歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【南京事件】どこの並行世界だ? あいかわらず妄想満開の中国人コメントをご覧ください。

time 2016/12/15

広告
南京に入城する日本軍

南京に入城する日本軍

広告

12月13日は祝うべき南京解放の日

さる12月13日は、ほとんど土匪同然だった蒋介石軍が蟠踞していた南京を日本軍が制圧し、その暴虐な支配から中国市民を解放した日です。

当時の中国はいまのシリアやかつてのソマリアなどと同様、完全な崩壊国家であり、治安などほとんどないに等しい状態でした。そのことは、当時の中国兵がどんな様子だったかを示すこの図をみれば一目瞭然です(これは張作霖軍の悪行を民衆に知らしめるために蒋介石軍が作成したポスター)。

 

続きはこちらでお読みください→

 

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • ここって海外のちゃんとしたコメントを載せることないよね
    なんで日本が非難されてるのか、そういうのも考えるために必要な情報を載せず
    「日本は間違ってなかった!」を補強するだけのコメントばかり訳して、対立意見はまるでいちゃもんつけてるような書き方ばかり
    恥ずかしくないの?お前朝鮮人以下だよ

    by 匿名 €2016年12月16日 12:22 AM

    • ちゃんとしたコメントってどういうものですか?

      いままで関連コメントをずいぶん見てきたつもりですが、考慮に価するコメントが肯定サイドから出てきたことなどほとんどありませんでしたよ。

      【南京事件の嘘】歴史戦の現場から(海外コメントまとめ)http://hakkou-ichiu.com/post-2586/

      むしろまともなコメントが肯定サイドからほとんど出ないので議論として面白くないなと自分でも思っていたところです。

      もしそのようなコメントがあるなら喜んで翻訳しますので、どこにあるのか具体的に教えてもらえますでしょうか?

      それと「お前朝鮮人以下」ってどういうことですか?

      私は八紘一宇主義者です。中韓による歴史ねつ造が、結果的にあなたのような無知な民族差別主義者を生み出し、一部の支配層の思うつぼになってしまうのを懸念しているからこそこのようなブログを運営しているつもりです。

      by ブログ主 €2016年12月16日 10:14 AM

  • 写真は捏造だって判明してるのに、それについての反論は無いのね。
    信じたい嘘は妄信し、事実を調べる勇気も無い臆病者。

    by 匿名 €2016年12月15日 9:36 PM

  • ひいおじいちゃんが南京に入っていました。そのあと戦地で亡くなっているので本人から話を聞くことはできませんでしたが。
    虐殺はなかった話、あった話を両方調べてます。虐殺があったという方の主張は感情論ばかりで証拠がここニ十年やらで増えた中国側の写真なのでうんざりしてました
    検証されて事実無根と判断された写真も英語のWikipediaに載って拡散されていますし、
    こういうブログは本当に助かります

    by 匿名 €2016年12月15日 5:49 PM

  • 通常の戦争犯罪はあったよ。
    問題は、数字だけだ。
    30万の内、5万は国民党軍の戦死で、10万は逃亡して、2万は国民党の殺人で、2万は無秩序における殺害で、10万は共産党のプロパガンダだ。
    戦闘詳報を見た限り、1万から2万の捕虜処断はあった。そうしなければ、皇軍兵も飢え死にしていただろうね。

    by 桜道 €2016年12月15日 3:24 PM

  • 今を生きる日本人である自分が不思議に思うこと。
    なぜ、中国人は現在で助け合いもしないのに、
    南京事件の被害者だけのことは、自分の親・兄弟みたいに思っているのでしょう?

    数年前に交通事故で、何度も轢かれた女児のことは、誰一人守らなかったのに。
    老人が倒れても外国人が助ける始末。
    春節では電車に乗るのも並ばずに、譲ることもしないのに。
    なぜ、現代ではそういった事をやらないのに、当時の中国人は思うのでしょうか?
    不思議ですよね。

    儒教はその昔、礼儀も正義感も無い中国人の為に作ったと言うのに。
    それを、昔の中国人は親切で日本人以上に礼儀正しいと信じてるのは何故?
    本当に不思議です。中国人の民族性なのでしょうか?
    あれほど、詐欺や誘拐事件が多いのに、歴史問題では嘘をついてないと思う心が分かりません。

    by 匿名 €2016年12月15日 2:49 PM

  • まあ、韓国中国も同様指しゃぶりの頃からずっと教育の一環として教え込まれたのだから、もう第三者が言ってもしょうがないだろうね。我々に例えると、はい、これから化学・物理の原理が変わります。今まで教わったのは間違いでした。とそれを信じて大人になった、科学者・医者に言うようなものだ。日本はもちろん真実を貫き伝え続けていくべきだけど、中国韓国人で学校にいけないバカでも歴史観だけは叩き込まれるのに、日本人の若者はどこと戦争してたかとかWW2の知識が全くない者がすごく増えているのが懸念。

    by 匿名 €2016年12月15日 2:43 PM

  • 現在の増長した中国共産党を作った大元はアメリカです。
    日本の左翼も尻馬に乗って増長させています。
    現在、日本とアメリカは日米安保を結んだ大切な友好国には変わりありません。
    しかし、主張すべきは主張してこそ正常な同盟関係だと思います。

    by 匿名 €2016年12月15日 2:37 PM

  • 中国共産党は恥を知るべきだろう。常任理事国の立場にも関わらず、具体的な根拠を何も示さずに捏造した歴史を一方的に主張しており、非常に悪質である。今後も明確な証拠を示さない限り、日本側が謝罪する事は永遠にない。

    by どこかの日本人 €2016年12月15日 1:56 PM

  • 中国共産党は主張する内容を裏付けした明確な証拠を提示する必要がある。事実に反する内容に対して謝罪を求める行為は国際社会では通用しない。幾ら同様の政治プロバガンダを中国側が発信しても事実を覆す事は不可能である事を理解するべきだろう。

    by 名無し €2016年12月15日 1:44 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。