も引かない姿勢におびえたのか、文特使から歴史問題への言及はなかったという。

11日の日韓電話首脳会談でも、安倍首相は、文大統領に同じ発言をしていた。そのうえで、「合意は日韓両国間で約束したもので国際社会から高く評価された。未来志向の日韓関係を築いていくために欠くことができない基盤だ」と通告していた。

2015年に結ばれた日韓合意は、米政権が支持し、韓国出身で、当時の潘基文(パン・ギムン)国連事務総長も歓迎していたのだ。

日本側の「日韓合意の見直しは許されない」とのメッセージに対し、文特使は17日の岸田文雄外相との会談で、次のようなくせ球を投げてきた。

「韓国国民の大多数が(日韓合意を)受け入れられない雰囲気だ」

国家間の約束を、韓国は国民感情で反故(ほご)にする可能性を示唆したわけだ。まともな国とは思えない。

慰安婦問題に詳しい拓殖大の藤岡信勝客員教授は「『話せば分かる相手』という前提で韓国と接してきたことが間違いだった」といい、続けた。

「日本は、韓国について『隣国で大事な国だ』という扱いで、さまざまな配慮や譲歩をしてきた。これは、まったく逆効果しか生まない。相手がまともであれば、誠意が通じるかもしれないが、そうでない相手には逆効果でしかない。未来永劫(えいごう)裏切られ、未来永劫悪者にされる流れは変わらない。なるべく韓国とは関わりを持たない方がいい」

韓国の許しがたい行動はまだある。文特使の派遣に合わせるように、領土問題で挑発してきたのだ。

続きは元記事でお読みください→http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170519/plt1705191100002-n2.htm

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • 1ミリでも譲歩したら、安倍の終わり!チ~ン

    by aux €2017年5月20日 6:24 PM

  • 日本は韓国という国が無くても困らない。
    むしろ邪魔で足手まといだ。
    こちらにデメリットがあるとしても微々たるものだ。
    しかし韓国は日本の助けがないと何もできないどころか、狂った連中しかいない。
    嫌われてる自覚がない韓国に未来は無いと言えばいいのです。

    by 匿名 €2017年5月20日 1:55 PM

    • 極めて残念だけど、同意できないな。
      釜山や済州島まで中国だったりロシアになったりしたら、今までの防衛感覚ではいられなくなる。
      九州・山陰は最前線の感覚になるだろ。
      愚かで惰弱な韓国であることが、すべての地域にとって利益になるんだよ。
      敢えて言うなら、彼ら自身にとってもな。

      by 匿名 €2017年5月23日 12:26 PM

  • なんか韓国人が書いたみたいな記事だな。
    かなり強引にホルホルしてる。
    安倍に怯えたとかアホかよw

    by 匿名 €2017年5月20日 9:15 AM

  • 常識が通用しないことほど面倒臭いことはない

    by 匿名 €2017年5月20日 1:03 AM

  • だな。お互いが臭いものにふたで慰安婦問題はつつかんでおこうという感じ。
    問題は日本が金を払い条件を履行した後で、韓国は守らないといういつものパターンを許していること。
    韓国に貸しのできた状況なのに日本がそれを生かす気がないところ。

    by 匿名 €2017年5月19日 8:01 PM

  • 正直 この記事は日本側の自己満足

    あの合意でも完全かつ不可逆的にと明記してもこの状況

    未開朝鮮人に この言い回しは通じない

    by 名無しさん €2017年5月19日 6:18 PM

  • もう、中国式のやり方でやる方が早い!韓国なんかに気を使う程、馬鹿らしい事はない。

    by 匿名 €2017年5月19日 6:10 PM

  • この言い方じゃ白痴の朝鮮人には伝わらないと思うが
    バカでも分かるようにもっとキツく拒絶の意思を示した方がいい

    by 匿名 €2017年5月19日 5:22 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。