歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

「俺は満州人だ」「俺の先祖は旗人だ」静かに燃え上がる満州民族主義の埋み火

time 2017/11/20

広告

中国国営放送が制作した満州族の文化に関する動画についたコメントを翻訳してご紹介します。満州族が消え去る運命にあることを追認するような、いかにも中国共産党の御用放送局らしい筋立てに反発したのか、満州人から民族主義的な声が上がっていました。

(動画の大意)

・満州族の国産み神話。カササギが落とした果物を食べた仙女が身ごもった。その子供が始祖となった。

・長春は満州族ゆかりの地だ。日本による侵略など激動の20世紀をくぐり抜けたこの地に満州族の文化は残っているのだろうか?

・松花江沿いの村に住む満州人鷹匠。鷹匠は満州族の伝統だ。しかし彼の息子は都会にいる。この伝統が次の世代に受け継がれることはないだろう。

・満州の伝統技芸である切り紙細工を教える女性。「伝統を失ったら民族の遺産は失われてしまう」「中国人として、満州人として、そして東北人として私たちにはその文化を未来に伝承する責務がある」。

・長春のような都会で満州文化を見つけることは難しい。だが満州族の文化は中国人社会の深いところに影響を及ぼしている。また一部の満州人はその伝統を将来の世代に伝える努力をしている。

 

(以下コメント)

●私は大連に住む満州人だ。共産中国は満州から資源を奪い、南中国のみを発展させた。南蛮人の中国人はくたばれ!

●中国文化の影響力は強大だ。いかなる侵略者であってもひとたび中国に入ってくると彼らはみな中国人になってしまう。

●多くの満州人は台湾に逃げた。実際、最初の大統領のYenは満州人だった。

●白人の豚どもは他民族を分裂させるのだけは得意なんだよな。

満州族はもともと中国人じゃない。だから分裂するもなにもないだろ? 満州人は韓国人に近い。

●我々はけして消え去らない。

●中国を侵略した民族が最終的に中国の一部になってしまうというのは驚くべきことだ。長春には何回も行ったことがある。懐かしいな。

●あの鷹匠の目を見てみろよ! 緑色だぜ。

彼は古代スキタイ人とシベリア人の混血だよ。それはアルタイ・ツングース系民族の特徴でもある。

●新疆にいるシボ族は満州語を話すし、騎馬も得意だぞ。

シボ族の出自は満州だからな。彼らはもともと現在の遼寧省あたりに住んでいたんだ。

●実際のところ満州人が多いのは東北地方より北京の方だ。東北は昔、湖北省や山東省、さらに江西省などから漢民族が渡っていって混血が進んだからね。満州は気候が厳しいから人口が少ない。純粋な満州人は田舎に少数残っているだけだ。

広告

●血統的にいえば多かれ少なかれ東北人は満州人だよ。

●フェイスブックグループ(Free Manchuria! 自由满洲)に参加してくれ https://www.facebook.com/groups/50860093292/

●満州は蘇るだろう。イスラエルのように!

●僕は満州人だ。ハーフだけどね‥。どのくらい前になるのかよくわからないけど、僕の祖父の祖父のそのまた祖父(どのくらいさかのぼるのかはわからない)はラストエンペラーのおじにあたる人だった。だから、僕はロイヤルファミリーの一員なんだぜ、イエーィ!

それは確かな話しか? ということは君は粛親王の娘で東洋のマタハリ、もしくは東洋の真珠とよばれた金璧輝の親戚筋ということになるぞ!

そいつは日本の皇族の娘を嫁にしたやつか?

●おい、何人かの髪は黒じゃなくて茶色っぽいんじゃないか!? それにあの老人の瞳は薄い色をしている。満州人と中国人は違うんじゃないか? 満州人の方が肌の色が白いみたいだし。

最近の遺伝学的調査によると満州人と中央アジアのトルコ系シベリア人とはつながりがあるらしい。ツングース系という概念はイヌイットとのつながりを無視しているという点でもはや有効ではない。彼らの祖先であるジュルチン部族はかつて今のロシア・シベリア地方に住んでいた。トルコ人も同様にシベリア出自だ。

ばかいうな! 中国人というのは56の少数民族の総称だ。だからみな中国人で間違いないんだよ。カナダ人やアメリカ人と同じだ。

●私は満州人だ。

初期黄旗の満州人がやってきましたよ〜!

俺は紅旗の満州人だ。
(訳者注:旗は満州人の支配階級を指す言葉でその色から八旗と呼ばれていました)

●満州人はそのうち死に絶えるだろう。これは間違いない。他の中国の少数民族も同様の運命をたどるだろう。中国人というのは世界一同化政策に長けた民族だからな。

●お前ら、いまは2017年だぞ。満州なんて言葉を使うやつはもういないよ。

満州というのは地名だよ。

東北っていうんだよ。

東北なんて言葉は例によって人々を騙すために中国がでっち上げた言葉だよ。

いいや東北は正式な地名だよ。中国で満州なんて言葉を発してみろ。分離主義者としてはやし立てられるぞ。

●お前ら、中国東北なんてものはないからな。そこは満州って呼ぶんだ。

 

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

コメント

  • >僕の祖父の祖父のそのまた祖父(どのくらいさかのぼるのかはわからない)はラストエンペラーのおじにあたる人だった

    親族は確かかもしれんがさすがに年代をさかのぼりすぎだろw
    ラストエンペラーの弟さんはだいぶ前にお亡くなりになったが
    その娘さんは日本でちゃんとご存命なんだぞ

    by 匿名 €2017年11月21日 11:45 PM

  • ウイグルやチベットの話が良く出てくるから、満洲人の話もずっと気になっていた。
    やはり現実には旧満洲にも中国に不満を持つ人達が異民族の自覚を持っているということだな。

    実際に戦後中国が国を動かす為に最大限利用したのが、大満洲帝國時代に日本が築いた工場群と街だったのだよな。
    それを大満洲帝國領土ごと接収して利用したから戦後中国社会がまともに機能させることができた。
    それをやられた満洲人達の立場からすれば、中国の行いの全ては不快なものでしかないはずだ。
    中国とロシアは膨張政策が伝統的に大好きなので、拡大と分裂防止ばかり行う。
    なので、異民族である満洲人は内心不満を抱いているのではないかと推測していたのだが、その推測はある程度正しかったようだ。

    日本としては満洲人がまともな人達であるならば、独立を応援したいところだね。
    その場所は中国・ロシア・朝鮮と接する重要な土地であるから、満洲人がまともである限りにおいて協力関係を結ぶのは日本の国益に適うわけだ。
    かつての日本もそうしたようにね。

    by 匿名 €2017年11月21日 12:18 PM

  • さあ、支那政府を打ち倒し祖国を取り戻す時が来た!

    by 匿名 €2017年11月20日 11:10 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

※最近、弊サイトのコンテンツをYouTubeなどで拡散してくださる方が多いのには感謝しています。しかしながら、上記の「お願い」を無視してリンクも張らず、出所も明記しないまま公開している人もなかには見受けられるようです。著作権がどうのと面倒なことを言うつもりはありませんが、社会人として最低限のマナーだけは守っていただけるよう切にお願い申し上げる次第です。

スポンサー