歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

ネタジと日本軍に敬礼! 真の英雄はインド国民軍だと声を上げ始めたインド人たち

time 2018/05/18

広告

 

インパール作戦を英国側から描いた動画についたコメントを翻訳してみました。インド国民軍を組織して日本軍とともに戦ったチャンボラ・ボース(=インド人にはネタジの愛称で知られる)をめぐって賛否両論が飛び交っていました。

 

●1945年8月18日、台湾で死んだ自由の戦士、我がネタジの魂に神の祝福を! ガンジーもネルーもインド独立の戦士ではなかった。勲章を受けるにふさわしいのはインド国民軍だ。

 

●英国軍として戦ったインド兵はシネ!

君はあの血に飢えた日本の帝国主義者どもが好きなようだね。

 

●この間抜けどものことは忘れろ。ネタジこそ記憶にとどめるべきだ。

 

●英印軍は裏切り者だ。インド国民軍こそ真の愛国者だ。

 

●北インドからビルマ、バングラデシュにかけて住んでいるクキ族は1917〜1919年に反英闘争に立ち上がった。その後インド国民軍と日本軍とともに再び立ち上がった。そこにはいまもなお400名の元インド国民軍兵士が生存している。あの地域は「独立の丘」として知られている。

 

●日本の支配下にあった方がよかったというインド人は無知な愚か者だ。日本の支配下に入った人々は全員奴隷のように扱われた。日本のスローガンであった「アジア解放」は、中国人、コリアン、フィリッピン人、インドネシア人、マレーシア人、モンゴル人、そしてビルマ人にとって地獄と同義語だった。

 

●インド国民軍はアイルランド共和国軍と同じだ。どちらも第二次世界大戦中、枢軸国にすり寄り、祖国の勇敢な兵士たちに敵対した卑怯な裏切り者だ。日本人はナチスドイツと同じ、人種差別主義者だ。このことを忘れるな。

広告

 

●このコメント欄には大勢の愚か者がいるな。日本の支配下の方がよかったなどというインド人は大バカだ。日本人はすべての外国人を嫌い、動物のように扱っていた。日本が一部の人と同盟を組んだのは自分らの目的を達成するための手段にすぎない。イギリス人として、君たち大勢のインド人が一緒に戦ってくれたことに感謝する。それとここにはもうひとつ見過ごされがちな事実がある。それはキリスト教徒、シーク教徒、ヒンドゥー教徒、イスラム教徒が同じ目的に向かってともに戦ったということだ。

 

●チャンドラ・ボース万歳(原文ママ)

 

●インドはクズ国家だ。東アジアの国はインドなんぞ簡単に征服できるんだからな。

日本軍から徹底的に叩きのめされたのはいったいどの国でしたっけ? 少なくともインド人は日本軍に大勝したぞ。我々インド人がこの戦いで日本軍を打ち破らなかったなら、東アジア人、とくにお前ら中国人は日本軍に丸焼きにされていただろうよ。

 

●インド国民軍を殺した兵士は恥を知れ! インド門は新たに建て直されるべきだ。そしてそこには独立のために戦った戦士たちの名前が刻まれるべきだ。

 

今回の記事はこちらの続編です→【インパール作戦】日本人はとても親切で我々インド人を兄弟姉妹のように扱ってくれた

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

※最近、弊サイトのコンテンツをYouTubeなどで拡散してくださる方が多いのには感謝しています。しかしながら、上記の「お願い」を無視してリンクも張らず、出所も明記しないまま公開している人もなかには見受けられるようです。著作権がどうのと面倒なことを言うつもりはありませんが、社会人として最低限のマナーだけは守っていただけるよう切にお願い申し上げる次第です。

スポンサー