歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【日本大勝利!】慰安婦をめぐる論戦で反日インド人が歴史の真実に目覚める

time 2018/06/16

広告

過去記事をもとに作成した動画を(YouTube上の)『歴史ニンシキガー速報チャンネル』にアップしましたので、こちらにも貼っておきます。

広告

中国人の妄想炸裂コメントから始まった慰安婦をめぐる議論。参戦した日本人の理路整然とした反論により、それまで中国の肩をもっていた反日インド人が覚醒。しかもその後、日本側と一緒になって中国人をやりこめるという意外な展開になっていました。

訳者からみても歴代最高といっていいほど胸のすくやりとりです。これぞ日本人という正々堂々とした潔い戦いぶりは感動さえ覚えるほどです。ぜひご覧ください!

元記事はこちら→【海外の反応】慰安婦をめぐる議論で反日インド人が歴史の真実に目覚める

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • 戦争じゃなくても体を売って生計を立てなきゃならない人はいるし、戦時中ともなればどこの国でも起きてる。悲しい現実だよね。
    そこでせめて、賃金は満足に支払われていたのかとなると
    かなり儲けている人もいた。下っ端軍人より多くね。
    これは明細か記録があったと思う。望んでやっていたとは思わないが、せめてもの救いだと思う。

    石炭採掘についてもだが、当時経理かなにかをしていた女性がテレビに出てて、実際に危険で死人も出たそうだが「歩合制で稼ぐ人も稼げない人もいたけど国籍は関係なかった」とのこと。帳簿みたいなものも出してて、給与のところには普通に日本人と共に名前が並び、金額はまちまち。高給取りの韓国人の名前もあった。
    北海道開拓にも貧しくて売られてきた娘さんがいたそうだから、どこにでも体張ってる男、そして女がいた時代だったんだろうな…

    ソース出せなくてすまん。
    炭鉱なんかは確実にややこしい揉め事になるから客観的に考えて出来高だったと思うんだが。

    by 嗚呼 €2018年6月18日 10:40 AM

  • やっぱりまともなインド人を論破してもつまらない
    洗脳されてる中国人と頭のおかしな韓国人の会話を永遠見てるのがいい

    by あ €2018年6月16日 8:39 PM

  • 韓国には、今も慰安婦が存在している。
    貧しかった時代、娘を売ることも珍しくないし、売ったのであれば、肉親は、何も言わない。
    元慰安婦が、故郷に帰り、肉親と、再会した話も、聞かない。
    20万人が、強制連行されたというのに証拠になる第三者の証言がないし、男どもは、何もしなかった。
    元慰安婦の証言がおかしいが、検証しない。
    反論は、感情的なもので、確たる証拠を出さないので、論破する気がないか、できないと思う。

    by 九牛 €2018年6月16日 4:12 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。