東京大空襲動画から読み解く反日コメント、5つの難癖パターン

広告

さる3月10日は、東京大空襲があった日です。今回はそれにちなんで東京大空襲の動画についていた日本語のコメントをご紹介いたします。

ご覧のように、きわめてまっとうなスレ主の主張に対して、特定サイドに属すると思われる人たちから粘着質的な難癖コメントが上がっていました。

よく読めばほとんどが詭弁でしかないのですが、それなりに手の込んだ詭弁でもあるせいか、慣れない人にはその論理の誤りを見抜くことが難しいようで、手こずっている様子がうかがえました。

ちなみに反日サイドが繰り出してくるコメントには以下のようにいくつか典型的な特徴がみられます。

■パターン1
人を小馬鹿にしたような上から目線の口ぶりを好む

■パターン2
やたらと専門用語をちらつかせ、煙に巻く

■パターン3
相対主義と絶対主義を使い分ける

■パターン4
「日本悪玉論」への絶対視

■パターン5
日本語が微妙である。

それと、「勉強不足だ」と非難する相手に「もっと勉強しろ」と言って提示するリンク先がどういうわけかやたらと多いというのもあります。しかし、決定的証拠を提示するのであればリンクはひとつで十分なはずです。しかもそれらのリンク先をしらみつぶしに調べてもどこにも核心的な情報が載っていないことがほとんどです。

じつは、これ「知識のない人とは議論できない」という「学者ぶった」態度を取ることで自らを「専門家」に見せかけるとともに、相手を煙に巻き、そのあいだに逃走をはかるための手段でもあります。要するに、忍者が逃げる際に使うマキビシ、あれと同じです。相手が事情をよくのみこめず、とまどっているうちにさっと身をくらましてしまうわけです。

反日サイドとの論戦においては、こうした特徴的なパターンを知らないと知らず知らずのうちに相手の術中にはまってしまうことがあります。そうならないためにも、こうした敵の典型的な攻撃手法については、日頃からもっとよく知っておきたいものです。

以下、動画についていたコメントです。

●(スレ主)
東京大空襲は、ホロコースト(大量虐殺)ではなかったのだろうか? 多くの日本人は、そのことに触れようとはしない。いわんや、2発の原爆投下は、どうなる? これこそ、ホロコーストそのもの、ではないのか? 今も日本に対して戦争犯罪が追及され続ける、それでは、アメリカの行った この戦争犯罪は、どうなる? どうしてアメリカは糾弾されず、日本だけが糾弾され続けるのだろうか? この不条理に日本人は、なぜ沈黙するのか?

日本は侵略戦争をした極悪人だから、当然の 罰が下されたとでも??

<歴史的事実>
ベトナム    1885年からフランスの植民地     1945年独立
フィリピン   1900年からアメリカの植民地     1946年独立
マレーシア   1895年からイギリスの植民地     1957年独立
インドネシア  19世紀中頃からオランダの植民地   1945年独立
カンボジア   1863年からフランスの植民地     1945年独立
ラオス     1899年からフランスの植民地     1953年独立
ミャンマー   1886年からイギリスの植民地     1943年独立
インド     19世紀中頃~イギリスの植民地    1947年独立
パキスタン   19世紀中頃~イギリスの植民地    1971年独立
バングラディシュ19世紀中頃~イギリスの植民地    1971年独立

もしも日本が侵略戦争という名目で断罪されるのであれば、同様に、欧米諸国も侵略戦争で断罪されるのが公平です。

スポンサー
スポンサー

(中略)

<戦時体制と軍国主義>
肝心なのは、「自衛戦争と侵略戦争」を、或は、「戦時態勢と軍国主義」とを、ごちゃ混ぜにしないことです。恣意的に ごちゃ混ぜにさせ、現代の物差しを持って戦後の日本国民が ある特定の方向へと誤解する様に扇動して来たのが、戦後の教育界と、NHK・朝日新聞を筆頭にしたマスコミ業界です、贖罪を背負わせ自虐させる為に。日本の教育界や学者、そしてNHKを始めとするマスコミ各社は どうして、当時の世界常識(趨勢)を教えずに、なぜ、日本だけを糾弾し続けるのだろうか?

つまり、現代の物差し!を使って過去の歴史を計るな!ということです。
当時は、世界中で白人国家が、植民地政策で富を搾取する為に覇権(侵略)を進めていた時代だったからです。

広告

<GHQの占領政策と敗戦利得者>
当時のGHQ占領政策に従い、戦後の利権を確立して来たマスコミや教育界は、今さら世間に歴史の真実を語って自らの既得権益を手放すことなどできず、延々と自己保身のために自ら日本を弑し国民を呪縛し続ける。

(中略)

戦後の日本は、当時、無差別爆撃を命令・指揮したカーチス・ルメイに対して勲章を贈っている。無差別攻撃は大量虐殺として国際法に違反する行為と規定されている。 戦争犯罪者に、なぜ勲章を与える?

戦勝国の都合による、謂れの無い贖罪を背負い、スケープゴートされながら世界の中で委縮して生きる日本人ほど、情けなく哀れなものはありません、国をも失います。

自分で自分の首を締め続ける!・・・この延長線を辿る将来の日本は、どうなる?
日本国民は、この自ら国を粛清する 悪しき 戦後レジーム(戦後体制)に危機感を持たず放置するつもりなのだろうか。


勝者が正義
敗者は悪


君は日本は何カ国を敵にしましたか?。また「東京大空襲」は、矛盾がある。この年は、国民総動員令が発令されて、下は中学生。上は老人まで「男女共」兵士。2発の原爆投下は、どうなる?…..被害者には申し訳ないが、結果、分割占領されなかった。「この不条理に日本人は」も、矛盾。だいたい、君の労働者としての身分・権利はいつの時だからですか?。君の家系が家族なら別だけど。現在の価値観で日本を語ったら、大間違い。
(訳者注:日本語として意味不明。どこの国の人でしょうか? ←パターン5)

日本だって植民地政策してたやん!東南アジアの人達を強制労働させて殺してたやん。やってることは悪やん。前の人が人殺してたから、自分も正当化されんの?(笑)
日本だって重慶や上海を無差別爆撃したやん。ただ日本の経済力が弱すぎて、爆弾を大量に生産出来ずに、米英ほど大規模に出来なかっただけやん(笑) おやじやんけ(笑)
(訳者注:相対主義と絶対主義の糞味噌理論+無礼な口ぶり ←パターン3および1)


日本は自国のしたことを認めていますが、イギリスやフランスやアメリカをはじめとする帝国主義の先輩国家は自分たちの罪を認めていませんよ。


ネオリアリズムのこの現実世界において超大国を裁く世界政府でもあるの?アメリカやイギリスのさらにその上にある巨大な権力と実力を持った政府でもあるの?(笑)
国家間の関係はウェストファリア条約以降、どの国についても横並びなんだよ?(笑)わかる?
つまり国家間はアナーキーな状態だってこと。その中でそれぞれの国が覇権を握ったり、秩序を模索してるわけ。だから全ての国家間が平等で有るはずがない。分かる?お馬鹿さん?(笑)
国際政治に良いも悪いもあるの?(笑)
(訳者注:専門用語で煙に巻く+無礼な口ぶり ←パターン2および1)


罪を認めるとかねー。君、中学生かな?(笑)
社会人ならわかると思うんだけどなー(笑) あっ、ガキだから仕方ないか(笑)
(訳者注:無礼な口ぶり ←パターン1)

まるで自分は大人みたいな言い方、、、


えーとまずこういう虐殺に関してはホロコーストではなくジェノサイドです。それから日本も人体実験を中国でやってたのにあまり触れてませんね。そして、この戦争は日本が先制攻撃を仕掛けたので アメリカに還付なきまでに叩き潰された この表現が適切でしょう。無差別攻撃を行ったところで日本も降伏しなかったのでこの空襲が罪に当たるとは思えません。日本は負けたのですし
(訳者注:「日本絶対悪玉論」に基づく手前勝手な糞味噌詭弁 ←パターン4)


(管理人後記)
このところ、反日サイドからの反論攻勢が活発化しているように感じます。とくに某国には、詭弁術に関する長い歴史と伝統がありますので、詭弁とは無縁に過ごしてきた素直な日本人はこうしたコメントにはどうしても手を焼いてしまうようです。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

シェアする

1件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. すべては敗戦国という宿命からきたものです。昔の敗戦国だったら国自体が絶滅していたはずです。近代戦で首の皮一つで生き延び、名目上の独立も果たしましたが、実際はまだ敗戦で生じた国の滅亡の道を歩んでいると言えます。必死になって本来の日本の国を取り戻そうとする心ある人々はいるのですが、何しろ本来の日本国を体現した憲法はすでに無く、戦後教育の浸透が確固たるものになっている以上、自国を守る戦争が侵略戦争という汚名を着せられたまま既成事実化してしまっている現状です。日本の真実を国民一人一人が知る時代は来るのだろうか。日本という国は大変奥が深くて、ちょっとやそっとの知性では理解不能です。すでに日本は滅びてしまったと嘆く自分があります。