南京大虐殺が中国の教科書から消えていたのはなぜ? その背景を考察した中国人による「ちょっとオシイ」論文

広告

南京大虐殺が政治的な道具にされてきた背景を中国人の立場から考察した文章がありましたので翻訳してご紹介いたします。

http://www.aboluowang.com/2014/0118/365298.html

ここまで考察しておきながらその大前提となる南京虐殺の信憑性をなぜ疑わない‥とちょっと残念な気もしますが‥。しかし論文自体は西暦2000年頃に執筆されたもののようで、これだけ洞察力のある筆者であればあるいは今頃、すでに真実に到達しているかもしれません。

以下、大意です。

毛沢東はなぜ南京大虐殺を歴史教科書に載せることを許可しなかったのか?

毛沢東時代の中共政府はなぜ南京大虐殺を歴史教科書から削除したのか? 毛沢東は親日だったからか? たしかに毛沢東は日本人に対して「我々は日本の侵略に感謝する」といった言葉を述べている‥。

こうした写真が30年前には機密扱いされていた事実をいったいどれほどの人が知っているだろうか?

1949年、南京を占領した中国共産党政府は雨花台にある烈士陵園に記念碑を建立した。そこにはこう記してあった。「国民党政府在雨花台曾经屠杀了30万共产党烈士(国民党はかつて雨花台で30万の共産党烈士を殺害した」。さらにそこには毛沢東の揮毫になる「死難烈士万歳」の言葉も刻まれていた。ただし毛沢東時代、「南京屠殺記念碑」は建立されていない。

中国では1979年以前、中学校の歴史教科書に南京大虐殺に関する記述はなかった。1958年版の教師向け指導書に掲載された「中外歴史大事件年表」の1937年の項目には「日本軍が上海を侵略し、国民党政府が重慶に遷都した」と簡単に記されているだけである。南京大虐殺への言及はまったくなかった。一方、同じ指導書の1927年の項目には、蒋介石が共産党員と革命的人士を大量に殺害したことが重大事件として記載されている。

1975年版の『新編中国史』にある年表の1937年の項目にも「南京防衛に失敗した国民政府が重慶に遷都した」と記載されているだけで、南京大虐殺のことには一言も触れられていない。全日制中学歴史教科書に南京大虐殺の記述がはじめて登場したのは1979年のことだ。その後、1985年には南京大屠殺記念館が建てられた。

これらの事実には日本人も困惑している。毛沢東時代の中共政府はなぜ南京大虐殺を歴史教科書から削除したのか? 毛沢東は親日だったからか? たしかに毛沢東は日本人に対して「我々は日本の侵略に感謝する」といった言葉を述べている。

筆者のみるところ、これはなにも毛沢東が特別親日的だったからというわけではない。そうではなく蒋介石を貶めるためであった。当時、共産党は「抗日戦争を主導的に戦ったのはわれわれ共産党だった」と国民に教えていた。「国民党軍は日本軍を前に戦うことなくただひたすら逃げていた」「日本軍および傀儡軍との戦闘の80%以上を戦っていたのは八路軍と新四軍(訳者注:いずれも共産党軍)であった」「抗日戦争は共産党の指導があってはじめて勝利を勝ち取ることができた」というのが共産党が認める公式な歴史だった。

広告

しかし、そんな状況の中で、南京大虐殺のことを教えたりしたならば、国民党軍が大きな犠牲を払ったことが学生に知られてしまうだろう。この事実は、国民党は逃げてばかりいて戦わなかったという共産党のプロパガンダと矛盾する。これは共産党の指導のもとで抗日戦争に勝利したと主張したい共産党にとってあきらかに不都合な事実である。そのため共産党は南京大虐殺を歴史から抹消したのである。

スポンサー
スポンサー

少なくとも抗日戦の初期において国民党軍が積極的に日本軍と戦っていたことを中共が公に認めたのは1979年のことである。南京大虐殺という事件が歴史の表に再び浮上してきたのはその後のことである。

南京大虐殺の歴史が一度抹消されたということは、歴史をひとつ捏造するためには十の嘘をつかなければならないということを示している。歴史を神話化しようとした結果、中国の歴史書には噓や偽りが数多く存在する。いまではかなり改善されてはいるものの、とくに近代史の部分ではいまもなお混乱した記述が少なくない。

南京大虐殺はひとつの歴史的事件である。こうした歴史的事件は政治的な目的に使用すべきではない。もちろん政治的な都合によって改変されたりしてもいけない。しかし中共はこれまでその時々の政治情勢によって南京大虐殺を抹消したり、過度に強調したりしてきた。これはあまりにも極端な対応である。南京大虐殺のような重要な歴史的事件に対しては、我々はその事実を厳粛かつ責任をもって受け止めるとともに公平な視点に立脚した科学的な研究を進めていく必要がある。

 


管理人後記

論文のはじめに「国民党政府在雨花台曾经屠杀了30万共产党烈士」と刻まれた記念碑の話が出てきますが、これは南京事件の真偽を考える上できわめて重要な話です。

南京虐殺の犠牲者30万人という数字が一体どこから出てきたのかその出自が透けて見えるからです。

そもそも中共政府はなぜあれほど30万人という数字にこだわっているのでしょうか?

理由は単純です。30万人を殺した国民党を悪玉と認定した以上、それ以上の悪玉であるべき日本軍による犠牲者が30万人以下では釣り合いがとれないからです。

ここからわかるのは、南京大虐殺の犠牲者数「30万人」という数字は、別段それを裏付ける確たる根拠があるわけではなく、たんに中共政府内部の政治的思惑から出てきた適当な数字でしかないということです。

ちなみに国民党が殺した30万人というのは1927年の上海クーデター以来、1949年までの国共対立時代に国民党によって殺害された共産党系人士の全犠牲者数をさしているようです。

雨花台→中国捏造近現代史の旅

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサー
スポンサー

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→

ブログ主

シェアする

4件のコメント

<メモ>
200人以上もの日本人が血の海に沈んだ通州事件。まさに地獄絵図そのものというべき惨劇の中にあっても日本人犠牲者たちはその矜持を失うことがありませんでした。そのことを示すエピソードをここに記しておきます。


以下は、通州事件の体験者が事件直後に記者を囲んで語った座談会での発言です。


廣田 (略)門より一番端の洋車引の王の家に逃げ込みました。銃火は益々激しく砲弾の炸裂する音響は屋根をも動かすかと思はれました。その内に又、道路にドヤドヤと足音がした。すると、鋭い声で『日本人はかくれろ、日本人はかくれろ』と叫ぶのが聴こへました。叛徒に拉致されながら自分の身を省みず他人に注意しているのだ。


大橋 さうだ、あの声は今でも耳に残っているね。普通なら『助けてくれ』と叫ぶ処なんだが、あれが日本人の真面目なんだね。内地の人によく伝えて下さい。


廣田 それから『静かにしろ、黙れ』という支那語が聞こへたが、なおも『日本人はかくれろ』と言ふものだからズドンと銃声がしたのです。多分殺されたのでせう。

(『慟哭の通州』加藤康男著 飛鳥新社)



  1. 朝日新聞が、南京大虐殺や慰安婦問題の、想像した記事を書いてから
    中国や韓国が、これについて問題にし始めた

  2. レイプオフ南京って非難するのに、混血児がいないことに何故か中国人は疑問を感じないんだよなぁ~

  3. 毛沢東は南京陥落を聞いて、乾杯して喜んだくらいだから。ちなみに、日本軍に国民党の情報を売ってたんだし、完璧に日本側に近い。