歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【感動】日本は無罪だ!東京裁判でただ一人主張したインド人・パル判事の勇気と正義感

time 2018/06/20

広告

過去記事をもとに作成した動画を(YouTube上の)『歴史ニンシキガー速報チャンネル』にアップしましたので、こちらにも貼っておきます。

東京裁判でただ一人、日本の無罪を主張したインド人判事ラダ・ビノード・パル。かれがなぜそのような判断をするにいたったのか、これはその背景を追ったドキュメンタリー動画についた海外のコメントをもとに再構成したものです。

なかには「今日までこれほどの人物がいたとは知らなかったよ。日本人がこの人物を尊敬するのも当然だ。かえりみて僕の国にかつてこれほど気高い裁判官がいただろうか?」といった感嘆のコメントも見受けられました。

広告

東京裁判の欺瞞を暴いたパル判事の偉業が少しずつですが、世界にも知られてきているようです。

元記事はこちら→【東京裁判】「同じインド人として彼を誇りに思う」パル判事に対する海外の反応

 

こちらもオススメ→【南京事件論争】自信たっぷりに日本を非難していた中国人が東京裁判の秘匿映像を見るや・・

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

コメント

  • 欧米の勝者の裁きに異論を唱えた最初の人だ。
    欧米の横暴を世界に発信していけば、パール判事の正義が分かる。
    欧米は、他国を傷つけたことを隠して、日本のことだけを行ってきた。
    アンフェアではないか。
    米国は、アンフェアを嫌うと言うが、本当か。

    by 九牛 €2018年6月20日 12:14 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

※最近、弊サイトのコンテンツをYouTubeなどで拡散してくださる方が多いのには感謝しています。しかしながら、上記の「お願い」を無視してリンクも張らず、出所も明記しないまま公開している人もなかには見受けられるようです。著作権がどうのと面倒なことを言うつもりはありませんが、社会人として最低限のマナーだけは守っていただけるよう切にお願い申し上げる次第です。

スポンサー