歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【ねつ造南京事件】日本人よ、プロパガンダにはけっして屈するな! ドイツの二の舞になるな!

time 2018/05/02

広告

南京事件に関する動画にヨーロッパ人と思われる人から日本への応援メッセージがありましたので、翻訳してご紹介いたします。

※最近、日本側からとみられる品性が疑われる低レベルなコメントが増えており、なかには目も当てられないほどぐちゃぐちゃな状態になっているコメント欄もあります(これが向こう側からのディスインフォメーション(かく乱)工作なのか、あるいは単純に無知な日本人によるものなのかはわかりませんが)。今後はそうした低レベルなコメントはできるだけ避け、一定以上、翻訳する価値があると思われるコメントだけを拾ってご紹介いたします。ただし、日本側からのコメントがここに紹介するような「立派」なものばかりではないという事実は、歴史戦を戦う上で押さえておかなければならない現状であり、前提でもありますので、そのあたり誤解のないようお願いいたします。

 

●われわれアメリカ人がネイティブアメリカンにやったことはこれよりもっとひどいことだった。

●日本人が、西洋と○○ヤのプロパガンダに屈しないのは我々にとって一縷の希望だ。ドイツ人を見てみろ! 80年にわたる自虐的な洗脳の末、彼らはいまや非白人の侵略者によって文字通り、民族ごと抹殺されつつある。

同じ道を日本がたどれば、日本人もまた同じように民族抹殺の憂き目にあうだろう。日本人よ、○○ニストどものプロパガンダにはけっして屈するな!

アメリカとイギリスとロシアは、1939年からだけでも2億9000万以上もの人々を死に追いやった。しかしそれについて知るものはほとんどいないし、彼らもまたそれを認めようとはしない。

歴史は勝者によって書き換えられる。

ホロコーストだとお? 南京虐殺だとお? 黙れ!

市民の上に投下された原爆と一般人をターゲットにした空襲は戦争犯罪ではないとでもいうのか? 君たちはもっと公平な態度でいるべきだ。

われわれ日本人は連合国による長い洗脳の眠りから覚めつつある。真実に気づきつつある。この世界は神に偽装した悪魔が支配している。私はドイツ人もこの迷妄から覚めることを切望している。しばらくの間、われわれにはガス室について調べることは許されないかもしれない。しかしせめてナチスの経済政策がどんなものであったかくらいは調査されるべきだ。

●中国人として恥ずかしい! 私は今日まで南京虐殺のことは知らなかった。自分はこれまで日本と日本人についてはよいイメージしか抱いていなかった。清潔な街、親切な人々、そして美しい桜の花‥。それが私の日本に対するイメージだった。今日、私の母がなぜ日本を嫌うのか、なぜ毛沢東を賛美するのか、その理由がやっとわかったよ。

広告

●1937年の通州事件。そこで中国人が行った日本人女性に対するおぞましい仕打ちは、残酷すぎてここに書くことはできない。いわゆる「南京虐殺」時の残虐行為なるものが通州事件の際のそれと酷似しているのはなぜなのか? 通州事件の際、何が起こったのか、そこで中国人が子供や女性を含む日本人に対してどのようなことをしたのか? そのことを知れば、あなたがたは南京虐殺がまったくの嘘であることに気づくだろう。中国人が日本人を非難しているのは、実は鏡に映った自分たち自身を非難しているのだということがわかるだろう。

https://youtu.be/QLVlMPXhHRU

http://www.sdh-fact.com/CL/Testimony-of-Ms.-Sasaki-Ten.pdf

●今、中国人はチベット人に対して同じことをしているよ。

ばかげたことをいうな! お前は嘘つきだ!

●これを見たら、今まで抱いていた原爆犠牲者に対する同情の気持ちが吹き飛んじまったよ。

●日本への原爆投下を正当化する人に聞きたい。じゃあネイティブアメリカンを絶滅させたアメリカ人は核攻撃を受けても当然なんだよな?

●日本にはもっと多くの原爆が必要だった。アメリカ、ありがとう!

●原爆はでっち上げだ。日本のプロパガンダだ!

●いま現在、日本が我々の同盟国で中国が敵国になっているのは奇妙なことだよな。

●戦争の陰で誰が利益を得たのか? 中国対日本、日本対ベトナム、日本対フィリピン‥。こうした恐ろしい戦争の陰でいったい誰が無傷でいたのか? こうしたことの裏にはアメリカがいたことを私は信じている。そしてアメリカがこれらすべてを仕切っていたのだろうと信じている。当時、アメリカはこれらの国々に武器を売ることで莫大な利益を上げた。しかもどちらの陣営にも与せず中立の立場を採っていた。

視聴者のみなさんには、どうかこのあたりの歴史をご自身で精査してみてほしい。そうしたら、全てが理解できるだろう。真の悪人はアメリカだということがわかるだろう。真実は神のみぞ知るだ。

この映像を見て私は泣きたくなった。なぜならここにあるのは嘘ばかりだからだ。この映像は日本人の残虐性にのみ焦点を当てている。しかし本当の悪人はその後ろで大笑いしている。そもそも「南京虐殺」の証拠映像なるものを撮影したヴォートリン女史はそれを発表した後、自殺している。これはその背景に何かおかしなことがあることを示している。そうは思わないか?

 

管理人後記

最近、某グローバル企業の締め付けが強くなっている気配を感じますので、微妙な表現は伏せ字にしました。やれやれです。

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • ドイツ然り、日本然り、米英を中心とした戦勝国側のプロパガンダは、白々しくあざといモノだ。

    事実が勝者によってねつ造されるのは、これまでの歴史が証明している。
    勝った者を正義と誇張し、後ろめたいことは全て隠匿する。
    負けた者を悪と歪曲し、都合の悪い正道は全て隠蔽する。

    しかし、ただそれだけならば、ありふれた人類の嵯峨で終わるハナシだ。
    今既に列強の戦争犯罪と日本の善行が明るみに出て、当事者世代でない者達にとっては、客観的で理論的な推論に基づいた議論で事実を確認出来るのだから。

    それに拍車を掛けているのは、それを利用してカネ儲けを企んでいる、中国・韓国のねつ造犯罪者共。
    敗戦を受け入れた日本の最大の誤算は、自分達が命を賭して守り抜いたアジアの国々が、日本に対して恩義を感じるどころか、利己と保身のために仇を返し始めた事だろう。

    日本の歴史問題が混沌としているのは、虚栄心が強く間違いを認められない戦勝国の白人主義と、自尊心の欠片も無い中国・韓国の利己主義が、互いに手を取り合ってねつ造を生み出しているからだ。

    歴史問題を是正する際は、その両方に対して疑問を呈し、論破しなければならない。
    日本以外の国に於いては、自分の利益のためならば親兄弟も喜んで貶める文化なのだと言う事を、日本は第二次大戦の結果から学んだ。

    同じ轍を踏んではいけない。
    二の舞を演じてもいけない。

    虚栄心と利己主義によるねつ造に対して反訴し、同じ過ちを繰り返さないように悪辣に対応しなければならないのだ。
    それが日本人の優しさに反するとしても、日本以外の国では、その優しさに報いるという考え方が存在せず、また、いくら説明したトコロで、何一つ理解出来ない事なのだから。

    by tata €2018年5月2日 11:20 PM

  • 原爆は証拠がある、南京は証拠がない。こんなことすら理解できないのか…同じ人間だとは思えない

    by ななしさん €2018年5月2日 8:10 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。