歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【海外の反応】日本は悪玉それとも善玉? アメリカの反日プロパガンダ映像に対して議論百出

time 2016/10/25

広告

WW2 – Japanese Invasion of China | The Second Sino-Japanese War | 1937-45 | World War II Documentary

戦前の日本が悪玉だったのか、そうでなかったのか? 当時アメリカで制作された反日プロパガンダ映像をめぐって議論が百出していました。以下、その中から両サイドの典型的なコメントを拾ってご紹介いたします。

 

●(中国)
この映画を作った人たちとアメリカ人に感謝する。だが、日本、お前らはクソだ!

●(日本)
あの当時、大日本帝国は、アジアで唯一の大国としてふたつの課題に直面していた。ひとつはソ連の赤化政策を封じ込めることであり、もうひとつは白人による植民地政策を終わらせることだった。日本兵はアジアの自由を守るためその命を捧げた。それは賞賛を受けるに価する行為だった。
あの当時、ほとんどのアジア諸国が植民地もしくは半植民地状態にあった。同時に共産主義の脅威にもさらされていた。そうした状況下、日本にとって最重要課題となっていたのは、中国を共産主義から守ることだった。しかし、アメリカは日本を打ち負かした。その後、どうなったか? 中国、北朝鮮、ベトナムとアジアは共産主義の波に完全に呑まれてしまった。そうして民衆は多くの災厄に見舞われた。歴史の教訓に学ぶべきだ。

●(日本)
思った通り、欧米の偽善者どもとチャンコロのコメントばかりだな。

●(中国)
中国人は平和愛好者なのに、どうして日本人はそうじゃないんだ?

広告

●(中国)
当時の中国は、5000年の歴史の中でもっとも弱い時期だったが、それにもかかわらず日本は中国を打ち負かすことができなかった。残念ながらそんなチャンスはもはや二度と来ないだろう。それと、中国は日本にさまざまなことを教えてやった。手づかみじゃなく箸で食べることを教えてやったし、身にまとう着物も教えてやった。文字も教えた。このように中国は3000年前から日本の文明化を手伝ってあげたのだ。なのに日本人は感謝すらしようとしない。とんでもないやつらだよ。ところで原爆の味はどうだった? もっと欲しいか? 欲しけりゃやるぞ。いまの中国にはいくらでもあるからな。僕は世界中の人々を尊敬する。だが、第二次世界大戦時の日本人、てめえらはだめだ! やつらはナチス以上に残虐だった。

(シンガポール)
ちょっと質問なんだけど、今の日本人についてはどう思ってるの?

(中国)
そんなに嫌いじゃないよ。

(シンガポール)
じゃあもうひとつ聞きたいんだけど、日本人の何がそんなに嫌いなの? ちなみに私はシンガポール人と日本人のハーフよ。あなたが日本をどう思っているのかもう少し知りたいだけなの。

(中国)
戦時中、日本が中国に何をしたか、ググってみればわかるよ。やつらは当時の首都南京で大勢の中国人市民と捕虜を殺害した。それも、焼きコロす、人ニクを食らう、生き埋めにする、レイプする、といったきわめて残虐な方法でね。それと化学兵器を使用したり、非人道的な行為もたくさんしたんだよ。中国は3000年にわたって日本に文明というものを教えてやったんだ。いわば先生だ。なのに日本人はその先生に対して、その恩に対して残虐行為で報いたんだぜ。領土と石油が欲しくて侵略したんだって? まあいいだろう。だけどなぜ何百万人もの無実の人を殺さなきゃならなかったんだ? 僕が日本を嫌う理由はこれさ。君の母国を悪く言ってごめんよ。だけどこれが僕の偽らざる気持ちなんだ。僕はシンガポールは好きだよ。

(シンガポール)
そうなんだ‥。私自身が悪いことをしたわけじゃないけど、代わりに謝るわ。あの当時、私たちは気が狂っていたのよ。レイプされたり、理由もなく殺されたりしたあなたの先祖には同情するわ。あなたは日本が嫌いなようね。ちょうど私の母が中国を嫌いなようにね。だけど、憎しみは何の解決にもならないわ。いつの日か私たちも友人になって、この世界をもっと平和なものにできたらいいのにね。

(中国)
君が謝る必要はないよ。だけど、ありがとう。僕が日本を嫌うのはあまり合理的な理由からではない。そのことは僕も知っているよ。だけど、当時の中国人が被った不幸な歴史はどうしても忘れられないんだ。それでもいつか、もしかしたら僕たちは互いに理解しあえる日が来るかもね。ちょうどいまのフランスとドイツのように。

(不明)
(中国へ)
じゃあ君はなんで今の日本人を嫌っているんだい?

●(韓国)
日本はイスラム国の拡大バージョンだったんだよ。やつらはいまのイスラム国の連中よりもっともっと野蛮で悪辣だったんだ。

●(欧米)
中国の「屈辱の世紀」はヨーロッパの侵略に始まり、日本による大量虐殺で終わった。しかしその後も国内の混乱による大飢饉や中国人同士による大量虐殺が続いた。中国を相手にする際、我々はこのことを知っておく必要がある。彼らはいまもなお心に傷を負っているからね。

●(中国)
一人の中国人として中国が世界一平和な国だなどというつもりはない。しかし日本のアジア侵略は正しかったと考える人がいるならば、その人はどこか問題があるといえるだろう。

●(アメリカ)
プロパガンダというものの本質がわかって興味深いね。ここでは中国が平和を愛する友好的な同盟国として描かれている。一方、日本は悪辣で暴力的な敵として描かれている。
しかし今日の中国は我々アメリカに敵対する暴虐な侵略国家だ。その一方、日本は平和で信頼のおける同盟国になっている。しょせんプロパガンダなんてそんなもんだよ。

●(韓国)
日本は韓国にも同じことをした。第二次世界大戦に関していえば、韓国と中国は同じ歴史を共有している。

 

国ごとにその典型的な考え方が如実に表れていて面白いですね。

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • 見てて腹たちますね。
    思うに、アメリカが作ったとか言いながらアメリカに住んでる中国人が作ってたりする。客観的な第3者目線で作られたように仕向けて、中国マネーでプロパガンダ作る。
    そんなお金があるのなら1人あたりGNIを上げる為に国民に使えば良いのに。国民総生産は上昇してるのに1人あたりGNIは相変わらず底辺。軍事費やプロパガンダに国民の血税が使われている。天安門事件や歴史の史実を隠す事、領土拡大を狙うばかり。都合の悪い人間は消えていく。
    中国政府がいかにおかしいか。国民は何も考えないのだろうか?
    政府に洗脳され、日本に矛先を向けるばかり。
    中国を見ていると人間とは、教育が全てなのだと思わされる。

    by 匿名 €2017年2月5日 11:36 PM

  • >日本は韓国にも同じことをした。第二次世界大戦に関していえば、韓国と中国は同じ歴史を共有している。
    中国から見れば、当時日本領だった朝鮮も日本と同類だろうよwww

    by 匿名 €2016年10月30日 3:27 AM

  • >●(韓国)
    >日本は韓国にも同じことをした。第二次世界大戦に関していえば、韓国と中国は同じ歴史を共有している。

    ありえんわ。
    歴史を全く知らないとしか言えない。

    by 名無し €2016年10月25日 10:41 PM

  • 中国の3000年の歴史?
    当時と全く違う民族の癖に何を抜かしてんだよ。
    本当の英雄達はとっくにいなくなって卑怯者しかいない国が偉そうに。

    by 匿名 €2016年10月25日 7:51 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。