【韓の法則】「ソウル大荒れ」朝鮮半島大乱の予兆か?

広告

 

朴槿恵前大統領を支持するグループによるソウルでのデモが暴動に変わりそうな勢いだというニュースが入ってきました。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170401/frn1704011530004-n1.htm

これはいよいよ、来るべきものが来るのでしょうか?

以前、こちらの記事に書きましたが、韓国の歴史には次のような一定のパターンがあります。

→「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

政府の内紛

暴動

外国への事大

外国による混乱収拾

政府の内紛

このパターンでみると、現在の韓国は2番目の「暴動」の段階へいままさに突入するところにあるといえそうです(いや、南北分断以来、混乱状態にあるわけで、ある意味すでに「暴動段階」、さらには「外国への事大段階」にあるといってもいいと思います)。

しかし問題なのはその後です。韓国では一度暴動が発生すると基本的に自分たちだけでそれを収拾することができません。必ず外国への事大(依存)とその介入を招き、それによってようやく混乱が収拾されるという歴史の法則があるのです。

スポンサー
スポンサー

広告

またここにはもうひとつの法則があります。それは事大する外国が複数ある場合、必ずその外国を巻き込んだ国際的な大戦争へ発展するという法則です。

その原因となるのは朝鮮伝統の事大外交です。あっちについたり、こっちについたりする無責任なコウモリ外交が大国間のパワーバランスを崩すことで周辺諸国の対立をいたずらにあおることになってしまうのです。

朝鮮によるコウモリ外交が原因となって発生した戦争は、ここ100年だけでみても「日清戦争」「日露戦争」「朝鮮戦争」などがあります。見方によっては「日中戦争」や「日米戦争」も同様に朝鮮人が火に油を注いだ戦争とみることもできるでしょう。

もし今回も歴史の法則通りに進むとしたならば、この後に来るのは韓国をめぐる周辺諸国同士の対立のヒートアップと、それらの国々を巻き込んだ国際戦争の勃発ということになります。

ということは、第二次朝鮮戦争の勃発はもはや時間の問題なのでしょうか?

 

「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

5件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. むしろこれが正常だろ
    常に何かに怒り狂ってなきゃ死ぬ民族なんだから

  2. じゃあ、言い様によっちゃあ世界は朝鮮を中心に回ってるって事ね。へ~、ふ~ん。