歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【チベット問題】明日は日本か? チベット暴動の動画に対する海外の反応

time 2016/04/16

広告

New video Chinese police’s brutal repression on Tibetans in 2008

チベット人を弾圧する中国警察の蛮行 2008

 

2008年にチベットの首都ラサで発生した反中国暴動。その容疑者とみられるチベット人たちを中国警察が次々と検挙していく様子を収めた動画がYouTubeにアップされていました。そこについていたコメントを翻訳してご紹介いたします。

 

●くたばれ中国! チベットに自由を。

 

●中国はチベットに現代文明と多くの観光客をもたらした。チベットに自由を与えることはチベットが自らを統治することを意味するわけだが、しかし、そうなるとチベットはいまよりはるかに貧しくなると思うよ。

 

●チベットに自由を!

 

●好都合なことに、チベット人暴徒が中国人を襲ったり、また中国人商店を焼き討ちしたりする映像は出回っていない。君らが知るべきなのは、旧体制のチベットがどんなひどい状態だったかということだ。ダライラマを頂点とする農奴社会の中で、チベット人は奴隷状態に置かれ、なかには餓死するものも少なくなかった。もちろん、逆らう者はひどい拷問を受けた。それとダライラマとその取り巻きがCIAから金をもらっていることも忘れるな。


もしそんな事実があったら、証拠が上がってくるはずだろ? だけど上がってこないということはそんな事実はないってことだよ。そもそも自分の家屋敷、それと自由と権利を奪われて怒らない人がいるか? だから仮にそんな事実があったとしても、中国人にチベット人を非難できる権利はないんだよ。それにダライラマはチベット人の精神的指導者だ。もし彼がそれほどの悪人だとしたら、なぜノーベル平和賞をもらったんだ? もう少し考えてからコメントしろよ。

 

●毛沢東後の中国は完全にイルミナティのコントロール下にある。

 

●フリーチベット!

 

●なんでこんなひどいことするんだよ。いまいましい中国め。チベットに自由を!

 

●自由に力を!

 

●中国はチベットから撤退すべきだ。チベットはチベット人に任せておけ。


その後でアメリカが入り込むって寸法なんだろ? しかし残念ながら中国には旧ソ連を崩壊に導いたゴルバチョフのような売国奴はいないよ。

 

●やたらツバを吐く中国人をなんとかしてほしい。願わくば中国人は安物のタバコを吸って早死にしてくれればと思うよ。それにしても腹が立つのはキャメロン首相だ。少しばかりの牛肉や豚肉を買ってもらうため、そんな中国人どもの機嫌を取り結んでやがる。

 

●中国は最初、イギリスにいたぶられ、ついで日本にいたぶられた。さらに今度は毛沢東という自らが生み出した殺人鬼にいたぶられた。中国はサイコパス国家だ。仲のよい国もない。ただ周辺国を威嚇するだけの狂犬のような国だ。チベットには同情するよ。

 

●議論など必要ない。アメリカでもどこでもいいが、もし中国のやり方が気に入らないんなら軍隊でもなんでも送ればいいだろ。戦争になったって、俺らは受けて立つぜ。臆病者のアメリカは口を出すな!


アメリカは臆病なんかじゃないよ。ただ君らがチベットで殺戮と狼藉を働いているだけだろ。

中国軍はアメリカ軍には勝てないよ。

朝鮮戦争で中国軍に押し返されたのはどこの国でしたっけ?

黙れ! アメリカ軍が開発したドローンひとつで中国人など全滅させられるわい。

広告

 

 

●かつてダライラマとパンチェンラマが毛沢東と会談したのはなぜか? 連合国はなぜチベットを中国の一部と認めたのか? チベット侵攻当時、なぜ大国はチベットに興味を示さなかったのか? チベット人は本当に可哀想だ。それでも自分には多くの疑問があるよ。

 

●中国人は大嫌いだ。われわれチベット人は「中華民族」などではないし、いままでもそうじゃなかった。お前らの仲間になるくらいなら死んだ方がましだ。中国はこの世界の恥だ。

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/n77d72fefa666

このサイトは、日本を貶めるばかりか人類の良心と正義をも歪める卑劣な反日プロパガンダに対抗するため、やむにやまれむ大和魂の気概のもと管理人が手弁当で運営しているものです。しかしながら、相応の収入的な裏付けがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり難しいのが現実です。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。

なにとぞご理解の上、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 

 

レイプ・オブ・チベット―中華的民族浄化作戦 (晋遊舎ブラック新書 11)

新品価格
¥778から
(2015/9/2 19:42時点)

狂暴国家中国の正体 (扶桑社新書)

新品価格
¥821から
(2015/9/2 19:43時点)

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。