歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

モンゴルの解放者か狂気の弾圧者か? 北東アジアに神の国を築こうとしたウンゲルン男爵

time 2018/02/07

広告

このサイトではおなじみの歴史暴露系ユーチューバー、マッドモナーキスト氏の動画の中にモンゴル近代史の中でも異彩を放つウンゲルン男爵を扱ったものがありましたのでご紹介いたします。

ロシア貴族出身の軍人であったウンゲルン男爵はロシア革命後、白軍に身を投じた後、中華民国によって占領されていた外モンゴルを解放、そこを拠点に北東アジアを包摂する一大宗教国家をつくろうと夢見た人物として知られています。

その苛烈な行動から狂気の男爵とも呼ばれ、またソ連とモンゴル人民共和国から反逆者として描かれたこともあってか、歴史的な評価は必ずしも高くない人物ですが、以下に紹介するコメントを見る限り近年再評価する動きも出てきているようです。

日本の視点からみても彼はある意味、辛亥革命後、二度にわたって引き起こされた満蒙独立運動の衣鉢を継いだ人物ともいえますので、この際、知っておいても損はないかと思います。

以下コメントです。上記の他、下記の動画からも拾いました。

ttps://youtu.be/ReGejUmQpII
ttps://youtu.be/0qh0vU9xpVE
ttps://youtu.be/-RPhJi23zwg

●俺はこの男爵が好きだ。

●ロマン・ウンゲルン・シュテルンベルグ男爵に敬礼!

●なんで彼に言及する際、必ず「狂気の」っていう形容詞がつくんだ?

●最高だ!

●これもしかしたらあの血に飢えた将軍かな? だけど彼はモンゴルの真のヒーローだ。モンゴルからでした。

●ロシア版、アラビアのロレンスって奴か?

●共産主義を追放しろ!

●彼はモンゴルの復興と共産主義の排除を夢見た、いささか狂気を帯びたロマンチストだった。しかしとても興味深い人物だ。

●彼はロシア史上最高の将軍の一人だった。彼は現地人を組織して戦い、各地で目覚ましい勝利を挙げた。しかし部下への対応はいささか常規を逸しており、最後には狂気に陥ってしまった。

広告

●実際のところ、彼は最後には白軍のためには戦っていなかった。彼とセミョーノフは日本の支援の元、北東アジアにロシア人とアジア人による君主制国家を樹立しようとしていたんだよ。20年代のウンゲルンはしばしば白軍も赤軍も区別なく列車や隊商を襲っていた。

●素晴らしい男だった!

●この男の伝記を読んだよ。彼はたしかに伝説だ。だが完全にいかれていた。

彼については実際のところ断片的にしか知られていないし、多くの誤解がつきまとっているよ。

●ロシア人の貴族だ。英雄であり、君主制の庇護者だ。アンチ共産主義者の将軍であり、軍神だった。ウンゲルンよ永遠なれ!

●我々には彼のような「狂人」が必要だ。さもないとユダヤ人による新世界秩序がやがて人類を完全に支配してしまうだろう。

●偉大な人物だ。彼にはビジョンがあった。残念なことに他の指導者たちは何を目的に戦えばよいのか分からず、議論ばかりしていた。だがこのウンゲルン男爵の理想は今も生き続けている。

●彼は共産主義に対抗するため、また伝統を守るために勇敢に戦った人物だ。ポーランドからのご挨拶でした。

●彼はもはや神だ。戦いの神、ウランバートルの王、狂気の男爵、モンゴルの守護者、聖なるダルマに敬意を表する!

参考リンク
WIKI(ロマン・ウンゲルン))

【満州問題と辛亥革命】革命の美名に隠れ領土拡張を図った革命詐欺師・孫文

「盧溝橋事件は中国共産党がしかけた!」海外の人が作成した日本擁護動画が正論すぎてびっくり パート2

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー