歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

天安門事件を認めない中国政府は、南京虐殺を認めない日本政府と同じアル。これでよろしアルね?

time 2016/04/16

広告

m14297

天安門事件とは?

さる6月4日は、中国で天安門事件が起こった日です。天安門事件といってもあれからもう26年、若い人の中にはピンとこない方もいるでしょう。

天安門事件というのは1989年のその日、民主化を求め、天安門広場で集会を行っていた学生らが人民解放軍によって武力弾圧された事件です。正確な死傷者数は不明ですが、少なくない人が死亡または負傷したことは映像や証言などからみても間違いなく、当時、弾圧を指示した中国政府は世界中から指弾されました。

ところが、中国政府はその後、この事件はたんなる民衆暴動であり、死傷者もそれほど多くなく「虐殺」というのは当たらないと主張するばかりか、国内に対しては事件そのものがまるでなかったかのようにふるまい続けています。当然、この事件に関する一切の情報が遮断されていますので、中国国内ではとくに若い人のなかにこの事件を知らない人が多くなっているといいます。

しかし、天安門広場に集結した戦車やその前にたちはだかる中国人男性(上の写真=「戦車男」という名で有名になった)、さらに銃撃を受けたり、戦車にひき殺されたりして血まみれになった人々の生々しい写真や映像がネット上に数多く拡散されていることもあり、それをなかったことにしようとする中国政府とそれを非難する人々との間でいまも押し問答が繰り返されています。

この天安門事件の動画についた最近のコメントを集めてみました。

 

 

Tank Man 戦車男

 

●この戦車男の話はすごいよね。でももっと驚くのは、今の北京大学生がこの事件のことを知らないことだよ。

 

●多くの中国人がこの事件を知らないのは悲しむべきことだ。この事件に関する情報はすべて政府によって遮断されてしまっている。多くの中国人は西欧に留学して初めてそのことを知るんだけど、最初はまったく信じられないようだね。

 

●まったく共産党はとんでもねえマザーファッカーだよ。

 

●アメリカも同じことをやるよ。もうすぐね。

 

●俺はこの男を尊敬するよ。

 

●今日で26年経ったのか

 

●中国政府の検閲はいまもなお続いている。多くの中国人がそれを直視してくれるよう望むよ。


検閲ならヨーロッパにもアメリカにもあることを知らないのか?

 

●この戦車男は、映画『ダークナイト』のエンディングを思わせる。彼のことを誰も知らない。だけど彼は希望のシンボルであり続けるんだ。

 

●誰もが奴隷制度と戦うべきだ!

 

●中国はゴミだな。


いまや中国なしには多くのことが立ち行かなくなっているよ。

 

●これが僕が銃規制に反対する理由だよ。とくに政府が腐敗した場合には、自分たちを守る術がなくなる。そしてこれが共産党が国民を支配するためのやり方なんだよ。

スポンサー
スポンサー

 

●せめて自分の国だけはこんな暴虐な中国と関わらないでもらいたいと思う。


どこの国も似たようなもんだよ。違いはヨーロッパ諸国はもっとうまくやるというだけだ。たとえばイギリスだったらデモ隊を戦車をひき殺した後、その事実をメディアから隠すだろうよ。

●「この街から出て行け。ここはあんたらの来るところじゃない」。この男はおそらくそう言っていたんだろう。それにしても本当に勇敢な男だよ。信念の力強さを感じる。

 

●今日がまさにその日だ。しかし(今日の北京はいつも通り)平和だ。もちろんそれは不気味な沈黙という意味だけどね。

 

●これに関して、中国政府と西洋諸国が制作した「主観的」な動画は数多くある。だけど「客観的」な動画はまったくないんだよな。

 

●中国には朝鮮戦争の前に原爆を一発お見舞いしてやるべきだったんだよ。

 


5 Things You Don’t Know About the Tiananmen Square Massacre | China Uncensored
天安門事件ーーあなたが知らない5つのこと

●いわゆる「天安門事件」なるものはなかった。これはアメリカのプロパガンダだ。

 

●どうしてアメリカのことは取り上げないんだ?

 

●ここにはせいぜい2割程度の事実しか含まれてないよ。天安門で虐殺などはなかった。戦車男にしても、人民解放軍は彼をひき殺そうとはしなかったし、彼自身も結局、駆け寄った友人によって戦車から引きおろされたんだ。同じことをニューヨークでやってみな。たちまち殴り殺されるだけだから。

 

●このレポーターが言っていることは事実としては正しいが、残念なことに解釈が間違っている。

 

●これらは本当にただの誤解なの? もしくは「ささいな出来事」だったの?

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/n140af47b5121

このサイトは、日本を貶めるばかりか人類の良心と正義をも歪める卑劣な反日プロパガンダに対抗するため、やむにやまれむ大和魂の気概のもと管理人が手弁当で運営しているものです。しかしながら、相応の収入的な裏付けがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり難しいのが現実です。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただくこととさせていただきます。

なにとぞご理解、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→

コメント

  • 五毛の意味合い勘違いしてました

    五族共和、毛沢東かなと(笑)

    mixiでもうろちょろしてるらしいけど(中国側から要注意監視サイト指定らしいです)めんどくさいので近寄らないようにしてました(  ̄▽ ̄)

    by 修 €2017年3月21日 8:53 PM

  • 瀋陽軍区が渤海建国とか、いろいろ起こりそうなのが中国。
    中華民国を再建して、中華人民共和国を終わらせれば、戦勝国といえるのでは。
    戦勝国の敵勢力がいまの中華人民共和国の中枢、歴史問題とは、そのことでは??

    by ななし €2017年2月12日 2:34 PM

  • >ちなみに、天安門事件当時、歩道橋からつり下げられた黒こげの焼殺体の写真があったのをみなさんは覚えていらっしゃるでしょうか。以前は、検索すると出てきたのですが、最近はまったく出て来なくなってしまいました。中国政府の検閲は、中国国内ばかりでなく国外にも及ぶようになっているようです。

    それ「学生に殺された」中国兵の遺体ですよ。記事を読めなくしたのはロイターの方です。お門違いの批判はおやめになるべきでしょう。
    http://www.gregoryclark.net/jt/page85/page85.html
    http://www.gregoryclark.net/jt/page116/page116.html

    ・ デモが収まってきた段階で、北京は残った学生を広場から排除しようと非武装の軍隊を送り込んだ。これらの軍隊が抗議行動の群衆からなぶられ阻止された時、北京は急きょ武装した軍隊を送り込む決断を下した。だが彼らの車両も阻止された。
    それらの車両はまた、火炎瓶攻撃を受け、中の兵士が焼き殺された。(ロイターは焼死した一兵士が高架橋から紐で吊り下げられた写真をいまだ非公開にしている)

    by 特命希望 €2016年6月4日 4:35 PM

    • 重箱の隅、突っつき工作、ご苦労様です。その他のものも含めて、異常な必死さが伝わる良いコメントばかりだと思います。本当にありがとうございました。

      by ブログ主 €2016年6月5日 1:37 PM

スポンサー

歴代高評価・オススメ記事

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー