歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【韓の法則】「ソウル大荒れ」朝鮮半島大乱の予兆か?

time 2017/04/01

広告

 

朴槿恵前大統領を支持するグループによるソウルでのデモが暴動に変わりそうな勢いだというニュースが入ってきました。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170401/frn1704011530004-n1.htm

これはいよいよ、来るべきものが来るのでしょうか?

以前、こちらの記事に書きましたが、韓国の歴史には次のような一定のパターンがあります。

→「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

政府の内紛

暴動

外国への事大

外国による混乱収拾

政府の内紛

このパターンでみると、現在の韓国は2番目の「暴動」の段階へいままさに突入するところにあるといえそうです(いや、南北分断以来、混乱状態にあるわけで、ある意味すでに「暴動段階」、さらには「外国への事大段階」にあるといってもいいと思います)。

広告

しかし問題なのはその後です。韓国では一度暴動が発生すると基本的に自分たちだけでそれを収拾することができません。必ず外国への事大(依存)とその介入を招き、それによってようやく混乱が収拾されるという歴史の法則があるのです。

またここにはもうひとつの法則があります。それは事大する外国が複数ある場合、必ずその外国を巻き込んだ国際的な大戦争へ発展するという法則です。

その原因となるのは朝鮮伝統の事大外交です。あっちについたり、こっちについたりする無責任なコウモリ外交が大国間のパワーバランスを崩すことで周辺諸国の対立をいたずらにあおることになってしまうのです。

朝鮮によるコウモリ外交が原因となって発生した戦争は、ここ100年だけでみても「日清戦争」「日露戦争」「朝鮮戦争」などがあります。見方によっては「日中戦争」や「日米戦争」も同様に朝鮮人が火に油を注いだ戦争とみることもできるでしょう。

もし今回も歴史の法則通りに進むとしたならば、この後に来るのは韓国をめぐる周辺諸国同士の対立のヒートアップと、それらの国々を巻き込んだ国際戦争の勃発ということになります。

ということは、第二次朝鮮戦争の勃発はもはや時間の問題なのでしょうか?

 

「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • あいつらの行動を真剣に取り合っちゃダメ

    by 匿名 €2017年4月2日 1:53 PM

  • むしろこれが正常だろ
    常に何かに怒り狂ってなきゃ死ぬ民族なんだから

    by 匿名 €2017年4月2日 1:50 AM

  • じゃあ、言い様によっちゃあ世界は朝鮮を中心に回ってるって事ね。へ~、ふ~ん。

    by 匿名 €2017年4月1日 8:25 PM

  • 未開の土人国家はどうしようもないな

    by 匿名 €2017年4月1日 8:04 PM

  • 歴史知識が偏ってる

    by 匿名 €2017年4月1日 7:57 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。